2006年08月07日

カマソ通信 20060807

先週末、ノンケさんのイベントですが「Classic Garden」に参加しつつ、こっそりカマソの宣伝をしようと思っていましたが、ちょっこす都合がつかずに断念。

一方、新宿2丁目では「Bar ゆげ」さんにフライヤーを設置…って、結果的には単に飲みに行ったついでに置いてきたみたいになりました。しかし、ひとりでフライヤーを置きに行くのは心が折れがちで、精神的につらいんですよ。で、誰かと一緒に行くとついついフツーに飲んでしまう。まぁ、どっちもどっちですね。

ここんとこ「ポスターはNGなんですよ」という店ばかりで、ゆげさんのところにも貼りモノは持って行ってなかったんですが、ポスターOKとのことで近々もっていくことにしました。誰か一緒に行く人いませんか?ついでに飲めますよ! しかし、ゆげの客層がカマソにマッチするかというと微妙かなぁw

コッチの人もノンケの人も、もはや見境なしに宣伝するカマソ!
みんな、仲良くやろうぜっ!


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

カマソ通信 20060803

7/20に書いた内容と、7/31に書いた内容が同じだったという失態に2日後に気づき、再度”うっかり八平衛”の名を襲名しそうな勢いで、このBlogを書いとります。

UDOミュージックフェスがどうだったとか、Fuji Rockフェスがどうだったとか、やいのやいのと語られているようですが、目下カマソの準備でバタバタしてます。


2006080301.gifそんななか、カマソ・フライヤーがついに新橋に進出!新橋駅 烏森口から徒歩1分のバー『switch』に置かせていただきました。これでリーマン・ロッカーのみなさんにも行き渡ることでしょう。


もう少しお店を回る予定でしたが、この日はいろいろあってここでおしまい。週末を前にして1店舗でしか広報活動できなかったのは完全なる出遅れです。


みなさん!口コミでも広めていってください(笑)

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

カマソ通信 20060802

カマソのフライヤーを配りに行ったときのノンケ談もあり、ウェブサイトの方も

 ・Gay向け
 ・ノンケ向け

って入り口をわけるべきかなぁ?と考えみたりした。

アダルトコンテンツじゃないので、特に「ゲイにご理解のある方のみご入場下さい」といった”ことわり”を書いていない。よくよく考えると無謀なサイトだ(笑)

Gayとノンケのコンテンツをわけることで、フライヤー設置店やイベントの紹介も棲みわけができる。しかし、音楽を媒介としたゲイとかノンケとかいった垣根をなくしたコミュニティの広がりはなくなる。

そもそも、カマソってそういうこと目指してたっけ?って話になるが、端から見ているとそういう方向性がぼんやりと浮かんできている気がするし、伸びるなら育てたいよねぇ。

ま、難しい話はともかく、GayネタもノンケネタもOKな人(主に女子か?)を対象にMix向けのコンテンツも作るとしたら、サイト構築にいまの3倍の労力が必要になる(汗)

つ…通常の3倍っ!? このアイディアはなかったことに。。。








posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

カマソ通信 20060801

先日の日曜に新宿歌舞伎町のRock Bar Motherにフライヤーを届けてきました。早速カウンターに置いていただき、ありがとうございました。

で、そのままカウンターでビール飲んでたんですが、Motherはノンケのお店。当然、フライヤーを手に取るお客さんもノンケです。そこで見せる反応はなかなか面白くもあり、ちょっと聞きたくないことを耳にしなければいけなかったり、いろいろありました。


  「ほらほら、こんなのあるぜ。なんでゲイなんだよっ(笑)」


しょうがないじゃん、ゲイなんだから。


  「なんか、ここ行くと危ねぇー気がするなぁ(笑)」


ゲイの立場からすると、ノンケの人にはほとんど興味を示さないのはあたりまえすぎて気にとめてませんでしたが、ノンケからすると「ゲイだ!」ってだけで襲われるんじゃないか!?という誤解はいまだにあるようですね。そんなことありませんから(笑)



とにもかくにも、カマソというイベントの存在が広まっていくことを願ってます!

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

カマソ通信 20060731

遅ればせながら。。。カマソのフライヤーを置いていただいた、Gay向けでないお店を紹介します。

「Circuit Cafe」(サーキット) 千葉市中央区
カウンター背面の壁に備え付けられた棚、そこ一面を埋め尽くすアナログ盤。70年代のRockを中心とした、その枚数は3,000枚以上あるとのこと。Led Zeppelin, Deep Purple, King Crimson, T.Rex, Eagles, Queen, The Who....数え上げるとキリのない70's。

ここサーキットはRockバーの一面ばかりではなく、特筆したいのは料理のおいしさ!マスターこだわりの食材・タレ・調理で、その辺の下手な居酒屋なんか相手にならないほどの美味しさ。フレンドリーで素敵な常連さんが多いのもわかります!

  千葉市中央区新宿2-3-8 松栄ビル1F
  043-244-0515
  http://park2.wakwak.com/~circuit/
  18:00-25:30 日曜定休、振替休日の月曜は休み


「Kalo☆Kalo」(カロ☆カロ) 千葉市中央区
上記サーキットのご近所でもある千葉市の美容室。「Kalo☆Kalo」とはフィジー語で「星」を意味する言葉。スタッフの中にサーキットの常連さんがいます。


どちらも千葉駅徒歩数分以内です。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

カマソ通信 20060727

フライヤーを置かせてもらうお店が増えました!今回は、2丁目界隈のお店ですっ。
いずれもショットバーなので、ひとりでも気軽に入れて飲めるし、待ち合わせにも、デートにも、ボーイハント(笑)にも。

□ Wordup Bar (ワードアップ・バー)
 週末・平日にかかわらず、若い世代で賑わってるショットバー。
 週末は店内のDJブースでアゲな曲が連発です。
 2006072701.gif http://wordup.que.jp/


□ Arty Farty (アーティ・ファーティ)
 外国人のお客さんも多く訪れる、DJブース&フロアのあるショットバー。
 入店時に押してもらうスタンプで、下記のThe Annexとも行き来できます。
 2006072702.gif http://www.arty-farty.net/


□ The Annex (ジ・アネックス)
 Zippの跡地に7/26にオープンしたばかりのショットバー。上記Artyの系列店。
 カウンター席を見下ろす位置にも席があり、一度はそこで飲んでみるのもいいかも。
 2006072703.gif http://www.arty-farty.net/

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

カマソ通信 20060726

カマソ・ブレイン、改め、うっかり八平衛を襲名予定です。今日は新宿のロックバー『Mother』にカマソのフライヤーを置かせてもらいに行ったんですが…

 「じゃあ、フライヤーのほう、よろし…く……ないっ!ないわっ」(滝汗)

なんと、うっかりフライヤーを忘れてしまいました orz

しかーし、案ずる事なかれ、ポスターの方は忘れず持って行ってたので、そちらは貼っていただくことに。近日中に持ち帰り用のフライヤーも届けますので、しばしお待ちを。

MotherはストックしているCDに限りますが、お客さんのリクエストした曲を爆音でかけてくれる、とってもグーなロックバーです。それで、メニューはお酒のページよりも音楽(アーティスト名)のページの方が多い。今回、お邪魔していた間にかけられたのは:

  Mad Capsule Markets (店員チョイス)
  Nine Inch Nails - アルバム "With Teeth" 1〜3曲目 (リクエスト)
  Kula Shaker - "Hey Dude (Live)", "Hush" (店員さんと話が盛り上がってチョイス)
  Janis Joplin - "Summer Time" (別客リクエスト)
  Blur - "Song2" (店員チョイス)
  Lostprophets - "We Still Kill The Old Way" (店員チョイス)
  Snot - "Snot" (店員チョイス)
  Static-X - "Get To The Gone" (店員チョイス)
  ごめんなさい、知らない曲だった。ジャケには"Cope"の文字が… (店員チョイス)
  Korn - 曲名はわからなかった (店員チョイス)
  前出のJ.Joplinの人がリクエストした古いR&B (別客リクエスト)
  The Chemical Brothers - 2〜3曲 (別客リクエスト)

Motherは新宿歌舞伎町 コマ劇そば
野郎寿司の向かいのビル 地下1F
http://www.rockbarmother.jp/

初回のカマソが開催されたころから行くようになったお店で、ここには絶対カマソのフライヤー置いてほしかったんですっ!とりあえずポスターは渡してきてので、週末までにはフライヤーを届けます。お近くにお立ち寄りの際は、ぜひっ!


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

カマソ通信 20060721

Opaに続き、yo-skことヨッペもセットリストを着々と仕上げているようです。もちろん、内容は当日のお楽しみってコトで。

カマソは洋楽ばかりのイベントだと思われてるようですが、実は洋楽に限ってなくて、邦楽も流れます。Vol.03では"Rock"という「楽曲のアーキテクチャー」から解放されて「Rockという音の楽しみ方」へとシフトしていく予感。

つまり、先日Opaの言っていた「Rockだからとか、洋楽だからとか、そういった垣根(音楽への偏見)を越えて」来てくれた人みんなが楽しめる選曲をDJ陣は準備しているようです。

ひとりより二人で、二人よりみんなで楽しみましょう。お誘い合わせの上、いらっしゃいまし。


今週末はGay/Mixのクラブイベント「Teenage Kicks!」が開催されます。場所はロックバーの聖地、新宿Rolling Stone。これまた2丁目のそば。カマソのフライヤーも配布されるし、カマソDJのyo-skも遊びに行く予定です。お見かけの際は、声をかける前に一緒に踊りましょう。

Viva la Rock!
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

カマソ通信 20060720

いよいよ、カマソVol.03まであと1ヶ月となりました。次のお店にフライヤーを置かせていただきました。近所のかたは遊びにいってみてください。


☆ カフェ&酒&そのうえ料理が美味い、70年代Rockの流れるお店
 CIRCUIT cafe (サーキット カフェ)
 千葉市中央区新宿2-3-8 松栄ビル1F
 TEL 043-244-0515
 http://park2.wakwak.com/~circuit/
2006072001.gif

☆ 美容室
 kalo☆kalo
 TEL 043-246-2455
 千葉市中央区新宿2-16-18 イザワビル1F


新宿エリアのお店でも近日中にフライヤーを設置させていただく予定です。その他、今月行われるクラブイベントでもフライヤー配布の予定です。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

カマソ通信 20060719

皆様、如何お過ごしでしょうか?OPAです。
 
今回のカマソニにおける意気込みなんかをつらつらと書き連ねてみたいと思います(笑)。


僕が人前でDJを(とは言っても自分の中ではMusic Selectorと捉えております)させて頂くようになってから、早や10年になります。


これまでに、恵比寿のクラブ“Milk”で100人を超えるお客様に向けて、2年目と7年目のフジロックでの“Virgin Mega Storeブース”でのDJ等々…いろんなシチュエーションでDJをやらせて頂きました。
DJを始めた頃は「DJなんて結局は当事者の○スターベーションでしょ?」と思ってました。けれど、回数を重ねるうちに 「○スターベーションなんてひとりで出来るもの。それならば、いくらでも部屋でやってればいいんじゃないか」と痛感したのです。


それに気付いてから僕がDJをやるにあたって第一に踏まえているのが、「DJのリバになること」なんです。ウケでもタチでもいけないんです。選んだ曲でお客さんを責めて悦ばせると同時に、お客さんの責めに僕も悦ばせてもらいレスポンスする。そのスキルをこの10年で磨くことは出来たんじゃないかと、生意気ではありますが、自分なりに自負しております。


今回のカマソニでは、そのスキルを出来る限り発揮しようと思ってます。つい数日前までに考えていたセットリストも完全に取り替えました。リニューアル版を通して聴いてみたら、全身に鳥肌が立ちました(笑)。


Rockだからとか、洋楽だからとか、そういった垣根(音楽への偏見)を越えて、「音が鳴り響くこの瞬間に、 音が存在するこの世の中で生きていることが出来て本当に良かった。自分は幸せ者。これからも生きてやる!」大袈裟かも知れないですが、そんな風に思って頂けるぐらいにしたいと思ってます。


とにかく皆さんの笑顔が見られるように頑張ります!
どうぞ、宜しくお願い致します!

posted by opa at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

カマソ通信 20060713

カマソのレジデントDJであるOPAに、Vol.03への意気込みを聞いてきました。
「DJをはじめて10年目という節目を迎え、カマソにむけてその集大成となるように熟考を重ねて、自信を持ってフロアを盛り上げる選曲でお送りしたい」
OPAはカマソのほか、数々のクラブイベントでDJを行ってきました。そのキャリアの区切りとなるべく選曲をカマソで見せて(聴かせて)もらえるなんてうれしい限りです!すでにセットの流れやテーマを着々と構築していて、話を聞いているだけでもうワクワクしてきました。

その詳細については…ここでぶっちゃけたいけど、それは当日の楽しみにしておきましょう。8/20はぜひClub Acidで、OPAの本気DJプレイを見て聴いて感じてください。


OPAからのテキストもこのBLOGで紹介できるようにしますので、こうご期待ですっ!
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

カマソ通信 20060706

Blogページの上の方にカレンダーがありますが、1列で1ヶ月しか表示されません。なので、過去ログを月毎に表示するためのリンクを右側のサイドメニューに追加しました。


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

カマソ通信 20060703

7/2(日)の夜はROCK-KING ON JAPAN FES. へお邪魔してきました。結構な人数が入っていて、フロアはすごく盛り上がっていました。今回が第1回目だったのですが、この感じならVol.2も。。。ってところでしょうか。

3DJとも邦楽というくくりのなかで、それぞれの個性がでた選曲をしていて面白かったです。なかでも、shinちゃんのmashup音源は自作だったので、RKOJFでしか聴けないちょっとレアなものでした。

邦楽だと「どこかで聴いたことがある」確立が高いとか、「曲は知らないけど歌詞が日本語だから聴ける」という強みがあります。しかし、RKOJFはそのコンセプト自体がはっきりとしていたというのが、成功の要だったのではないかと思います。

カマソはというと「洋楽ロックというこっちの世界じゃ聴いてる人が少なそうなジャンルのイベント」と謳ってますが、すでにロックという枠ではくくれなくなってる感じです。かといって他に適当な言葉も見つからないのですが。。。

確かに、こっちの人でRockやAlternative、Power Pop、Loud系が好きだとわかるとついつい「(こっちの人にしては)めずらしいねぇ」と言ってしまいます。しかし、そういうジャンルが好きな人がいるのも確かなんです。

というわけで、お客さんがたくさん来るどうこうというより、まずはカマソのことを知ってもらうための宣伝に力を入れなければ。RKOJFの会場でもオーガナイザのヨッペが自らできたてのフライヤーをお客さんにも配らさせてもらいました。そして、カマソに来た人が「楽しかった」と言って帰ってもらえるように、内容もブラッシュアップしていかないとですね。


Vol.03開催の日まで、あと49日。
posted by ryow* at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

カマソ通信 #20060630

前回のカマ通で予告のとおり、カマソ Vol.03のフライヤーが完成しました!デザインはカマソブレインのnoriです。



これにあわせて、カマソのwebsiteのトップページもリニューアルし、Vol.03ページ にもフライヤーを画像で載せてます。そちらでは、フライヤー画像をクリックすると裏ビデオは見れませんがフライヤーの裏面が見れます。

これからプリントしてペーパーフライヤーが完成したら、都内各地のCD/レコードショップや2丁目界隈のバー、カフェ、またその他のゲイフレンドリーなお店にも設置予定です。過去に、勝手にレコード屋に放置してきたという話も聞いたことありますが、オカマを本気にさせるとそれぐらいやります!(冗談です、ちゃんと許可を頂きます)

「このお店でもカマソの応援してくれるそうです!」なんてFuckin' グレイトな情報をお持ちの方、ご連絡お待ちしています!


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

カマソ通信 #20060626

Cummer Sonic Vol.03のフライヤー(イベント紹介のビラ)作成が進行中。完成直前のサンプルを見ましたが、これがとってもかっこいい!

レインボーカラーを使ったロゴと、モノクロームなグラフィックがとても目をひきます。今回は両面印刷の予定で、裏面にはマップやカマソの説明などの情報を掲載。これまでどおり、最初っから破格値設定のためフライヤーディスカウントは採用していませんが、このフライヤーは見かけたら絶対に持って帰りたくなるはずです。

フライヤーが完成したらサイトで公開するとともに、フライヤー設置店をご案内します。完成間近、こうご期待!

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

カマソ通信 #20060622

カマソVol.01〜02までを開催させてもらった渋谷の「Club 宙(Chu)」が、2006年7月をもって閉店することとなりました。ウェブサイトの地図が見づらくて、お客が集まらなかったのでしょうか?(邪推)

残念です、店が閉店なら最後はどんだけ大暴れしても良かったんじゃ…って、そんなことないですね。


カマソVol.03の開催場所は、新宿のClub Acidです。こちらはフロアが広いので好きなだけ盛り上がれますのでっ!


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

カマソ通信 #20060619

春が訪れた頃から、カマソのオーガナイザーさんはノンケ・ゲイの区別なく、いろいろなイベントに顔を出させていただきました。以下、お邪魔させていただいた順番に:

MARVELOUS!!(マーベラス!!)
ノンケさんの開催している、ロックメインのオールジャンルイベント@三軒茶屋CHROME。”最近”の音から90'sのロックまで幅広く。DJレコメン曲をかける時間があったり、DJブース前にバナナが盛ってあったりします。[次回:6月24日(SAT) 場所:三軒茶屋CHROME OPEN:11:00PM, PRICE:¥2000w/2drinks, Banana:¥50]

Teenage Kicks!(ティーンネイジ・キックス!)
ロックメインのGay/Mixなオールジャンルイベント。カマソと方向性が同じイベントですが、こちらは定期的に開催されているイベントです。オールナイトなので夜遅くからの参加でもOK。3月のイベントにお邪魔したときはレッチリ特集の時間もあり、アゲられました。

80's Hits Again(エイティース・ヒッツ・アゲイン)
80年代にBillboardチャート100にランキングされていた曲を特集したイベント。第1回目だったのですがフロアは過熱気味で、2回目の開催が計画されているそうです。カマソのレジデントDJのSug@woくん、Opaくんも参加しています。

30代でナイト
Gayイベントのビッグネーム。ものすごい知名度と集客力をもっているイベントです。顔見知ったDJさんが回す時間には、オネハ(オネェHOUSE)ばかりではなくロックを含んだ80'sヒットからレイブ〜TRFという笑いとプレジャーな選曲でフロアを盛り上げてました。

デンジャ裸ス
比較的新しいGay/Mixなイベント。前半がイベント、後半がダンスタイムという構成で、DQショーあり、ニチョパラ(2丁目のパラパラ)HOUSEありの、正当派(?)のGayイベント。たくさんのお客さんがオールナイトで楽しんでいました。


どこかのイベントでカマソのメンバーにあったときは、気軽に声をかけて下さい!
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

カマソ通信 #20060615

5月から最近までの、カマソ情報。

・Vol.03のサブタイトルを検討中
・DJのPlay順が仮決定したみたいです
・フライヤーのデザイン作成がはじまりそう

フライヤーは今回初めてデザイナーさんの手で作成される予定です。フライヤー作成が本業ではないですが、ご厚意に多謝多謝です。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。