2011年10月11日

カマソVol.11ご来場ありがとうございました

カマソVol.11にご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。三連休の最終日、カマ騒ぎできてよかったです。遅い時間までおつき合いいただいた方も多々、本当にありがとうございました。セットリストなど後日まとめてupします。

今回のスペシャルディスカウント、11人揃ったらドリンク付でひとり1,000円という超お得なイレブン割、なんと3組もいらっしゃいました!オープン直後からイレブン割+オープン直後にいらっしゃった方を含め40名近くがフロアを埋めるという状態に!想像していた以上の人数で埋められたフロア、まったりとチルな感じでスタートってことにはならず、楽しい誤算!

DJのOpaも参加しているGleeのコーラスサークルのメンバーさんが多数いらしゃっていて、米ドラマ「Glee」に関連するセレクトのときにはステージにあがってパフォーマンスをしてくれました。あれはカマソ側の仕込みではなかったのですよ、なのにすごく盛り上げていただきました。ありがとうございました。

IMG_0371.JPG

今回も特筆すべきはラウドセットの時間、久々の裸体祭りとなりました。狭いフロアにもかかわらず上半身を脱がずにはいられない熱気でモッシュしたりシャウトしたり!DJのYo-skが「これまでで一番激しいセットリストになるかもしれない」と事前に漏らしていたとおり、これが新宿の2丁目でオカマが開催しているイベントとは思えないスラッシュメタルの連打。それにガッツリとレスポンスするフロア!

そしてゲストの2名もカマソのレギュラー陣とは違うテイストのセレクトをしてくれました。Choiの方は実はクラブでの初DJだったのですが、アタマっからぶっ飛ばしてくれて、変化球も入れてくるし、自分のテイストも盛り込んであって、初DJとは思えない充実っぷりでした。カマソで2回目のゲスト参加となったShintaroは、ラウドセットの直後という非常に読みづらいフロアでしたが一気に彼色に転換してくれました。

IMG_0370.JPG

カマソのファイナルとして毎回恒例にしているUnderworldの「Rez/Cowgirl」で締めて今回も終了だったのですが、会場のArcHスタッフの方から「ラストもう1曲いきましょうか!?」と言っていただくほど、最後の最後までフロアの盛況ぶりは衰えていませんでした。お時間に限りがあった方々はもちろん、遅い時間までおつき合いいただいたみなさま、ご来場いただいたすべてのみんなに、本当にありがとうございました。

よかったらまた次回もぜひおつきあいください。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.11 (2011.10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。