2010年12月22日

2010年カマソの総括

2010年にVol.10を開催するという野望を達成しました。10回目という節目にあたり盛大な企画をともくろんではいたものの、実際はフツーのカマソとあまり変わらなかったと思います。この脱力感、適当感、場当たり感がカマソの原動力であり魅力でもあるのだろうと…うふふふ。こういう後付け的ないいわけ感も含めて、来年もカマソをよろしくお願いします。

あと、カマソのウェブ、ブログ、ツイッター担当を担わせてもらっている個人的な総括を。2010年はツイッターのおかげで音楽情報の洪水に溺れてしまいました。カマソというイベントをたくさんの人に知ってもらうためにどうしたらいいか試行錯誤なのですが、SNSもブログもツイッターもとなるとすべてに全力を注ぐわけにいかず、どこかちょっと中途半端だったりしました。

そんななかでもツイッターはわりとがんばったと思います。問題はツイッターをやっている自分の趣味のツイートばかりに偏ってしまい、カマソの持っているクロスジャンルでジェンダーレスな全方位的要素がまったく出ていなかったと反省。とはいっても、とりあえずはこの調子でやっていくしかないかなーと思ってます。

ゲイの音楽趣向ってなにか画一的に"歌ものハウス"に収束していくきらいがあると思うの。それはゲイとして出入りする場所で耳にしやすい音だからかもしれない。しかし、ゲイであってもロックが好きな人はたくさんいると思うの、そういった人たちにカマソの存在を届けたくてmixiやBlogやツイッターを来年も続けていくわ。

もちろんノンケ(ストレート)の人も歓迎よ。ぜひカマソに遊びにきてちょうだい。もし身近にゲイやオカマやビアンの友達がいるならカマソのことをそっと伝えてあげてみて。ひとりとひとりがつながったその先にはもっと大きな自由で光り輝くような音楽のつながりがあると思うから。

CDが売れないとか、音楽産業がどうだとか、デジタルリリースはいいだとか悪いだとか、そんなこと言ったってどうにもなりやしないわよ。人の衝動的な音楽による高揚感は誰にもとめられはしないでしょう。2011年もすべての人にとって楽しい1年になりますようにー!

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。