2011年12月21日

ベスト・オブ(2011) その1 - Best Album

カマソやってます、Ryow*です。今年2011年の個人的なベスト・オブを選出。僕がどんな音楽が好きかを紐解く一助ってことで見てもらえたらありがたいです。そしてなにかピンときた!と思ったら次回カマソに遊びに来て下さーい。

Best Album - ベストアルバム
1. Holy Ghost! / Holy Ghost!
2. Bon Iver / Bon Iver
3. Torches / Foster The People

自分が年間に買うアルバムはそんなに多くないので、購入したモノはすべて自分の中の「ベスト・オブ」になっているのですが、あえて選んだこの3枚。ボンとフォスターは2011年の"ありきたり"なセレクトだと思います。アルバムは捨て曲なしで最初から最後まで一気に駆けぬけるように聞き込めて、全曲リピートを何回繰り返しても新鮮な楽しみがあるものが好みです。


Holy Ghost! / Holy Ghost!
(2011, 4AD)
2011122201.jpg
Holy Ghost!は80年代のサウンドが好きな人にはぜひ聴いていただきたい一品、あのころのテイストを心地よく再現していながら2011年的な仕上がり(よくわかりませんけど)になっていると思います。Friendly Firesも新作「Para」ではディスコテイストを加えるため一部の曲のサウンドプロダクションでHoly Ghost!に参加してもらった、というところから聴いてみるのもいいですよね。とにかくなにからなにまでツボに入りすぎてべた褒めの1枚でした。


"Wait & See" / Holy Ghost!


"Hold On" / Holy Ghost!


"It's Not Over" / Holy Ghost!


Bon Iver / Bon Iver
(2011, Jagjaguwar)
2011122202.jpg
ボンは初聴してバビューンと気に入りました。やはりポストロック的なアプローチに旋律がからむ感じの作風には弱いみたいです。1stは聴いてないのですが、その制作エピソードが彼女にフラれて落ち込んでるときに小屋に籠もって一人で多重録音しまくった(だいぶ端折ってますが)というしみったれた感じも好感が持てます。そしてこれは2ndになるのにグラミーでは新人賞にノミネートされているし。最近はフィットネスDVDに出演したり、どうなるのでしょうか。そういう意味でも目が離せません。


"Perth" / Bon Iver


"Minnesota, WI" / Bon Iver


"Holocene" / Bon Iver


Toaches / Foster The People
(2011, Startime/Columbia)
2011122203.jpg
フォスターはじわじわきた感じでした。シングル「Pumped Up Kicks」を最初に聴いたときは「ふーん」ってスルー気味だったのですが、HTEというパーティでセレクトされて、スピーカーからデカい音量で流れたときの心地よさといったら!どんどん脳内でリピートしていきました(ディラン効果というやつですか)。アルバムも一聴しただけではよくわからず、繰り返し聞いていくウチに高い中毒性に襲われました。とどめはライヴの動画を見て、その再現性の高さと2010年以降のグルーヴ感(これもよくわかりませんけど)にやられてKOです。2010年の来日ライヴ行きます!


"Helena Beat" / Foster The People


"Pumped Up Kicks" / Foster The People


"I Would Do Anything For You" / Foster The People


捨て曲が(ほとんど)ないというところでは
Wasting Light / Foo Fighters
Pala / Friendly Fires
Cults / Cults

などもだいぶ聴きました。自分的にはよいアルバムに恵まれた1年だったと思います。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Best of | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。