2010年04月12日

「わたしThe Drumsが好きです」という告白

The Drumsについて。音楽誌などでもすっごく評価が高いですよね。ブルックリンを拠点に活動する4人組インディロックの新人バンドです。

昨年2009年にMoshi Moshiレーベルから7曲入りのep「Summertime」(ミニアルバム)をリリース。今年期待のアーティストとして「NME's New Music Tips for 2010」では1位に、「BBC Sound of 2010」で5位に、Pitchforkの「Best Hope for 2010」」でも1位に選ばれました。

20100129002.jpg

英NME誌の「音楽の新しい十年(The new decade in music)」特集の号で表紙を飾るという愛されっぷり。ファッション界からは元Dior hommeのデザイナーのエディ・スリマン、最近はPradaの広告写真に携わりながらロックミュージシャンや若者の写真を撮っているカメラマンでもあります。そのエディの写真ブログにも被写体として登場。

http://www.hedislimane.com/fashiondiary/index.php?id=90

いまCDで入手できるミニアルバム「Summertime」のリードチューンである「Let's Go Surfing」と、ラストの「I Felt Stupid」が良くって、そればっかり聴いて間の5曲は軽く聞き流していました(曲順はMoshi Moshi盤です)。


The Drums - "Let's Go Surfing"


The Drums - "I Felt Stupid"

ところが最近、妙に頭にめぐるのはその中間の5曲のメロディ。ぶっちゃけ演奏は全然上手ではないし、エフェクトも安っぽい音だったりで、好きな曲以外は正直眠いなぁと思っていたのですが、それらを補って余りあるメロディの良さがボディブローのように効いてきました。

シングルヒットというアッパーカットのキレの良さに目を奪われていたのですが、底力があるってことです。ハミングパートの切なさとギターの下手さが余計に哀愁を漂わせてセンチメンタリズム全開です。まさに斜に構えた思春期ロック。

最近ではThe Smithの元メンバー4人のうち3人がロンドンでのライヴを観に来ていたことがニュースになってました。また、Kings of Leonのオープニングアクトを務めることもアナウンスされました。そしていよいよ6月9日にフルレングスのアルバムをリリース、その5日後には来日アクトがあります。

さて、以前もブログに書いたのですが"I Felt Stupid"のPVでは体操着の男子2名がグランドの上で取っ組み合いして、カメラアングルがちょっとイヤらしい。そして近頃The Drumsを被写体にしたデザイナー/カメラマンのエディがゲイであるのはほぼ公然。なので写真のボーイズの絡みっぷりも当然ゲイゲイしさがある。

そんなThe Drumsのライヴ、来日発表時は迷ってましたがこりゃ行くっきゃナイトでござんす。好きよー、愛してるわー(顔じゃないわ、サウンドよ)。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。