2011年08月16日

The Morning Benders/Deerhunterライヴ観覧 @2011/8/15 リキッドルーム

今年はサマソニのチケットが入手不能だったので、直後にリキッドで開催されたThe Morning Benders/Deerhunterの2ヘッドを見に行ってきました。

The Morning Benders ---
結果的に会場の大部分はDeerhunter目当てという雰囲気の熱気でしたが、自分はThe Morning Benders目当て。もともと3月@UNITで予定していたBest Coast/The Morning Bendersのチケットを買いすっっごく楽しみにしていたのだけど、折しも3.11の災害の影響でやむなく中止。ではサマソニでと思ったら前述の通りチケットが買えず。いったい神はアタイにどれだけの試練をあたえるのよーっ!

というわけで、ようやくたどりついたリキッドルーム。The Morning Bendersのなかでもお気に入りはベースのティム・オー君。たぶん女子からもゲイ男子からも人気はなさそうな素朴系メガネ男子なんだけど、そこがイイのw シングル曲のPVと同じ立ち位置を予想してティム君がいるだろうステージ上手側に寄って開演待ち。客電が落ちてExcusesのイントロのギターをバックにメンバーが登場、ボーカルー(クリスくん)、ドラムー(ジュリアンくん)、ギター(ジョンくん、クリスの弟)、、、え?以上?ってベースの人は??

ギャーーー知らなかったのですが、ただいまベースのティム・オーくんはThe Morning Bendersの活動からはずれているらしいのです。なによー!ここまできて、神はアタイにさらなる試練を与えるというのーっ!?というわけで、ステージ上手側は女子人気の高いクリス君のお膝元でしたが、ショックのあまり放心状態のままライヴは終了。



冒頭に「モーニング・ベンダーズです、モーニング?(気を取り直して)僕たちはモーニング・ベンダーズです」という、夜ならではのつかみの自己紹介をしていたこと。新曲を1曲やったけど(サマソニでもやったと言ってた)2ndの曲に比べて雰囲気が変わっていたこと。途中でクリスくんのギターのケーブルが抜けるというアクシデント。やっぱりベースがいないとどこか音圧が物足りないこと。とはいっても3人でがんばっていたこと。そんなライヴでした。



1stからも2ndからもまんべんなく選曲していて、ちょっと雑多感がある感じだったけど全体としてはまったりとしたThe Morning Bendersとしての雰囲気を保っているのかなと思いつつ、そうすると新曲だけがちょっと浮いていた感じのしたステージでした。迷走か、進化か、実力が問われる次回作3rdになりそうです。


Deerhunter
---
セットチェンジでバンドメンバー自身による機材セッティングが終わって一度退けてから、ステージ上で女性の人からバンドからのメッセージが伝えられる「俺たちはロックバンドなので最後まで盛り上がって踊ってロックしてほしい」(的な内容、うる覚え)と。ええーっ、The Morning Bendersのステージが全体的にまーったりとしていたせいですか!?挑発的じゃないすか!?仲悪いんですか!?(実際はどうか知らない)

というわけでDeerhunterですが、スタートと同時に怒濤のバンドサウンドが音量と音圧で圧倒。じつはEPの2曲(Revival/Primitive 3D)しか聴いたことなかったのですが、ライヴではずいぶんと骨太なサウンドを鳴らすんだなーって驚きました。ボーカルのブラッドフォード・コックスのシャウトも鬼気迫るものがあり、ステージから降りてきたりと非常に盛り上がっていた。



最後はギターノイズで終了。少しだけ90年代のグランジ以降の支流の到達した場所を垣間見た気がした。あのころはSonic YouthやNirvanaがいたけど、いまはDeerhunterがいるという解釈でいいのかしら。そしたらDeerhunterのサウンドに熱気を感じて盛り上がるのは自分よりももっと若い世代の人たちに譲るとしよう、と感じたわ。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。