2010年07月30日

ハイレゾリューションという研究

先日、ワールドビジネスサテライトというニュース番組で音楽産業に関する特集をやっていました。ビジネスモデルが崩れるだの違法ダウンロードがどうだの云々の部分はさておき、CD音質についての研究でおもしろい話がありました。

ビクターが大学と共同で「ハイレゾリューション」という音楽の研究を行っているそうです。これはCDの約7倍の情報量で構成される高音質な音楽データをDVDに収録しているそうです。これを普通のCDと聞き比べても、耳で聴いただけでは判別できないそうです。

しかし、脳の活動を調べるとノーマルCDとハイレゾリューションとで反応に違いがあるそうです。ハイレゾリューションの方は側頭葉と前頭葉で活性化が見られ、脳や心により強く働きかけているのではないかと研究を続けているそうです。

CDから携帯プレーヤーに取り込まれた音源は圧縮され、音の情報量はずいぶんと削られたモノです。ハイレゾリューションの研究結果が有意なものなら、いまの圧縮音源では音楽が心に響きづらいということになるのかも!?

ハイレゾリューションの研究において、ハイレゾリューション>CDと語られていましたが、CD>mp3等なのか、CD=mp3等なのか、そこは言及されていませんでした。mp3だろうがCDだろうが、心に響く曲は響くと思いますけどねぇ。

しかし、圧縮などにより失われた音成分になんらかの効果があるとすれば、CDが出た当初に言われていた「アナログ盤の方が音に厚みがある、低音が違う 等々」といわれていた話はホントだったのかもしれません。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

2010年上半期で購入したCDたち。

2010年上半期で購入したCDたち。これ、イコール自分的上半期のベストディスクになります。自分はたいした量の音楽を聴いてるわけでもなく、購入に至ったCDやレコードはすべてベストディスクになるので、わかりやすくていいです。

(アーティスト名のアルファベット順)
The Apples in Stereo / "Travellers In Space And Time"
Broken Bells / "Broken Bells"
Charlotte Gainsbourg / "IRM"
Darwin Deez / "Darwin Deez"
Delphic / "Acolyte"
The Drums / "Summertime!"
The Drums / "The Drums"
Gold Panda / "Companion"
Jonsi / "Go"
MGMT / "Congratulation"
Sleigh Bells / "Treats"
Two Door Cinema Club / "Tourist History"
Washed Out / "Life Of Leisure"

それと、最近の雑感を散文的に。

Arcade Fires|これまでライヴの動画をYouTubeでちょっと見たぐらいだったけど、新作の曲が公開されるにつれて、今回のアルバムはちゃんと聴いてみようかなーという気持ちが高まってます。音的にはこれまで聞いてないのが不思議なほど自分好みなので。

Best Coast|メディアでいいよ!いいよ!と言われまくってるので、もはや正常な判断ができていません。これまでのシングルでかなりツボってる曲があるものの、1stアルバムには収録されていないというのが悩みどころ。そのうち1曲はボーナストラックになるみたいですが。既発のシングルをCDでリイシューした盤も出して欲しいです。

Dum Dum Girl|初聴のときは「うーん、いまいち」と思っていたのだけど、「Bhang Bhang...」という曲を聴いてかなりイケてることにようやく気づいた。しかし、あのガレージサウンドをアルバム通して最後まで聴き通せるかが不安。

The Like|シングルだったのかな?「He's Not A Boy」がすっっっごくラブリーで、こりゃアルバムも期待度高まりますよ!と思い店頭で試聴したけど、購入見送り。なんか、全編あの調子(マーク・ロンソン節?)だと飽きそうな感じがして。iTunesで1曲買いしようかしら。

The Pains Of Being Pure At Heat|5月のシングルがかなりよかったです。ヘロヘロだった演奏力もアップしてきているようですが、アルバムのリリース予定がいっこうに聞こえてこない。ペインズちゃん達、いったいどうなのよ?

School of Seven Bells|アルバムのリードシングルがとってもよかった。しかしアルバムの購入には至らなかったので、下半期に買うかどうかもう一度じっくり悩んでみようと思います。なんか"あと一押し"が足りない感じなのよねー。

Wavves|こちらも先行シングルがかなりノリノリでよかった。いままで名前すら知らなかったのが不思議だったのです。アルバムの全曲試聴をざっと流し聴きしたのだけど、これまた"あと一押し"がないの。聞き込むとよくなるのかなぁ。ラフ・トレードがTwitterでかなりいいよ!とツイートしていたのを信じるか!?

梅雨明けしたと思ったら一気に夏ねー。来週末はフジロック(行かないけど)!一時は行く方向で検討していたものの、結局フジロック期間に(断れない類の)仕事が入ってしまい、結果的には断念しといて良かったかしら。2010年の夏はいまのところひたすら熱いからフェスで熱中症に要注意ね。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

The Drumsの「Let's Go Surfing」の歌詞の意味

The Drumsの歌詞について、あんなこと(6/14のブログ)や、こんなこと(6/15のブログ)を想像に任せて好き勝手に書きましたが、メンバー本人がネタバレした記事が出ました。NMEから。そして日本語訳でどうぞ。



“レッツ・ゴー・サーフィン”は実際に海に行った体験ではなくて、



オバマ大統領がインスピレーションとなった曲だ



(ソース:NMEのRO69による翻訳記事



というわけで、リンク先の記事を読めば一目瞭然のとおり、2番の歌詞の意味がそのままズバリと言い表しているのであります。「大きな家に引っ越してきた彼」とは、「ホワイトハウスにやってきたオバマさん」ってことだったと。

えぇ、えぇ、オバマさんに恋なんてしないわ、きゃっ!
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

サマソニ2010 タイムテーブル発表

サマソニのタイムテーブルが発表されました。見たいアーティストがかぶったりしなかったでしょうか?自分も2日間とも参加なのでざっと眺めましたが、東京の2日目でDarwin Deezを最後まで観ているとThe Drumsに間に合わないってことぐらいでしょうか。ちょうどThe Drumsは単独で観たところなのでよかった。

あとは東京初日のオフスプリングとA-haとタヒチ80が微妙にかぶっているところがとても悩ましいのです。好きなのはタヒチ80(Twitterでフォローもしてくれてるの)ですが、観たことないのはA-ha(しかもこれが最後で解散よ)だし、オフスプリングも年齢的に日本で元気な姿が見れるのはそろそろかなぁ(Vo.のデクスターはもう45歳なの)とも思う。

まとめると、基本的に(東京の)ソニックステージ張り付きになりそうです。プラス観たいバンドが他のステージならば移動する感じで。

みなも、悩んで。

サマソニ|http://www.summersonic.com/
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サマソニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

映画『告白』大ヒット上映中!だそうです。

映画「告白」が大ヒット上映中だそうで、もう先月のことなのですが例外に漏れず観てまいりました。音楽的には日本の映画で初めてらしいのですが、Radioheadの曲がサントラに使用されてニュースになってたことが記憶に新しいです。曲は「Last Flowers」です。けっこう印象的なシーンで使われていました。

1. 渋谷 毅(arranged by Gabriele Roberto) / Milk
2. Radiohead / Last Flowers
3. Boris / 虹が始まるとき
4. cokiyu / Gloomy
5. 渋谷慶一郎 / Piano Concerto No.5 (J.S.Bach)
6. Boris / My Machine
7. AKB48 / RIVER
8. Boris / 断片-Bit-
9. PoPoyans / When the owl sleeps
10. やくしまるえつこ&永井聖一 / The Meeting Place
11. The xx / Fantasy
12. Boris / にじむ残像
13. cokiyu / See the sun
14. Curly Giraffe / Peculiarities
15. Y.S. & The Sunshine Band / That's The Way (I Like It)
16. Boris / Feedbacker
17. Choir / Long long Ago (イギリス民謡)
18. Boris / 決別
19. 渋谷慶一郎 / Largo (G.Hendel)

Radioheadのほかにポイントとして印象残ったのはAKB48の曲と、ファンクなディスコサウンドの「That's The Way (I Like It)」でした。後者は劇中で出演者にも歌わせていましたしね。ほかにThe xxなど旬なところもセレクトされています。

そして全編を通じてはやはりBorisの曲がはまっていたと思います。Borisは日本のストーナーロック系のバンドです。アメリカからSunn O)))が来日したときにライヴでみたことがあります。なんというか、暗く重い音がズゴォォォォォォォォと響く感じです。

サントラ盤ではそんなBorisの曲でAKB48の曲が前後を挟まれています。

 6. Boris / My Machine
 7. AKB48 / RIVER
 8. Boris / 断片-Bit-

なぜにこの曲順っ!

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。