2008年11月17日

カマソVol.7 終了

土曜の夜、カマソにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

昼間は雨がぱらついて正直どうしましょって思ったけど、夕方には雨もあがってよかったわ。オールナイト開催、2フロア構成、ミニライブ、アナゲイ(Anarchy in the YOU GAY!)とのコラボと、初めてづくしのカマソでしたが、いかがだったでしょうか?

久々のDJバトルですがこれまで2人のDJで行っていたバトルを3人で、"3人組アーティスト"を特集してのバトル。気がついたらフロアはお客さんでいっぱいで、そして予想以上に盛り上がりました!事前のリーク情報から予想できたとおり、Perfume vs Green Day vs The Alfeeでの対決でした。

旬なPerfumeに定番なGreen Dayに対してThe Alfeeがどれぐらい対抗できるか少し心配していたけど、それは取り越し苦労だったみたい。みんなで「メリーアン!」って叫ぶ姿、よかったわー。Perfumeでは(一部の)DJだけでなくフロアにもフリを覚えている人がいて、結局最後はステージにあがってもらって一緒に踊ったわね、ありがと。

当日はハコ側の都合で入りが遅れ、準備がバタバタになり結局10分おしてのスタートだったんです。予定していたDJには都合のためギリギリでの到着(全盛期の和泉元彌みたいね)のDJもいて、その後も2フロア構成のせいかスタッフ&DJもあっち行ったりこっち行ったりで、終始落ち着かない感じでした。

そんななか深夜3時を過ぎたころ、メインではDeep Purpleから始まり音量全開のロックでラウドなセットがスタート、一方ラウンジでは「カマーディスコ」と称して70-80年代のディスコ・クラシックから(90年代はちょっととばして)2000年以降〜最近のカマーソングを特集。この時間帯、カマソでセレクトされる曲のジャンルで一番振り幅の大きいセットリストが同時進行、これも2フロアならでわの光景だったわ。そしてうれしいことに両フロアとも大盛況となり、まさにカマソの醍醐味だったと思います。

明け方から最後のグランドフィナーレまでおつきあいいただいたみなさま、おつかれさまでした。ラストはやってるほうもクタクタになってしまい、曲を間違えたりしていろいろとごめんなさい。反省することはもちろん多々ありましたが、新しい試みから得た発見や結果をフィードバックして、改善するとともに次回カマソがより発展して、パワーアップしてお届けできるようにがんばります。

最後に改めて、お越しいただいたみなさんホントにありがとうございました。

 




posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。