2009年12月03日

カマソVol.9 後記

さて、今回のカマソVol.9の企画ものは紆余曲折して決まったんです。Vol.9のプロジェクトスタート時から開催までいきついた企画はなんとバンドだけでした。最初のミーティングではこれだ!って思っていたものもいろいろな理由で変更になったり、ブッキングの関係で諦めざるをえないものもあったり。

音楽イベントでこういった企画ものを打つのは「ちゃんと上手くいくだろうか?」とか「ドン引きされないだろうか?」とか、主催者側の自己満足に陥って会場をしらけさせてしまわないかって不安がいっぱいなんです。そのぶん、お客さんから楽しかったと声をかけられた時は100倍返しぐらいのうれしさです。

自分は企画のときからあれこれ心配してうまくいくだろうかと思い、なにかとほかのスタッフに相談ばかりするタイプです。なので、イベントが終了するとホッと安堵します。ほかのスタッフはというと、開催当日までどーんと構えて(いるように見える)、当日もあっけらかんと企画を回して、すべて無事に終わったら感
涙してました。そしてその両者を上手にとりまとめて相談にのってくれたり、一緒に泣いてくれるスタッフがいます。

誰かが誰かを補ってカマソやってます。そんなカマソが誰かと誰かを繋げていけてたら嬉しい限りです。みなさん、またカマソでお会いしましょう。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。