2011年01月11日

Sleigh Bellsライヴ観覧 @2011/1/10(月・祝) 東京 渋谷duo music exchange

Sleigh Bellsの1月10日 渋谷Duo Music Exchangeでのライヴを見に行ってきました。すごい汗かいたわー、そして顔面打撲したの。

2010年にPitchforkやNME、BBCなどから期待の新人として注目されてきたギター&ヴォーカル・デュオのSleigh Bells。その期待を裏切らないだけでなくギターのデレク・ミラーがM.I.A.の3rdアルバムに参加、そしてM.I.A.主催のレーベルからデビューを果たす。注目度が高いうえに評判も上々、と来ればそりゃ東京オンリー1日のみの来日公演は完売必須なんじゃないの!?え?なに?当日券出てんの?直前まで都合が付くかわからず前売りでゲットできなかったので当日券はうれしくもあり、期待しているアーティストなだけにちょっと残念でもあり。

ま、世間でのウケはそんなものなのね。ノイジーで攻撃的なギターリフとポップなメロディを甘美な声の融合が奇跡的な覚醒作用と中毒性をもたらし、ありそうでなかったスタイルはクセになるの。というわけでライヴをとても期待して行ったのだけど…結論から行くとちょっと期待はずれでした。いや、悪くはなかったので期待が大きすぎたってことだと思うわ。オープニングはアルバムのリードでもある「Tell 'Em」から。


Tell 'Em

なんといっても音が小さかった!マーシャルアンプを4x2段積みしているのだけど、とてもとてもそんなボリュームとは思えず。Sun O)))のマーシャル10x3段積みの全台フルボリュームを体験して以来、ちょっとやそっとの音圧には動じなくなったとはいえ、空気を震わすような生音を期待していただけにちょっと残念。やっぱオオキイ方がいいじゃない、ふふふ。

それ以外はヴォーカルの子もかわいかったし、客席(席?)とのコミュニケーションもできていて、ノリよく盛り上がっていたのでいいライヴだったと思うわ。むしろ客側の盛り上がりはもっとあってもよかったんじゃないかと思うぐらい。結局最後の「Crown On The Ground」って曲だけが異様な盛り上がりを見せただけ(そのときに顔面打撲したのよ)。途中でテンションあがってクラウドサーフしようとした子は落下してて痛そうだったー。ていうか、クラウドサーフで落下するってカラダよりもココロが痛いわね、きっと。


Crown On The Ground

とはいえ、シングルヒット的な曲しか知らないけど、アルバムはぜんぜん聞き込んでいないけど、とりあえず来日するならライヴ見ておこうかなーって人がいないと外タレの招聘(ましてやインディ系)は成立しないからね、その辺は不満いえないわ。ステージは30分弱ぐらいで、とてもあっという間に終了。その気にさせといてもう終わったの?って感じ。まだアルバム1枚で、それも全曲で30分ちょっとという短さだからこれはしょうがないわね。オープニングアクトがいるにしてもよく招聘・興行したものだと思うわ。

1stはありそうでなかったスタイルを確立したのだけど、これからどんな2ndアルバムを出してくるか、ライヴの構成をどうやっていくのか(打ち込みでやるのかバンドスタイルになるのか)、これからが正念場よね。今後に期待するわ。次はなにもかも納得のライヴを見せて頂戴っ!




Infinity Guitars


A/B Machines


Rill Rill
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186544926

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。