2010年05月31日

世界のサマーフェス2010

世界的に有名(だと思っている)フェスといえばグラストンベリー、レディング、Vフェス、コーチェラ、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)、サスクワッチなどなど。

今年2010年に、米音楽メディアPitchforkが記事にした『ピッチフォーク的サマーフェス攻略法!』(完全なる意訳です、原題は"Pitchfork Guide to Summer Festivals")によると、紹介されているフェスの数は、な・な・なんと!

180個!

多いよ。すげー多いよ。我らが日本からは「Fuji Rock Festival」と「Summer Sonic」が紹介されていました。この180個のフェスが5月から10月の間に世界中で開催されます。この記事には主な出演者が書かれていて、あくまでもこの記事に載っているアーティストだけを集計すると、このとおり。

ソース:Pitchfork

22回 LCD Soundsystem
16回 Vampire Weekend
16回 Yeasayer
15回 the xx
13回 the National
12回 Beach House
12回 Hot Chip
12回 Pavement
11回 Dirty Projectors
11回 Florence and the Machine
11回 Jonsi
10回 Broken Social Scene
10回 Dizzee Rascal
10回 Massive Attack

以下、9回名前が出ているのがArcade Fire、Caribou、Phoenixでした。8回出ているのはBand of Horses、Bands to be announced、Fucked Up、Girls、Muse、Passion Pit、Spoon、Jay-Z、7回出ているのがModest Mouse、She & Him、Sleigh Bells、the Flaming Lipsと続いていきます。

これだけ世界中でフェスが乱立して、集客力のある大物アーティストは取り合いなんじゃないかといわれるなか、日本のフェスのブッキングも健闘している方ではないでしょうか。世界のフェスはこれから淘汰されていくのではないかという記事もどこかで目にしました。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。