2008年02月20日

去年の夏フェス・朝霧JAM07

 
開催まであと1ヶ月となった3月20日のカマソVol.6は"世界で一番早い夏"スペシャル、そして"去年の"夏フェス特集。というわけで、どこよりも遅く去年の夏フェスを振り返ってみたいと思います。

朝霧JAM07
富士山に初雪が降るころにその麓で行われる、地域密着型でエコでナチュラルで、ある意味フジロックよりも感染度の高いフェスがこの<朝霧JAM>。参加アーティスト未発表のまま発売されるチケットは毎年争奪戦となり、宿泊施設などなく基本キャンプとなる。

開催が10月なのでもはや夏フェスというにはちょっと時期がはずれすぎ…しかも富士山の麓の山中なのでとても寒い、しかしとても美しいフェス。参加アーティストも独特です。

【初日】 (Live)
Mad Caddies
Abd Al Malik
Malajube
ハナレグミ
The Bays
The Cornelius Group

(DJ)
Bagdad Cafe The trench town
The Mattson2
The Pnuma Trio
Tom Middleton
Boys Noize
Takkyu Ishino
Hexstatic

【2日目】 (Live)
A Hundred Birds Orchestra
Bettye LaVette
中納良恵
Ozomatli
Soulive
UA

(DJ)
Kicell
Para
Abe Duque
Recloose (DJ Set)
Fridge
Kodama Kazufumi with 1945 a.k.a. Kuranaka
Very Be Careful

アーティストのピックアップは私の独断なのでご了承下さい。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.06 (08 Winter) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。