2010年11月17日

あのアフロは地毛なのかしら?

Twitter(@cummersonic)より。

■UKのレコードショップRough Tradeが選ぶアルバム・オブ・ザ・イヤー http://bit.ly/avDL55 (via @roughtradeshops RT@DrownedinSound)
---
あたしは音楽マニアじゃない一般人なので、自分の買ったCDがすべてアルバム・オブ・ザ・イヤーになるわ。それでも自分の買ったアルバムが上位にはいっていると不思議とうれしくなるものね。


■デーモン・アルバーンが2011年にブラーでなにか"小さな"ことをやろうと相談している。キャリアに基づかないで世界征服するアイディアだとか。 http://dlvr.it/8YwLS (via @NMEmagazine)
---
"something small=ちょっとしたこと"と訳しているサイトがあったわ、なるほどね。デーモンって人は思っていた以上に野心家なのねぇと思ったニュースだったわ。


■Kitsuné Maison 10 "The Fireworks Issue" デジタルリリース、各曲2分ほど試聴ができます。 http://bit.ly/aMWdJK (via @maison_kitsune)
---
勇気を持って言うわ、あたしの好きなHousse De Rachetの曲はいまいちな感じ。1stアルバムは捨て曲なし!と思ったのだけど、クリエイションの感じが変わった気がする。それでも好きよ。キツネ・メゾンはなんとなくボンジュール・レコードで買いたいので今度代官山に行くときまでおあずけね。


■デンジャー・マウスとイタリアの音楽家Daniele Luppiのプロジェクトのサンプル音源。ノラ・ジョーンズやジャック・ホワイトがボーカルで参加している曲も。 http://bit.ly/b99mI6
---
UKではデーモン・アルバーン(ゴリラズ、元ブラー)がなにかやると話題になるけど、USではジャック・ホワイト(まだホワイト・ストライプスよね)がなにかやると話題になるわね。USでデーモン的なポジションなのはむしろデービッド・シーテック(TVOTR)のような気がするのだけども。ちなみにアフロヘアーのデンジャー・マウスことブライアン・バートンはUSの人ね。ナイス☆アフロ!


■Daft Punkによる映画トロン・レガシーのための曲、6分間のサンプル音源。 http://dlvr.it/8ZCHR (via @SKoABlog)
---
おつかれさまでーす。


■ベッドルーム・ファズ・ポップなCloud Nothingsの「Understand It All」と「Leave You Forever」2曲がMP3フリーDL。 http://bit.ly/brMYbE (via @rcrdlbl)
---
まだ18歳の大学生Dylan Baldiくんのソロプロジェクトのようです。Lo-Fiなベッドルーム・ファズ・ポップなのだけど、ポップなだけでなくシューゲイズ的な音やセンチメンタリズムを感じるメロディなど、多様に含んでいるの。ただいま大注目中ですわ。


■NYインディーシーンのCultsがUS/UKでコロンビアとサインアップ。 http://bit.ly/9SoqNh (via @pitchforkmedia)

■Cultsのオンライン7"はフリーDL可。インディーシーンではずば抜けたライティング・センスではないでしょうか。 http://cults.bandcamp.com/
---
Cultsのバイオグラフィーはあまり出ていないようで、ココ(http://ro69.jp/blog/miyazaki/31896)などで確認です。文中「なにしろ、あのPitchforkでさえ、このCultsがどういう連中なのか調べるのに四苦八苦していたようで」というくだりなど、ドキドキしてしまうのはなぜかしら。ただいまデビューアルバムをレコーディング中で、Vampire Weekendの1stやSleigh Bellsのアルバムでエンジリアニングを担当したShane Stonebackさんによるプロデュースだそうよ。とにかく楽しみ。


■Two Door Cinema Clubの「Kids」です。デビューAL邦盤ではボートラで収録されてましたが、世界的には先日のDX盤で初収録。 http://dlvr.it/8bDvp (via @SKoABlog)
---
年明けの来日公演が楽しみだわ。それまでに新曲出ないかしらね。出そうな予感がしてるわ。根拠なんてないのだけれど。これって予感と言うより願望ね。


■Aphex Twinがティーザービデオ「AFX Seaside Specials」公開。来年の3月12日になにが…!? http://dlvr.it/8bJdC (via @SKoABlog)
---
もう、じれったいんだからぁ。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

ピザ屋の宅配よりスピーディにライヴ盤CDができあがる時代

Twitter(@cummersonic)より。

■Sleigh Bellsの曲「Riot Rhythm」のアンオフィシャル・ビデオ。 http://t.co/CkUpIgb ( via@thefader)
---
アンオフィシャルでもこのクオリティって凄いわ、ただ内容がおもしろいかどうかは別ね。むかーしのMacが出ているけどモニタ一体型の本体が台の上に乗っているのが残念、パソコンみたいでかっこ悪い。スレイ・ベルズといえば年明けの来日単独ライヴに行くかどうかまだ悩み中。いつまでもチケット残ってると思っていたら行けなくなるのだ。


■LCD Soundsystem/Hot Chipのロンドンライヴが終了して数分後にはそのライヴアルバムを会場で販売。現在はネットでオーダー受付。 http://bit.ly/ax8KBX ( via@pitchforkmedia)
---
このライヴ音源をすぐにCDプレスしちゃうシステムは「Abbey Road Live Here Now」ってやつよね。先日、日本でもフェス終了後に11組のアーティストの曲を1曲ずつセレクトしてCDプレスして現場で販売したらしいわね。ライヴ直後ってのはテンションもあがっているので、出口でできたてホヤホヤのCDが売っていたら買っちゃいそう。あ、たまにライヴ見て逆にテンション下がることもあるけど。ネットのせいでCD販売が不振といわれるなか、いろいろとがんばってるわねー、海外では。


■先週出たRadioheadの新アルバム完成&ツアーのニュースが訂正され、アルバムは未完でツアーの予定もまだない。 http://gwi.se/8RdcS (via @Gigwise)
---
今回はイタリアのメディアの報道によるもので、どうもインタビュー内容の誤訳とかが原因らしいわね。最近はウェブ媒体だけじゃなくてツイッターなどで次々と伝搬するから、ぱっと出たニュースがあとから訂正されるってことをよく見かける気がするわ。ツイートは即時性が特徴だけど、スクープ追っかける記者じゃないのだから、性急にRT、RTとばかりやるんもんじゃないわね(自分自身もそうだけど)。誤った情報があっという間に世界に広がる時代、便利さと怖さが同居してるわ。


■RT @ro69_jp: 洋楽ニュース ステレオラブ、活動休止宣言後に届けられた最新アルバムには、アトラス・サウンドのリミックスも収録 http://ro69.jp/news/detail/42870
---
アトラス・サウンドは今年リリースしたアルバムで好レビューを獲得しているDeerhunterのボーカルである、ブラッドフォード・コックスのソロ・プロジェクト名ですって。


■RT @ro69_jp: 洋楽ニュース ザ・ドラムスが今年の暮れからセカンド・アルバムの制作に突入 http://ro69.jp/news/detail/42872
---
あたしのなかでは完全失速中のThe Drumsです。作曲に集中するためツアーが終わってからライティング&レコーディングをすると言ってました。2ndでまた挽回して欲しいわ。抜けたメンバーの穴はどうするのかしら?ツアー中は以前からの友人にサポートでギター弾いてもらっていたようだけど。ベースレスにこだわらないで可能性を広げて欲しいわ。


■Arcade Fireが米TVショー「Saturday Night Live」で2曲をプレイ。 "We Used To Wait" x "Sprawl II" http://dlvr.it/8WQht (via @SKoABlog)
---
ありがたやー。


■RT @ro69_jp: 洋楽ニュース NME「2010年ベスト新人」第1位、猫ジャケ&猫アー写のベスト・コースト、ついに日本デビュー決定 http://ro69.jp/news/detail/42939
---
邦盤ってまだ出てなかったのね。輸入盤を買うことがほとんどなのだけど、これはボートラが欲しいわ。買い直しかしら、でももったいないわよねぇ。iTunesでボートラだけ買えないのかしら。それよりこれまでリリースされて(即完売して)いるEPを集めたCDを出してくれないかしらね。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

オタクとマニアとアーティストの境界線は難しい

Twitter(@cummersonic)より。

■Cookie Sceneのステレオラブのレビューがいいなぁ。 http://bit.ly/a9cf6K ( via@dconvenience)
---
やはりちゃんとした人がレビューすると違いますわ。


■元オアシス、リアムの新バンドBeady Eyeの新曲「Bring The Light」に、NME.comのユーザは「がっかり」というコメントが多いみたいです。 http://dlvr.it/8N3G1 (via@NMEmagazine)
---
辛辣にいうなら「がっかりした」とコメントした人は一時は期待していたのだから、それだけでもありがたいわよね。なにしろ全盛期というのはもう過ぎたと残念ながらいわざるを得ないのだから。さーて、再結成はいつになるかしら。


■Them Crooked Vulturesのジョン・ポール・ジョーンズ(元レッド・ツェッペリン)が、夏のフーファイのGIG(ライヴ)に乱入するかも、と発言。 http://dlvr.it/8NkCm ( via@NMEmagazine)
---
おやめなさい。


■RT @_HTE_: 時代は【夏】から【双子】へ……!? http://bit.ly/9EKf6a
---
このサマーなブームも一段落かしらね。


■Guns N' Rosesがニューアルバムの制作に着手し始めたそうです。ギタリストが「今度は前作のように15年もかからない」と。 http://dlvr.it/8PR6y (via @NMEmagazine)
---
ギタリストが言ってることですからアテになんてなりませんわ。だってクビにされてるかもしれないでしょ。ちなみにまた15年かかったとしたら、リリース時にアクセル・ローズは63歳ってことに。ほらぁ、ありえなくはないでしょう。


■RT @ro69_jp 宮嵜広司の「洋楽試聴機荒らし」 最新型All Tomorrow’s Partiesイベント「I’ll Be Your Mirror」出演者発表! http://bit.ly/bISl98
---
こっそりShellacの出演を期待していたのだけれども。それはそうとして、まとめて見れるとはとても豪華な面々ですね。


■RT @guardianmusic A new Gorillaz album? Recorded on an iPad? Before Christmas? http://bit.ly/bdOlka
---
ゴリラズのデーモンがインタビューで話したそうです。(Blurがツアーしていた)アメリカ中のホテルの部屋でiPadを使ってレコーディングしているのだと。それはアメリカの影響を受けた作品で、その新しいアルバムがクリスマス前にリリースできるようにしている、とも。iPadではじめてアルバムを作成したのがゴリラズにしたいのだ、とはなかなかオタク的な野望のようだわ。


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

ポイントもずっと3倍にして〜!

Twitter(@cummersonic)より。

■RT @TOWER_Shinjuku: タワレコ新宿洋楽コーナーリニューアル情報!洋楽インディーコーナーが大拡張です!聴きまくり選びまくりのその規模は以前の3倍!タワレコ新宿8Fにてー。 http://twitpic.com/357g38
---
もともとインディ部門が選びやすいし、大型試聴機のインディ保有率が高いので新宿に行くと寄ってましたが、さらに3倍とは!


■Daft Punkの「Derezzed」(Full Version)の音源が聞けます! http://dlvr.it/8G8rs (via @SKoABlog)
---
もう一昔前の音になろうとするダフト・パンク。しかし映画トロンのサントラで出てきて、やっぱりいいものはいい。サントラのニュースが出て「いまさらダフト・パンクもないんじゃない?」って思った人もきっといるでしょう。ところがこうやって時間がたってもまた新しい一面を見せて、そしてそれが無理をしてなくてアーティストのカラーも出ていて、さらに進化しているというのは凄いことだと思うわ。


■あらまぁ。 RT @disk_union_rock 【予約】 80年代・ユーロビートの帝王 DEAD OR ALIVE (デッド・オア・アライヴ) ベスト盤 !! http://ff.im/-tt8vU
---
今年はフロ・ライダー(だっけ?)に大々的にサンプリング(といっていいのかしら?)されて久々に名前を思い出した人も多いだろうデッド・オア・アライヴですが、あたし個人的には今でもヘヴィロテしているのです。なので、できればリマスターして欲しかったわ。7inch盤をコレクトしているところが憎い。アルバムをコンプリートしていても買わなきゃ、ってなるじゃない。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

婚前旅行で仕事をかねて日本ってのはどうでしょう

Twitter(@cummersonic)より。

■ついに。しかし国内ものばかりなのだろうか? RT @cnet_japan アマゾンジャパン、MP3ダウンロード販売サービスを開始 http://bit.ly/cOFAYu
---
ついにアマゾンジャパン(@AmazonJPmp3)でもMP3のダウンロード販売サービスが開始。アメリカではよくSUB POPがレーベルのフリーVA音源を出してくれるときにアマゾンからDLなのだけど、「あんたの国からはDLできませんよ」と警告をくらって悲しい目にあってるの。日本のアマゾンでもDL販売始まったのだから米国の無料リリースされてるものがDLできるようになればいいのだけど。ま、無理よね。なんとかしてよ、お願いアマゾンの人っ!


■RT @iLOUD: Stereolabの『Not Music』を全曲試聴 http://bit.ly/aA87Um
---
いまでは少々古めかしさを感じずに入られないステレオラブの音の構築だけど、やっぱり独特の響きがあって素敵。活動停止/休息と報じられた後にリリースされる本作は、前作レコーディング時の音源だということ。ただ、前作からステレオラブ聴いてないのよね。なので今回もスルーするか、それとも前作と2枚セットで改めて聴くか。どうしようかしら。


■RT @bonjour_records: Kitsune Maison 10、近日入荷予定です。
---
今回は買おうかしらね、そうするとVol.4以来の購入だわ。


■マイケル・ジャクソンの新曲「Breaking News」のボーカルがMJ本人ではないという噂をレコードレーベルが否定。 http://dlvr.it/8Cjjq (via @NMEmagazine)
---
こういう話はずっとつきまとうでしょうね、この人の場合。


■USインディ新星Cloud Nothingsの新曲「Understand At All」、来年1月リリースのフルレングスLPのオープニング曲。http://bit.ly/9nzjeu (via @pitchforkmedia)
---
EPでずば抜けてイイ!曲があったり、まぁ佳作かしらって曲があったりなのだけど、総じてキャッチーさと薄暗さが混沌と入り交じったLo-fiインディ・ギター・ポップ感が満載で今後のリリースにかなり期待していたCloud Nothingsから、次回作のオープニング・チューンが届いたわ。インドアなWavvesって感じかしら。


■RT @Snacksthecat: Best coast and wavves are touring the US together
Jan/Feb 2011. Who wants to party with me while mom and dad are gone?
---
Best CoastとWavvesが一緒にツアーですって。Best Coastのベスニー嬢とWavvesのネイザン君が恋人同士なのよね。カップルでライヴツアーなんてラブリーすぎて、見ているこっちが恥ずかしくなりそうね。せっかくだから、日本にも来てっ!


■Danger Mouseが次回作にJack WhiteとNorah Jonesを召還。 http://dlvr.it/8D1cG (via @NMEmagazine)
---
デンジャー・マウス、次はイタリア人の作曲家とのコラボですって。そこにホワイト・ストライプスなどで活動しているジャック・ホワイトなどが参加すると、いったいどんなものができあがるのかしら。去年のBeckのアルバム「Modern Guilt」、今年はThe Shinsのジェームスと活動しているブロークン・ベルズと、デンジャー・マウス関連の作品が立て続けに気に入っているので、おのずと期待度もあがるわ!




posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

This Is Itの"This"とはなんだったのか?

Twitter(@cummersonic)より。

■マイケル・ジャクソン没後のニューアルバムより新曲「Breaking News」が一時リークされていたようです。YouTubeの音源はすでに削除されてました。 http://bit.ly/dkD6vt (via @stereogum)

■RT @URBSonyMusicJP: マイケル・ジャクソンのニュー・アルバム『MICHAEL』からのティーザー・トラック「Breaking
News」が、 www.michaeljackson.com の特設ページ上でフル尺解禁となりました(一週間限定)!!!
---

というわけで、オフィシャルで解禁となったみたい。ご本人が没後にリリースされるニューアルバムっていうのも、なんとも釈然としない思いもあり、とはいえ残っている音源ならぜひ聴きたいというファンの心情もあるでしょう。映画『This Is It』では作品の完成度にことさら厳しかったと描かれていたマイケルですが、それが一転して本人不在のニューアルバムが完成という矛盾した話になっているわね。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

過去は振り返らないわ

Twitter(@cummersonic)より。

■RT @soichiro_tanaka: soichiro_tanaka Sleigh Bellsのアルバム、日本で全然売れとらんがな。クラスヌでもいまだ盛り上がらんがな。ふざけんな!  http://bit.ly/dlxCwa
---
だそうです。盛り上がらないのかぁ。スレイ・ベルズの2011年1月の来日は東京オンリー!しかしチケットはまだ残っているところをみると、売れ行きはいまいちのようね。かっこいいのに!


■RT @ro69_jp: 児島由紀子の「ロンドン通信」 デイヴ・グロール、新作制作と家庭の両立について語る http://ro69.jp/blog/kojima/42407
---
ロック界で"超いい奴"として有名なFoo Fightersのデイヴ・グロール。過去に2ndアルバム収録曲の「Everlong」のビデオクリップ(これねhttp://bit.ly/7Zq5k9)の制作のときに、企画自体はOKだったのだけどデイヴが恋人とベッドで寝ているシーンがあり、それは奥さん(当時は彼女だったかも)に怒られるからとNGを出したらしいの。だけど「じゃあテイラー・ホーキンス(ドラム、当時は新加入のメンバーだった)に女装させて恋人役にしよう」ということであっさりOK。そんな奥さん思いなデイヴはいまでは子供もかわいがっているようです。次回作もがんばってー!


■RT @shintarawl: 再掲ですが、本日公開のsnoozer表紙ギャラリーアプリ、よろしくお願いしまーす。懐かしくてキュンとしますよ! http://bit.ly/9NhRFj
---
ロッキンよりもクロスビートよりもスヌーザーだったわ!ときどきクロスビートには浮気したけど、なぜかロッキンはあまり読まなかったの。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

男の子はいくつになっても"キッズ"

Twitter(@cummersonic)より。

■The Get Up Kids(@tguk)が2004年以来のアルバム「There Are Rules」を1月にリリース。記事中にトラックリストと昨年のライヴの動画あり。 http://aol.it/b4qxPE (via @SpinnerTweet)
---
なつかしい、ゲット・アップ・キッズ。しかし、メンバーみんな歳とりましたね。バンド名に"キッズ"とか"ボーイズ"という単語が入っていると、相対的に加齢の影響が顕著になりがちだと思うの。ほかにはニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックとかね。


■ブルックリンのカップル・バンド、Matt & Kimの新アルバムより「Wires」のMP3公開。 http://bit.ly/c2HrvW (via @stereogum)
---
この曲のリズムが、Bengaの「Baltimore Clap」 http://bit.ly/bdaRDt とすごーく似てるなと思いました。思ったというか、まんま一緒じゃない。どうゆうことよ。


■日本人ガールズバンドThe Suzanが米Fool's Goldレーベルからリリースする1stアルバムより「Animal」(Miike Snow Cover) http://dlvr.it/7msxF (via @SKoABlog)
---
日本人バンドで海外で評価されるのってこういう感じのが多いわよね。ってイメージがあるわ。(実際は違います、コーネリアスとかトクマルシューゴとか80キッズとかいるしね)


■RT @ro69_jp: 宮嵜広司の「洋楽試聴機荒らし」 「ガービッジは再結成する」。シャーリー・マンソンが明言 http://ro69.jp/blog/miyazaki/42357
---
ガービッジもう一人の中心人物、ブッチ・ヴィグは近頃フー・ファイの次回作プロデュースでニュースに名前が出たばかり。ガービッジもがんばって!シャーリー嬢のひとり妄想ではないことを祈ってるわ。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

酒ヤケしたオカマのダミ声ではだめなのですか?

11月初日から雨「November Rain」もあっという間にやみました。では、Twitter(@cummersonic)より。


■週末はMGMTの東京公演チケット一般発売。買えますように。
---
というわけで、チケットとりました(当日の仕事がどうなるか、間に合うのかわからないままに)。外出先だったので久々に電話で予約してみようと、ぴあの予約番号へコール。電話は繋がったのだけどPコードがわからなかったので関東の興行から選択する手順になり、アーティスト名を音声認識で検索してくれるのだけど、これがもう全然使えなかったの。

どのタイミングでアーティスト名を言えばいいのか、ピーとか音がすればいいのに突然無音になるだけでわかりづらいの。そしてアーティスト名を言い終わってもしばらく無反応のまま、不安をつのらせるわ。さらにこの認識度がすこぶる悪くて、いや言い方が悪かったのかも知れないけど、少なくともあたしが「エム・ジー・エム・ティー」って何回言ってもぜんぜん違うアーティスト名ばかり検索してきやがったわ。

なので検索をまたやり直したらまたアタマからいちいちいちいち説明しやがるのよー。6〜7回試した次点で頭に来て電話切ったわ。便利なはずの音声検索が機会損失に繋がってる気がしたけど、ファンはそれでも文句言わず(いや、文句は言うか)どうにかチケットを買うためにがんばるのよねぇ。

というわけで、結局iPhoneからネット接続してWebで予約したわ。オカマのダミ声でも音声検索できるようにしといてぇ〜。


■来年春にUKで開催されるATPのキュレーターはAnimal Collective。 http://aol.it/aQlaAQ (via @SpinnerTweet)
---
USインディ好きなあたしだけど、いまのインディ界隈のきっかけを作ったバンドのひとつといわれるアニコレを、実は聞いたことがないの。リアルタイムでも、それ以降でも。なんでかしらね、特に理由はなのだけどね。


■西海岸・女子バンドWarpaintによるデヴィッド・ボウイの「Ashes To Ashes」カバー音源が公開。 http://dlvr.it/7gQRs (via @SKoABlog)
---
アルバムのストリーミングでは「うぁー、暗いわ。。。」って思ったのだけど、こうやってカバーしている曲を聞くと絶賛、高評価のメディアが多いのがわかる気がする。まぁ暗いってのは変わらないけど、そういうキャラなのよね。このカバー曲のサウンド的にはCultsにも通じるものがあるかしら。


■Scissor Sistersがカイリー・ミノーグの「All The Lover」をカントリー調にカバー、ライヴでご本人と一緒に唄っている動画です。うーん、CAMP!http://bit.ly/bPI3lU (via @scissorsisters)
---
オープンリー・ゲイって言葉があるけど、シザー・シスターズの彼(彼女)の場合は押し売りに近いわね。ヨーロッパではゲイ人気の高い(らしい)カイリー嬢との共演、はまりすぎですわ。


■昨年デビュー盤をリリースしたLa RouxのシンガーElly Jacksonが「残りの人生、もうシンセ音楽はつくりたくない」と語ったそうです。バンドの音楽性を転換でしょうか。 http://gwi.se/7ggZn (via @Gigwise)
---
ラ・ルーってアルバムでは聞いてないけど、シンセ音楽のど真ん中だったわよね。残りの人生って言うにも"rest of my f*cking life"ってファッキンなんかつけたり、「80年代テーマのものを見るとイカれそうだ」と発言しているようで、いささかやけっぱちに聞こえなくもない。2ndはどうなることやらね。


■ギリシャのデュオKeep Shelly in Athensの新12"EPより「Running Out Of You」の音源公開、MP3でDLもできます。 http://t.co/C2twzLP (via @gorillavsbear)
---
この紹介文で"enigmatic Grecian duo"の「エニグマティック」(=謎のような、不思議ふしぎな)の部分を、「エニマグラ」と読み間違えて一瞬びっくりしたわ。ギリシャすげー!みたいになって。オホホホ。


■11/29にダブルCDでリリース予定のレーベルコンピ「Kitsuné Maison 10」のCD1ミニミックス(1/2)が公開、フリーDLできます。 http://bit.ly/cparVX (via @maison_kitsune)
---
kitsuneのコンピVol.10はダブルCDなのね。このミニミックスの0:55〜1:30あたりの曲、最近どこかで聞いたのだけど思い出せない。。。Two Door Cinema Clubのリミックスや大好きなHousse De Rachetの新曲が入っているので今回は楽しみ。ミニミックスの後半(2/2)が出て、好みの曲が多かったら久々にレーベルコンピ買おうかしら。


■Hammer & Tongsの製作したビデオクリップ集DVDがリリース。レディオヘッド、ヴァンパイア・ウィークエンド、ブラー、パルプ、R.E.M.、ベック等。 http://bit.ly/a4bfA9 (via @pitchforkmedia)
---
何年か前にリリースされていたディレクターズ・レーベルの流れみたいですね。


■GirlsのMP3リリースされた新シングル「Heartbreaker」が聴けます。タイトル右クリックでMP3のDL可能です。 http://bit.ly/bDW2II (via @pitchforkmedia)
---
Girlsの声というか歌い方がキモくて苦手だったのだけど、この曲はずいぶんとさっぱりしてるわ…と思ったけど、やっぱりダメ。こういうのって説明しきれないけど相性があるわよねー。


■東京オンリー。 RT @ro69_jp: 洋楽ニュース ザ・ナショナル、待望の初来日が決定、来年3月に一夜限りの来日公演! http://ro69.jp/news/detail/42281
---
関西にも行ってあげてください。


■RT @ro69_jp: 中村明美の「ニューヨーク通信」 Aphex Twinアルバム6枚完成!!!!!!!! http://ro69.jp/blog/nakamura/42284
---
なんでリリースしないのかしら。もったいぶったら売れ残るわよ、男捜しと一緒w
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

ツードア・ワッショイ!

Twitter(@cummersonic)より。

■フーファイの次作に"Nevermind"のプロデューサーのブッチ・ヴィグが先導して元Nirvanaのクリスがゲスト参加する模様。 http://su.pr/1iaoyi (via @SPINmagazine)
---
スゴくヘヴィなサウンドを目指しているらしく、アコースティック・ギターは使ってなくて、自宅ガレージでアナログ録音しているらしわ。まぁ、なんと野郎っぽいことでしょう。もっとも手作り度が高いだろう1stアルバムの音が野太くなるイメージでいいのかしら?


■The Drumsの「Me And The Moon」ビデオクリップ。ジョナサンの独りダンスとメンバーが関わり合わない雰囲気がドラムスの曲に共通する孤立と哀しさを際だたせていると。 http://bit.ly/b2CfO3 (via @stereogum)
---
自分の中ではメンバー脱退でドラムス熱が一気に降下してるの。冷静に考えるとベース抜きで長くやっていくのは難しいわよね。今後どうなるのかいろいろな意味で注目だわ。ダパンプみたいに気づいたら8人の大所帯になって残ってるのはヴォーカル一人だった、みたいに迷走しないことを祈ってるわ。


■わぁー、ツードア@東京の追加決定!おめでとうー。 RT @pvinerecords: [NEWS] TWO DOOR CINEMA CLUB、東京公演ソールド・アウトにつき追加公演急遽決定!! http://bit.ly/dh7Wtj
---
追加は土曜なので平日無理な人には朗報ね。あたくしツードア狂なので先行でチケット入手済み。サマソニでの熱烈なる盛り上がりが幻だったのかどうかを確認しに行くわ。小声でシンガロングしたいから出来れば歌詞覚えたいのだけど英語だからなぁー、ダメもとでとりあえずiPodに歌詞入れなきゃね。ステージに紙テープ投げ入れたり、名前入りの横断幕出したりしなくていいのかしらね。追加公演も売れ残っていたら行ってみようかしら。ツードア・ワッショイ!ツードア・ワッショイ!


■RT @gizmodojapan 【最新記事】 大音量で音楽を聴いても耳に深刻な影響は無し? 意外な研究結果が判明... http://bit.ly/bF4RWB #gizjp
---
大音量で難聴になるかどうかについては、「深刻な障害」にはならなかったということと、完全に問題なしといえるほど研究が進んでいないので、ひきつづきグレーってことね。あたしの場合、学生時代のバンド活動、ヘッドフォン、イヤホン生活を続けて、聞こえづらくなったってことはまだないわ。いまのは聞こえなかったことにしよう、ってのはずいぶん増えたけど。


■RT @itmedia_news ローソンがHMV買収 18億円で ^IT戦士 http://bit.ly/cQGlzx
---
[ローソン・HMV・ローソンチケット]のタッグができあがり、[セブンイレブン・タワーレコード・チケットぴあ]への対抗といわれているけど、所詮ビジネスって話よね。アーティスト、リスナー、企業がともにwin-win-winな関係になればいいのだけれど。


■RT @CMP_official: オール・トゥモローズ・パーティーズが遂に日本初上陸!タイトルは「I'LL BE YOUR MIRROR(アイルビー・ユア・ミラー)」ラインナップ、チケットの詳細は近日発表! http://bit.ly/bCKDBJ
---
ATPとI'LL BE YOUR MIRRORは別モノってことなのかしら?日本はなんでキュレーター・スタイルじゃないのかしら?次回からはキュレーター制って、ATPと何が違うのかしら?わからないことだらけ。


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

ガッチリではなくポッチャリに見える残念さ。

Twitter(@cummersonic)より。

■ソニーのカセットテープのWalkmanが販売終了。30年以上の歴史を経てのリタイアだそうです。 After 30 Years http://bit.ly/9Y2QBI (via @PasteMagazine)
---
当時の「ソニー」と「ウォークマン」のロゴは今見てもかっこいいと思うわ。いまのMP3プレーヤーにも同じロゴつけて復刻版つくればいいのに。限定リリースしたら売れそうじゃないかしら。


■School of Seven Bellsのドラムの人が、週末にライヴのステージ上で彼女にプロポーズしたそうです。 http://aol.it/a8qD0S (via @SpinnerTweet)
---
先日、バンドメンバーのひとりが脱退したときにその理由は一身上の都合ってことで詳細は明らかにされてなかったわね。その余韻が冷めた頃にプロポーズのニュースとは…バンド内で恋愛感情のもつれがあったんだったりして、という勘ぐりをしてしまうのは、ゲスでしょうか?しかしステージに呼ばれてプロポーズされた彼女はハッピーよね。


■Nine Inch Nailsの「Pretty Hate Machine」リマスター盤11/22リリース、Queenの「Get Down, Make Love」カバーを追加収録。 http://dlvr.it/7XJBN (via @NMEmagazine)
---
リマスター盤のアルバムジャケットもかっこよくなってると思うわ。音にはうるさいトレントと、そんな彼と仕事してきたエンジニアさんが"もの凄く改善された音の体験"のためのリマスターと語っているようなので、おおいに期待できる仕上がりになってるのでしょうね。


■Broken Bellsが新曲「Meyrin Fields」をiTunes Storeでリリース。 http://bit.ly/digital45 (via @broken_bells)
---
ぜひアルバムもお願いします。


■Daft Punk の曲が使われている映画『Tron』の新トレイラーの動画です。 http://bit.ly/dmRh4c (via @pitchforkmedia: http://bit.ly/dhdsvj )
---
映画の予告動画にもDaft Punkの姿が。先日のNY MSGで行われたPhoenixのライヴにもサプライズ出演してたし、あちこち忙しいお二人ですこと。これからしばらくはいろんなところでDaft Punkの姿を探すクセがつきそうね。それにしてもトロンに出てくる姿はみんなぽっちゃりに見えてしまうのは、なぜ?
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

2年前なんて懐かしくないわよ、80年代だって懐かしくないんだから。

Twitter(@cummersonic)より。

■Digitalismの新曲「Blitz」のMP3音源が公開。 http://dlvr.it/7T1kr (via @SKoABlog)
---
ほかの方のツイートで「なつかしい」という感じのものがあったの。1stが出たのが2008年で確かに2年間のブランクだけどね。最近は時間の流れを遅く感じるのか(年のせい?)、2年前ぐらいでは"なつかしい"とは思わなくなったわ。80年代アイドルだとさすがに懐かしさを感じるけど、あの時代の曲はオカマのバイブルのようなものだから永遠なの。

■The Ting Tingsがシングル「Hands」のアコースティック版の動画を公開。ダンスチューンのシングルでしたが、実はマイナーコードで暗いです。 http://dlvr.it/7PQNc (via @SKoABlog)
---
The Ting Tingsも同じく約2年のブランクを経て、近々2ndを出す予定ね。個人的には1stがかなり良すぎたので期待半分、不安半分ってところ。カルヴィン・ハリスのプロデュースでリリースされた久々のシングル「Hands」のできがよかったけどチンチンズらしさは減ったかな?と思っていたところ。このアコギver.ではマイナーコードでメロが切なく響いてたわ。やっぱりチンチンズはメロディの丁寧さが残っていた、これを聞いて2ndアルバムへの希望が少しもてたわ。

■タヒチ80の新シングル「Solitary Bizness」のビデオクリップ。日本人映像作家の北山大介氏の製作のようです。 http://tumblr.com/xmhmtzclv (via @wearetahiti80)
---
単独でも夏フェスでもライヴに足繁く通っているほどお気に入りのTahiti80ですが、このたびシングル曲をリリース。確かメンバーが増えてるのよね、あれってライヴのときだけのサポートメンバーだったのかしら?最近はグラミー賞を獲ったPhoenixとはアメリカでの知名度にずいぶん差が出てきたことでしょう。日本での知名度はPhoenix<Tahiti80だと思いますが。あたしはどっちも好きよ。

■Hadouken!の「Oxygen」のMP3音源が公開。 http://dlvr.it/7R6tM (via @SKoABlog)
---
久々といえばHadouken!な気がするわ。Dance/Electronicバンドはこれからどんな変化をおこしていくかと思ったらなんかハウスっぽい雰囲気をまといつつないかしら?うーん、それでいいのか?ニューレイヴの一騒動はKlaxonsの激的な変化を投入した2ndのおかげできちんと精算、過去のモノになった気がするけど、Hadouken!周辺はこのままフェードアウトなのでしょうか?Gold Pandaにその役を負わせるのは筋が違うと思うし。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

割れた腹筋より、好きなバンドの曲を聞く方を選んでみせるわ!

Twitter(@cummersonic)より。

■NYでのPhoenixのライヴにサプライズでDaft Punkが登場。オーディエンスショットで酔いそうですが、動画がupされてます。 http://dlvr.it/7KRqG (via @SKoABlog)
---
んまぁ、なんと豪華な!Phoenixがライヴの終わりの方で、曲をまたいでDaft Punkとセッションしているけど、こういうのどこで練習したのかしら?どちらもフランス人だからパリで打ち合わせて当日のリハで合わせたのかしらね?

■Darwin Deezがラウンジ・セッションでケイティ・ペリーのカバーをやったというニュース(笑)でしたが、いまは音源が削除されているようです。面白そうだったので、残念。 http://dlvr.it/7Kt0R (via @ SKoABlog)
---
Darwin DeezはNMEのCoolリスト(今年のイケてた人ランキング)のベスト10内にも名前があがってたわ。あの変な髪型のせいでみんな正常は判断を失っているのかも知れない。サマソニ10のステージで「80年代ミュージックが好きですか?わたしもーっ!」的なMCをしていたのがとっても好感度upだったわ、この間の夏の話ね。

■U2が次回作のプロデュースをナールズ・バークレー/ブロークン・ベルズで知られるDanger Mouse(ことブライアン・バートン)に依頼しているそうです。 http://dlvr.it/7KxCk (via @NMEmagazine)
---
あたし、ドラムやリズム隊が好きだからか、Danger Mouseの音作りって好き。クーミン的な表現をすると、羊水が沸騰するわ(羊水もってないですが)。だからといってU2の新作を聞くかどうかは別の話よ。

■恒例となったキツネの2011春夏コレクション(アパレル)を使った早き替え対決動画。BGMはすべて11月リリースのコンピ、キツネ・メゾン10に収録。 http://bit.ly/c6e1HL (via @maison_kitsune)
---
男女モデルが早き替えをするのだけど、今回のメンズモデルは細マッチョで腹筋がチョコレートみたいってことにはしゃぐはずが、だ・だ・大好きなフレンチ・ポップ・デュオのハウス・デ・ラケットが収録されてるじゃない!1stアルバムから若干雰囲気の変わった曲みたいだけど、これでもっとたくさんの人の耳に届いて欲しい。あとキツネの服がもう少し手の届きやすい値段になればいいわ(理由はわからんでもないけど高すぎ)。

■The Apples in Stereoがアルバム「Travellers in Space」収録曲の「Floating in Space」ビデオクリップ公開。 http://fb.me/A24dYC27 (via @applesinstereo)
---
それにしてもUSインディでずーっとがんばってきているApplesはなかなか大ブレイクしないわね。逆にそこがインディらしさを保ち続けている理由かもしれないけど。あたしのなかでポップ職人と言えばApplesのロバート・シュナイダー、この人以外には考えられないわ。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

好きなものを語ると説明が意味不明になるの。

Twitter(@cummersonic)より。

■Weezerがリリース予定の未発表曲集アルバムより2曲を公開、MP3フリーDL可。「Blowin' My Stack」 x 「Getting Up and Leaving」 http://dlvr.it/7Hl3X (via @SKoABlog)
---
WeezerでMP3無料DLはあまりやらないイメージだけど、一気に2曲を公開とは気前がいいわね。前レーベルからのリリースだし、円満離別ではなかったのかしら?

■NYのインディ界隈で要注目なデュオ、Cultsのスタジオセッション音源(Daytrotter)x3曲、新アレンジになってます。
http://bit.ly/cJgnNM (via @pitchforkmedia: http://bit.ly/a0zFDs )
---
ゲスな耳しかもっていないあたしは、初聴でタルいな〜と思ってしまったCultだけど、聞けば聞くほど味が出てくるの。密かに注目のデュオよ。ヴィンテージ感というほど高級ではないけどいい具合のザラザラ感のあるサウンドと、ぼんやりとリバーヴが響くトリップ感のブレンドが好きなのかもしれない。そこにメロディとリフが華を添えてるわ。って、もう意味不明ね。あたしに知性をちょうだいっ!

■Gold Pandaのライヴパフォーマンス。新譜からの曲を中心にライヴミックスしています。 http://t.co/806yfR4 (via @thefader)
---
エレクトロ系のライヴはPCやサンプラーから音源垂れ流しにしたってぶっちゃけオーディエンスにはわからないかもしれないのに、リアルタイムで曲を構築していくゴールド・パンダさん。どこかのインタビューでもうパンダのかぶり物はやらないといってました。彼女からも子供っぽいと言われたとか。日本でリリース『コンパニオン』は過去のEP集ってこともある雑多な感じだったけど、1stアルバムはかなり完成度高いと思います(まだ試聴のみですが)。

■Mark RonsonがArcade Fireの「We Used To Wait」をカバーしたMP3音源が公開されています。 http://bit.ly/9WXaGF (via @stereogum)
---
今年はインディで全米No.1を獲得するという快挙を成し遂げたArcade Fireですが、マーク・ロンソンにカバーされました。以前The Drumsがカバーしたときはジョークかと思いましたが。アーティストとして、好きなアーティストからカバーされるのはうれしいでしょうが、層でない場合は微妙でしょう。今年はいろんな人からカバーされているArcade Fire、その心中は如何に。

■The Nationalの「Terrible Love」の別バージョン。バンドのリラックスした映像も含まれています。 http://dlvr.it/7J8tB (via @FILTERmagazine)
---
ファン必見かと思いますが、逆にこんなリラックスしすぎた姿を全世界的にさらしてもいいのかしら。冒頭のシーンは、フツーにただの酔っぱらいに見えるわ。こういった姿を見せられるのが00年代的なのかも知れないわね。Nirvanaの頃にはできなかったことだわ。でも、カートの日常を見たいかと聞かれたら、見なくていいけど。アーティストのメッセージや主張がダイレクトに出せる反面、そのレスポンスが時には大きなダメージにもなったり。結局は使いようね。

■RT @iLOUD: Best Coast「Boyfriend」 http://bit.ly/coafFV
---
Best Coast、やっぱり好き。好きなのでRTでした。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

白シャツ&黒めがねはキラーアイテム。

Twitter(@cummersonic)より。

■Brandon Flowers(The Killers)の「On The Floor」(Unplugged in Tahoe) タホに行った際にアコギ1本で唄っていた動画です。 http://dlvr.it/7F71d (via @SKoABlog)
---
今年はソロアルバムをリリースしたブランドン・フラワーズですが、この動画の見所はギターを弾いてる子。白シャツ&黒めがねで、かわいいです!もう、ギターの子以外見えてないわ。

■@ISTROPICAL初のライヴウェブキャストより、サーマルカメラで録画された動画。 http://bit.ly/aSZ0Qh (via @maison_kitsune)
---
キツネレーベルったら、最近はIs Tropicalを激プッシュしてないかしら?ビデオクリップなどでも素顔を隠しているIs Tropicalですが、ライヴ動画がサーマルカメラとは考えたわね。だんだん体が火照ってきている変化がわかるわ。でも、体温が可視化されるとなると、つい見ちゃうわよねぇ…ふふふ。

■2011年4月にシアトルでニルヴァーナ展「Nirvana: Taking Punk to the Masses」(パンクを大衆へ届けた)を開催するそうです。 http://dlvr.it/7Fjg8 (via @NMEmagazine)
---
んー、電車で2時間ぐらいなら見にいきたいけど、ここは日本なの。


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。