2010年08月10日

サマソニ10 雑感記(2)

サマソニ2010(東京)のカマソ的備忘録として雑感などをしたためておく、其の二です。

8月8日(2日目)、今回は幕張宿泊にしたためずいぶんと移動が楽だったのですが、ホテルは10時に追い出されるので結局朝は寝不足のままでした。日本のホテルのチェックアウト時間はクレイジーです(せめて11時にしましょう)。2日目は昼頃からSufer Bloodをチラ見するつもりが、サイドステージ(メッセ内のお笑い芸人が出演するステージ)でステージ前のシート確保のため見れませんでした。そうです、その後のキュートンが見たかったのです(えぇ、USインディ期待の新人よりパフォーマンス集団キュートンを選びましたとも)。


キュートン
まずは小ネタを立て続けに7本ばかし続けて出しました。それからTVでもおなじみになった(なってない?)ポージングのパフォーマンスが鉄板曲のアジカン「リライト」で行われました。これを座席3列目で見れたの、感涙。あまりの完成度に鳴り止まないアンコール、曲ネタの用意がなく同じくアジカンで再パフォーマンスでしたが、Bコース・ハブとハリウッド・ザ・コシショウが飛び入り参加するというボーナス・コラボが見れました。

キュートン終わりからそそくさとソニックへ行きFanfarloを見てみました。うーん、思っていたよりもカントリー色が強くて、ライヴパフォーマンスとしてはあまり自分好みではなかったです。PVの完成度が高くて映像と曲の雰囲気が見事にマッチしていたので、けっして悪いわけではないのですが、好みの問題と言うことで。早々にステージ移動。


Darwin Deez
この日の自分的にはメインアクトのDarwin Deezで、ステージ前方を陣取ろうと相当早めに行ったのですがすでに本人の声がするじゃないですか!と思ったらご本人自らサウンドチェック中。しかも会場がガラガラ。ガーン、そ、そんなに人気ないのか?と思いましたが、ステージがはじまる頃にはそこそこ埋まっていました、ホッ。

YouTubeでも有名ですが、曲がはじまる前にバンドメンバーでチームダンスをします。それがなにかのついでとは思えないほど、練習をしているだろうというクオリティ!ダンスとしての完成度が高いわけではないけど、そこがまたチャーミング。80sミュージックへの敬愛とインディサウンドの融合はとびきりポップな世界を構築していました。そんなステージの最前列でガッツリと踊り盛り上がっていた子のTシャツは…Linkin Park!ユー、サイコウだぜっ!

1stアルバムは打ち込みメインで構築された宅録クオリティのサウンドで独特の感覚はあったのですがなにぶん音がスカスカ。ライヴではドラムを置いてだいぶ音圧が増していました。ド派手な80年代の映画から飛び出したようなファッションでギターを弾きまくっていた子はどうみても女子にしか見えなかったけど、実は男子だそうです。


The Drums
Darwin Deezと見事にかぶってしまったThe Drums。ちなみに双方は仲の良い友達だそうです。The Drumsは東京単独で見ておいてよかった。後半から見てましたが、噂が先行していたせいでしょうかなんとなく観客の後ろ半分は取り残された感じになっていた気がしました。確かにシングルヒット系の曲以外はとっつきにくさがあるかもしれません。

カマソDJのYo-skもインディ系はそんなに聴かないので、ちょっとどこが評価されているのか初聴ではわからないと言ってました。そういや自分もCD買った時はそうでした。ただ、The Drumsのライヴのできとしてはボリューム感もあり情熱的で、とてもよかったと思います。ラストは「Down By The Water」でしめ。ファンならこの選曲で納得でしょうが、シングル曲しか知らない人はきっとキョトン顔だったことでしょう。


Everything Everything
この日初めての屋外へ、といってもテントになっているアイランドステージへ。このステージもこれまでのカマソ歴で初めて入場しました。観客が、す…少ないっ!そんなに知名度がないのかなーとおもいつつ、ステージに出てきたバンドメンバーはそんなこと気にした風もなく演奏していました。きっととてもいい人柄だと思います。メンバーの名前はみなファミリーネームがEverythingになっています、ラモーンズ形式ですね。

「MY KZ, UR BF」や「Schoolin'」といったネットやEPでおなじみの曲をはじめ、プログレ風味を感じさせる展開にポップなメロディがめまぐるしく地声とファルセットを行き交うスタイル。高い演奏力と歌唱力は確かなモノでした、これでUKの新人なのよ、素晴らしかったわ。

***

メッセに戻るとカマソDJのYo-skと再会、Michael MonroeHoleを見てきたらしい。マイケル・モンローの化粧についてと、コートニー・ラヴのビッチっぷりについて話す。それからシガー・ロスのフロントマンであり、今年ソロアルバムをリリースしてのりにのっているJonsiのステージに。Jonsiはいわずもがなゲイ・アーティストとしてもほぼカミングアウト状態ですし、そういう意味でもカマソ的には応援したくあります。

Jonsiはこれまでの各ライヴの画像・映像を見たところすべてアルバムジャケットで着用していた服で登場、バンドセットもこだわりの雰囲気があり、サマソニでも同様のステージが期待されました。それが見れるだけでとても"ありがたいモノ"として拝まなければと思い、ソニックステージへ。静かなオープニング、粛々とステージあらわれたJonsiはジャケット同じステージ衣装!ははぁ〜、ありがたや〜。

思っていたよりも静かな(だけど力強い)曲が続きます。ステージで唱歌されるお姿は自信に満ちあふれているようでした。相方と一緒に製作して、ほんとにいまはハッピーなのでしょうねー。シングルカットされた「Go Do」、「Animal Arithmetic」までを聴いて、自分はステージを移動。

昨日見れなかったAtari Teenage Riotのステージへ。恥ずかしながら(?)ATRの名前は聞いていたけど未聴のバンドでした。なんでもデジタルハードコアで、MC担当がひとり亡くなってから実質的に活動休止だった状態から復活したんですって?これまたありがたいステージですね。

ATR政治的なメッセージを含んだとてもポリティカルな楽曲だそうです。再活動開始後のインタビューによると、アメリカのCX Kidtronikの加入により彼の歌詞をすべて書き直すことになったと。ATRはドイツのバンドなので、「90年代の統合したばかりのドイツというコンテクストで書かれたものを、その時点では一度もドイツに来たことさえなかったCX・キッドトロニックが歌うのは無理があった」からだそうです。このインタビューは興味深いので、ぜひ→(ソース:http://www.liquidroom.net/interview/410/

というわけで、ATRのステージに途中から参加したら、最前列でカマソDJのYo-skと奇跡の再会。初聴でしたがずいぶんと盛り上がれました。ただ、残念なのは最前列ではまったく音圧が出ていなかったことです。あたりまえでしょうが、PA卓ブース付近で聴いた音が一番アグレッシヴで音圧がありましたが、会場前列での音の薄さとのギャップが大きすぎました。諸事情で最後まで観覧できず、21時前にドロップアウト。とぼとぼと帰路につきました。ベストアクトは人それぞれ。自分は見たステージすべてよかったです。

帰りにツイッターを見ていて、思わずツイートしてしまいましたが、「サマソニに文句つけてやっぱりフジだというツイートと、フジに文句つけてやっぱりサマソニだというツイート、どっちもいい加減にして欲しい。」と思いました。ラインナップに不満があるとしても、貴方ひとりだけのフェスじゃないのだから、と言いたい。とはいえ、今年のフジはああだこうだ、今年のサマソニはああだこうだと言えるのが楽しみなのもまた確か。人を不快にさせない程度に楽しめればなによりです。また来年。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サマソニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。