2010年06月23日

テクノロジーがいまの音楽業界を牽引しているのでしょうか?

自宅でメールを読むためだけに、音楽を流すためだけに、パソコンを起動するのはとても面倒で大げさ、かといって携帯やiPhoneの画面だと小さすぎる。そこでiPadのような画面サイズと起動速度(正確には画面ロックからの復帰)で「なにか」を操作するというデバイスには注目です。今後出てくるであろうiPadに似た製品を含めて、iPad的なデバイスが音楽や動画やネットやメールのインターフェースになっていくのだと思っています。

さらに、NMEの記事の日本語訳によると『グーグルが携帯電話で遠隔操作する新型音楽サービスを企画中?』だそうです(ソース:ro69.jp)。グーグルのアンドロイドOSを使った携帯で、自宅のMacやパソコンに入っている音楽ファイルをストリーミング再生するようなものではないかという話でした。アンドロイドOSなので携帯に限らずiPad的デバイスも視野に入りそうです。

一方、iTunesとiPod/iPhoneファミリーで音楽マーケットに変革をもたらしたApple社も2009年末に音楽ストリーミングサービス「Lala」を買収しています(ソース:CNet)。人材目当てといわれていますが、Lalaのサービスを読む限り、前述のグーグルのニュースのようなサービスも可能のように思われます。

自宅または世界のどこかのサーバにおいてある音楽ファイルを携帯やiPod、iPadのようなデバイスで再生することは、いま流行りのクラウド的でもあります。ネットに繋がってさえいれば自分の音楽ファイルをいろんな場所で再生できる時代が近づいているようです。

著作権のこと、音楽ビジネス/マーケット、アーティスト、リスナー、いろいろな人や物事のしがらみをかかえながら、テクノロジーが牽引して行ってる感じです。トム・ヨークの語っていた「音楽業界の体制が完全に破産するまであと数年というより、あと数ヶ月という問題なのです」(参照)というのもあながち…。とはいえ、破産ではなく変革となって欲しいです。そしてアーティストとリスナーを置いてけぼりにしないように。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

The Drums東京オンリー1dayに行ってきました

The Drums東京オンリー1dayでライヴありました!場所は渋谷Duo Music Exchange、キャパ800名でソールドアウトの満員、フロアでソフバン電波入らずっ!

サマソニにも出演するので(ライヴ前に本人リークあり、ライヴ後にサマソニ公式発表あり)、単独ライヴは別に行かなくても良かったかなーなんて思っていましたが、結果から言うと単独ライヴで観ることができて相当良かったです。

セットリスト:
01. It Will All End in Tears
02. Best Friend
03. Submarine
04. I Felt Stupid
05. Book of Stories
06. Make You Mine
07. Don't Be a Jerk, Johnny
08. I Need Fun in My Life
09. Me and the Moon
10. Let's Go Surfing
11. Saddest Summer

Encore:
12. Skippin' Town
13. Down by the Water
14. Forever and Ever Amen

約15分遅れて始まり、1回こっきりのアンコールをいれても約1時間という短いギグでした。

既発のEPはともかく、フルアルバムでもサウンドクオリティが低かったので、ライヴではどうなるかと思っていましたが、実際のライヴでの音はアルバムとは比べものにならないぐらい迫力があり、ヴォーカルも力強く驚きました。

演奏部隊について。なんと、The Drumsはベースがいないんですよね。ギター2本とドラムとシンセの打ち込み。なので音圧は基本スッカスカですし、演奏していない音がシンセ以外にも鳴っています。US、UKでライヴの場数は踏んでいると思いますが、ギターがミスするとよく目立ちます(音数少ないし)。

ヴォーカルも1曲で入り方を間違ったのはご愛敬。あとは曲頭でキーがうまく取れなかった曲があったのも、ご愛敬。ヴォーカルのジョナサンが「Best Friend」などのビデオでみせていた奇妙な動き(ダンス?)も披露。それだけでなく、全体としてのパフォーマンスもよかったと思います。

演奏のミスにも動じず、観客を煽るパフォーマンスや、レコードの印象と違い力強いパフォーマンスといい、ライヴバンドとしての魅力も大きいなぁと感じました。個人的に、しばらくライヴ観覧から遠ざかっていましたが、ステージもフロアも一体になって盛り上がるライヴっていうのはやっぱり楽しかったです。

そして「Let's Go Surfing」の2番からサビにかけては泣きそうになりました(ちょうど歌詞読んでいろいろ妄想していた直後だったので)。ただ、あのノリノリの状況で涙なんて流したら周囲から確実に「変態」という目で見られると思い、涙はこらえましたわ(あたくし女優ですから)。

サマソニなどだとシングル曲でだけ妙な盛り上がり(ただのお祭り屋好きが騒いでるだけ?)をみせることが多いかなと思います。それはそれで悪くはないのだけど。今回はEPの曲でもアルバムの曲でもそれぞれで盛り上がっていて、やっぱ単独ライヴはそれなりに価値あるモノでした(時間的にはほんの1時間でしたけど)。

インディからあっちゅー間に世界で売れ出すと言えばNirvanaですが、「Let's Go Surfing」が10年代における「Smells Like Teen Spirit」にならないで欲しいなぁ、と思いました。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

The Drumsデビュー盤でキュンキュンしちゃう

インディ界隈で話題をかっさらいまくっているThe Drumsですが、待望の1stアルバムを聴き、東京オンリー1dayのライヴにも行ってきました。ちょっと長くなったので、まずはアルバムを聴いた感想です。

moshimoshiから出ていた「Summertime EP」の流れを完全に受け継いでいて、そうとうヘボい内容になってます。セルフ・プロデュースのため、サウンドもEPのときと変わらず(むしろ悪くなってるモノもある!?)。で、初聴の感想は…「へっ、下手っ!」というぐらい、通常ならミスとして録りなおすであろう部分もそのまま使っています。それも「味」ってものなのでしょう。

「Summertime EP」もそうでしたが、ここであきらめてはダメです(註・別窓)。ここから良くなっていくのがThe Drumsです。きっと名前先行でアルバム購入すると「なんじゃこりゃー」と思う人もいるかと思います。もちろん第一印象で「だめだこりゃ」でもいいのだけど、聞き込むほどになぜか滲みてくるので、トータルタイムも短いし、まずは5〜6回ぐらいはリピートがおすすめです。

歌詞を読むと、もうキュンキュンきます。基本的にほとんど全部ラブソングで、それもわりと不幸な感じ。片思いだとか、嫌われちゃったとか、凹んで鬱に入りそうな話なのに明るくキャッチーなメロディーが、逆にセンチメンタリズムを加速させます。

また、歌詞に出てくる1・2人称は男女の性別が特定できず、詩をゲイ・フレンドリーな内容だと勝手に妄想すると、キュン度はさらにアップ。愛情のたとえが世界中の星や花を持ち出したり(6. Forever And Ever Amen)、または月で例えたり(Me And The Moon)、なんともロマンティック。

こりゃもう、ライヴは涙なしでは見れないんじゃなかろうか。というぐらいに、愛や恋の思春期的やるせなさ度キュンキュン系がぎっしり詰まったアルバムだと言っていいです!ちなみに、邦盤にはボーナストラック3曲が入っています。これらがまたどうしようもないくらいデモ級のサウンド・クオリティ。だけどお得なので邦盤が吉かと。

20100615001.jpg
The Drums (self-titled) (2010)
The Drums

ノリノリなのは:2, 3
滲みるのは:1, 4, 5
がんばってます:9, 10

1. Best Friend
2. Me and the Moon
3. Let's Go Surfing
4. Book of Stories
5. Skippin' Town
6. Forever and Ever Amen
7. Down By The Water
8. It Will All End in Tears
9. We Tried
10. I Need Fun in my Life
11. I'll Never Drop My Sword
12. The Future
13. Baby That's Not The Point (ボーナストラック)
14. You're the One That Makes Me Happy (ボーナストラック)
15. Instruct Me (ボーナストラック)

後半のサウンドメイキングが甘いので魅力が100%出ていないのですが、それでもメロディは秀逸なものがあります。後半も愛してあげたいっ。ボーナスはほんとにオマケって感じでした。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ジョナサン・ピアース、あなたってドッチなのよ?

The Drumsの動画や画像などを見ていて最近思ったのは…ジョナサン・ピアース(Vo.)って、コッチの人かしら?ってこと。つまり、ゲイなんじゃないかなーってこと。ストレートの人たちにはわからないかもしれないけど、ゲイである僕らは独特のアンテナ感覚で同じゲイを見分けることがある、そんなアンテナにThe Drumsのジョナサンが少しひっかかったのよねー。

もともと「Let's Go Surfing」のキャッチーさに惹かれたのだけど、もう1枚のシングル「I Felt Stupid」のビデオは期せずして”青春やるせない系のゲイ・ボーイズ・テイスト”が全編にちりばめられていてビックリ。そのときは、まぁビデオのクリエイターの意向でこういいう仕上がりになることもあるよねー、程度の感じだった。



ほどなくして、元Dior hommeのデザイナー/カメラマンのエディ・スリマンが彼らThe Drumsを撮り下ろし。このエディは才能溢れるほぼ公然とゲイと言われてるお方。そんなエディに写真を撮られたと聞いたときも「(音楽性と見た目のどちらかはわからないけど)エディの好みのタイプだったのかしらねー」という感じ。

20100614001.jpg
Hedi Slimane | Fashion Diary より

ところが最近、ライヴでの動きや手の角度(笑)なんかを見ていて、ジョナサンって微妙にゲイっぽくない??と思ったの。そしたらゲイ系のメディア「TNG」で"Queerest Indie Songs of 2009"という記事がネットにあり、そこで紹介されてるThe Drumsのところで"gay lead singer Jonathan Pierce creates a world where the sun always shines"(ゲイのリードシンガー、ジョナサン・ピアースが作り出す、いつも太陽が輝いているような世界)とその音楽が表現されてたの。(ソース:TNG

さらに英語での"おしえて"系のサイトでは、以前「あなたはゲイなのか」の質問に対して彼は"i'm dont jumping to any conclusion; just trying to find an answer"(結論にはすぐ至らない、答えを探そうとしている)と答えたとありました(ソース不明)。しかし、なんとも微妙な内容。

でもね、この話は偏見でも、噂を煽りたててるって話じゃないの(だってあたしらもゲイなんだからそんなことしたって意味ないでしょ)。だた、The Drumsのコンポーザーである彼がゲイだとすると、その歌詞やサウンドに込められた意味が変わってくるんじゃないかなーってこと。

ヒット曲「Let's Go Surfing」で

Oh momma, I wanna go surfin'
Oh momma, I don't care about nothing
ママー、サーフィンに行きたいよ−。
ママー、ほかのことなんてどうだっていいじゃない。

と歌う彼ら。サーフィンしたいだけの能天気な曲だと評することが多いですが、ホントにそうなのでしょうか?それにしては、あの曲はすこし切なすぎるメロディだと思うの。なにしろ、同曲の2番では「街に新しく引っ越してきた子、彼のおかげで絶望的だった僕のなにもかもがマシになった」的な歌詞はどうなのかしら?これも"能天気にサーフィンしたい子の話"で片付けられるっていうのかしらね。

兎に角、ジョナサンがゲイだろうと、そうでなかろうと、他の曲も含めてThe Drumsの音楽の表面上の簡略さにとらわれず、どんなに明るくキャッチーな曲でも必ずどこかに散りばめられている"切なさ"の部分を感じ取って、そして掘り下げることができれば、あのヘロヘロのサウンドもより深く心に刺さるんじゃないかなーと思ったわけ。

なんだかんだいって、訳知り顔でレビューするより楽しんじゃえばいいじゃNight!ってことで、そんなThe Drumsの今夜のライヴで、生のジョナサンを拝んできます!
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

イスラエルの音楽フェスにまつわる話

世界各地で開催されている晩春〜夏秋にかけての音楽フェスですが、イスラエルのテルアビブでも6月5日(土)と9日(水)に「Pic.Nic music festival」が予定されていました。なぜに土曜と水曜の開催?というツッコミはおいといて。

6/8に英NMEでPixiesが6/9のイスラエルのフェスをキャンセルしたとの記事(ソース:NME)。おいおい、前日のドタキャンですか?って話ですが、記事によるとすでにElvis Costello、Klaxons、Gorillaz Sound System(Gorillazのことか?)が先だってキャンセルしていたとのこと。

日本では政局W辞任前後で大きく報道されなかったかも知れませんが、5/31にイスラエル軍が同国と対立関係にあるパレスチナ自治区のガザに向かった支援船を急襲、その結果10人以上の死者を出しました。続いて6/5にもパレスチナ自治区ガザに接近した新たな支援船を拿捕(だほ)したことがイスラエル軍により明らかにされました。

ということがあり、いくつかのアーティストがイスラエル入りをキャンセルしたようです。ちなみに、6/5はEditorsやPlaceboがステージに立ったようですし、6/9も(記事の時点では)Elton JohnやRod Stewartは予定通りだったようです。

ガザ支援船の拿捕にともなうボイコットなのか、そういう事情で安全性の確保が難しくなったためのキャンセルなのか、各アーティストで理由はあるのでしょうが(そこまでは確認していません)、なんにせよ微妙な間柄にある政治と音楽。

音楽で政治に訴えることは過去にもあり、民意を主張するひとつの手段になるのかも知れません。今回のキャンセル劇もそのようなことのひとつだと思います。しかし、逆に音楽が政治の道具に使われることはあって欲しくないものです。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

HMV渋谷が8月に閉鎖するんですって!

日経新聞の記事にもなっていましたが、HMV渋谷が2010年の8月に閉鎖となるそうです。このところHMVは数寄屋橋店、銀座店、新宿タイムズスクエア店と閉店ラッシュだったようです。ここで渋谷店の閉店が少し大きく取り扱われているポイントは:

・日本第1号店だった
・全国55店舗のうち最大の売り場面積だった
・渋谷系の情報発信地だった

僕の周りだけでしょうか?「タワレコよりHMVがいい」という人もいます(不思議とその逆は聞いたことがないです)。渋谷系が盛り上がっていた頃、当時人気が爆発したミスチルはいろんなチャートで売上1位を記録する中、(現在の地に移転する前の)HMV渋谷ではそのミスチルを退けてBeckが売上1位になったというエピソードがありました(1996年6月のミスチル「深海」とBeck「Odelay」)。

そんなにCD販売は不振なのですね。時期を同じくして、イギリスの高校生向け教科書でトム・ヨークのインタビューが採用されたそうです。社会生活で直面する内容をテーマにした内容らしいのですが、そこでトム・ヨークは現在の音楽業界の構造について語っているそうです。

英NMEの記事なのですが、ロッキング・オンのウェブサイトの翻訳記事から引用します。

「もう本当に時間の問題なのです」とトムは語っている。「音楽業界の体制が完全に破産するまであと数年というより、あと数ヶ月という問題なのです」。

若いミュージシャン志望者に対して、トムは「沈み始めている船」に乗船するような真似をしてはいけないと促している。それに、音楽業界が崩壊したところで「世の中にとってはなんの痛手にもならない」と説明してる。

ソース:RO69(ニュース)

大手メジャーレーベルとミュージシャンの間の話と思われますが、音楽業界が崩壊するとなればメジャーレーベルが行っているCD流通構造が影響を受け、ひいては音楽ソフトの小売りにまで波及することでしょう。

音楽業界だけでなく書籍業界と流通業界を含めた、Google、Amazon、Appleなどによる新しい市場の創出などが関連して変化していくのだろう想像しています。この10年でずいぶん変化したというのに、次の10年でも(もしかしたら飛躍的に)変化していくのかもしれません。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

サマソニ10 ラインナップ発表(11)

サマソニ2010の出演者第11弾が発表されました。

クラムボン
ET-KING

東京のBeach Stage(8月7日)に登場。この時期になるとラインナップも落ち着き、もうそれほど電撃的なブッキングは発表されませんね。そして今回も東京オンリーとなっているとおり、東と西で(どちらが良くてどちらが悪いとはいいませんが)ラインナップの差が。

そんななか、いま米英ともに売れている新人バンドThe Drumsのオフィシャルサイトのツアー日程で…

Aug 8     Summer Sonic     Tokyo, Japan
Aug 7     Summer Sonic     Osaka, Japan

おぉ、サマソニ公式発表はまだされていないので、本人リークってヤツですね。The Drumsは新人バンドではあるけどBBCやPitchforkなど各音楽系メディアで2010年注目のバンドに選ばれ、米英でライヴはのきなみソールドアウト、英ではThe Smithの元メンバーも観に来たとか、とにかく注目のブッキングなわけです。しかも東京・大阪ともに出演。

これが本当ならサマソニ、グッジョブですっ!間違っても誤報じゃなく、サマソニから正式発表されることを待ちます。

サマソニ|http://www.summersonic.com/
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

東京周辺の主なライブスペースの収容人数

東京を中心にライブスペースの収容人数をリストアップしてみました。収容人数の少ない方から順に並べてみるとこのとおり。

■1000人以下
Shibuya O-WEST 500人
代官山UNIT 600人
CLUB QUATTRO 800人

■1000-2000人
DUO Music Exchange 1,100人
Shibuya O-EAST 1,200人
赤坂BLITZ 1,200人
CLUB CITTA' 川崎 1,300人
SHIBUYA-AX 1,500人

■2000-3000人
中野サンプラザ 2,222人
渋谷公会堂 2,318人
新木場STUDIO COAST 2,402人
Zepp Tokyo 2,709人

■3000-10000人
渋谷NHKホール 3,677人
東京国際フォーラム ホールA 5,012人

■1万人以上
横浜アリーナ 13,443人
代々木競技場第一体育館 13,753人
日本武道館 14,951人

■3万人以上
さいたまスーパーアリーナ 37,000人
東京ドーム 55,000人

座席の使い方で多少変わると思いますが、だいたいの数字をつかむってことで。

来日アーティストではよく使われていると思うAX/O-EAST/DUOなどで千人強なんですね。それよりもちょっと多くの集客が見込めるとお台場エリアのZeppに、なおかつファン熱が高いアーティストは新木場のSTUDIO COASTかしら。Zeppは「ライブ見に行って帰りにお台場でごはん食べて帰ろうよ」的なのがあるけど、新木場エリアは商業施設がほかにないから、よりファン度が高いという勝手な想像です。

1万人以上になるともう音楽専用の施設ではなくなり、音が悪いだのなんだのって言われますが、人が集まっちゃう以上しょうがないですね。集客数を主な目的にしているイベントは別として、音にこだわりのあるアーティストとしては悩みどこですね。武道館だけは意外と音がイイという話もありますが。

こうやって数字を見るとやはり東京ドームを埋めるアーティストってのは凄いですね。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

フジロック10 ラインナップ発表(7)

フジロック2010の出演者第7弾が発表されました。ステージ割りも発表されているので、公式サイトをチェック。

7月30日(金)
ザ・エックス・エックス
テイラー・ホーキンス & ザ・コートテイル・ライダーズ
MUSTANG
iLL
OVALL+45TRIO+CONGUERO TRES FOOFERS

7月31日(土)
スペシャル・ゲストとしてクリス・カニンガム
ワン・デイ・アズ・ア・ライオン
サード・アイ・ブラインド
ヴァットウ・ニグロ
bloodthirsty butchers
PONTIACS
LITE
イワン・スマッジ
ナラシラト・パン・ピパーズ

8月1日(日)
ホース・ミート・ディスコ
ラスマス・フェイバー
NARUYOSHI KIKUCHI DUB SEXTET

いまが旬なThe XXをブッキングしてきました。

その他、フーファイのギタリストのソロユニットバンド(テイラー・ホーキンス & ザ・コートテイル・ライダーズ)、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのザックと元マーズ・ヴォルタの人のユニット(ワン・デイ・アズ・ア・ライオン)、元マーズ・ヴォルタのベーシストのユニット(ヴァットウ・ニグロ)といったラインナップ。

iLL、Ovall、bloodthirsty butchersといった日本勢に、イワン・スマッジやホース・ミート・ディスコなどのダンス系と幅広いラインナップで拡充の第7弾発表でした。

FRF10|http://www.fujirockfestival.com/
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フジロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。