2010年11月02日

男の子はいくつになっても"キッズ"

Twitter(@cummersonic)より。

■The Get Up Kids(@tguk)が2004年以来のアルバム「There Are Rules」を1月にリリース。記事中にトラックリストと昨年のライヴの動画あり。 http://aol.it/b4qxPE (via @SpinnerTweet)
---
なつかしい、ゲット・アップ・キッズ。しかし、メンバーみんな歳とりましたね。バンド名に"キッズ"とか"ボーイズ"という単語が入っていると、相対的に加齢の影響が顕著になりがちだと思うの。ほかにはニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックとかね。


■ブルックリンのカップル・バンド、Matt & Kimの新アルバムより「Wires」のMP3公開。 http://bit.ly/c2HrvW (via @stereogum)
---
この曲のリズムが、Bengaの「Baltimore Clap」 http://bit.ly/bdaRDt とすごーく似てるなと思いました。思ったというか、まんま一緒じゃない。どうゆうことよ。


■日本人ガールズバンドThe Suzanが米Fool's Goldレーベルからリリースする1stアルバムより「Animal」(Miike Snow Cover) http://dlvr.it/7msxF (via @SKoABlog)
---
日本人バンドで海外で評価されるのってこういう感じのが多いわよね。ってイメージがあるわ。(実際は違います、コーネリアスとかトクマルシューゴとか80キッズとかいるしね)


■RT @ro69_jp: 宮嵜広司の「洋楽試聴機荒らし」 「ガービッジは再結成する」。シャーリー・マンソンが明言 http://ro69.jp/blog/miyazaki/42357
---
ガービッジもう一人の中心人物、ブッチ・ヴィグは近頃フー・ファイの次回作プロデュースでニュースに名前が出たばかり。ガービッジもがんばって!シャーリー嬢のひとり妄想ではないことを祈ってるわ。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。