2009年10月29日

カマソVol.9のフライヤー、新宿エリアで展開中!

カマソVol.9のフライヤーを置いていただきました。
ありがとうございました!(敬称略・順不同です、ご了承ください)

【CD・レコード店】
タワーレコード (新宿店・渋谷店)
 http://www.towerrecords.co.jp/
ディスクユニオン 新宿本館
 http://diskunion.net/
HMV 新宿タカシマヤタイムズスクエア
 http://www.hmv.co.jp/


【クラブ】
新宿 Club Acid
 http://www.acid.jp/
新宿 Rolling Stone
 http://www.rockin-rollingstone.com/


【新宿二丁目エリア】
たこ焼き・バー
「たこりん」

Club・ショットバー
「非常口」 http://www.hijouguchi.com/
「ArcH」 http://www.clubarch.net/
「Arty Farty」 http://www.arty-farty.net/
「The Annex」 http://www.arty-farty.net/
「M♂nsoon」 http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Celery/3441/

カフェバー・オープンバー
「アラマスカフェ」 http://www.alamascafe.net/
「ココロカフェ」 http://www.akiplan.com/cocolo-cafe/
「Advocates Cafe」 http://advocates-cafe.com/
「DNA」
「Dragon」
「WORDUP BAR」 http://wordup.que.jp/

バー
「九州男」 http://www5.ocn.ne.jp/~kusuo/
「10カウント」
「Friendly」
「Fuji」
「KINSMEN」 http://www11.ocn.ne.jp/~kinsmen/
「Shifty Air」 http://www.shiftyair.com/
「TANKTOP」 
「YAO屋OHICHI」

DVD・グッズ・バラエティーショップ
「フリーマン」 http://www.freeman-usedvideo.com/
「ルミエール」
「Check」 http://www.check-dvd.com/
「Popeye」 http://e-popeye.com/

ウェブサイトが見つかったところはURL掲載しました。見つけられなかったところはごめんなさい。店名の英語・カタカナ表記もこちらの都合とさせていただきました。ご了承ください。

いつかアラマスカフェのカレーが食べたいわー。


CSv9omote.250x250.jpg

CUMMER SONIC Vol.9 「カマソ学園の文化祭☆」
2009年11月23日(月・祝) / 17:00-22:30
@新宿Acid  / Adm. 2,000JPY

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

カマソVol.9を雑誌「Badi 12月号」のイベント告知ページに掲載してもらいました。

カマソVol.9のフライヤー展開を行ってます。それから来週に向けて各ゲイポータルなウェブサイトにイベント告知の掲載依頼をしていきます。開催前の地道な活動です。

フライヤー展開はお店の方にフライヤーの束を渡していくので、あたりまえですが現地まで行って、お店の門戸を開けなければなりません。これが簡単なようで、そうでもない。フライヤーを置かせてもらう事務的な作業と割り切ればいいのかも知れないけど、そこはやはり人間(所詮、小心者)らしく、自分にとってはプレッシャーなのです。

以前はひとりで何件も二丁目のお店を回ってたけど、10軒も回る頃には精神的にヘロヘロになってしまってたので、最近はカマソのスタッフふたりで回ってます。ただ後ろに仲間が立ってるだけで、これがもう心強いのなんのって。そうするとだんだんお店の方にフライヤー渡すときにも余裕が出てきます。

カマソの名前を知ってる方がいたり、毎度どうもって声をかけられるとちょっと(いや、かなり)うれしいです。そういうコミュニケートの部分でも、面倒だなぁと内心思うこともあるフライヤー展開ですが、大切にしていかないといけないと思います。

あと、今回はフライヤーとウェブ媒体のほかに、いよいよ紙媒体にも!雑誌「Badi 12月号」のイベント告知ページに掲載していただいてます。立ち読みでもいいので見てみてください。

2009102801.jpg

よろしくお願いします。


CSv9omote.250x250.jpg

CUMMER SONIC Vol.9 「カマソ学園の文化祭☆」
2009年11月23日(月・祝) / 17:00-22:30
@新宿Acid  / Adm. 2,000JPY

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

ついですよ、つい。

Perfumeの追加公演のチケットがだぶついてるみたいで、ゲットしてしまいました。その昔、Perfumeの1stアルバムがリリースされて半年ほどたったころ、ライヴで見たいなーと思ったんだけど、あれよあれよという間に簡単にはチケットが入手できないアーティストになりました。

当時はあまりにチケットが取れずイライラして、もうPerfumeのライヴなんて行くもんかとヤケになっていたけど、Perfumeのライブについて、あーちゃん好きな人が書いていたブログを読んで思い直しました(勝手に一部抜粋してます、引用元の方どうか怒らないで)。

Perfumeのライブが待ち遠しいです。

グッズもいろいろと買わないといけないし。
今から想像してるだけで楽しみです。
生あ〜ちゃんか...
10月はまだですか?

寝れません。

自分もこれぐらい素直な気持ちでライヴに臨まなければなぁ、と思いました。音楽の知識で頭でっかちになったり、「ホール級でのライヴは音がいまいちだからねー」とかいって、素直にライヴや音楽に親しめていなかったのではないかと、反省。

Perfumeも好き、ロックも好き、どっちも好き。これくらいの感じで、多分ちょうどいいよね。この勢いにのって、Mutemathのライヴにも行くかーっ!

Perfumeのライヴは3時間近くあるらしい(ネタバレをまったくいとわないで調べました)。こりゃ、お菓子持って行かなきゃもたないな。なんだかんだで、けっこう浮かれてますね。しかし、18:30開演は早すぎです。18:30開場だと勘違いしていて、これはギリギリですな。

仕事、早退するか?(そこまでするか!)

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

カマソVol.9開催まであと1ヶ月をきりました!

週末はカマソでDJをしているOpaが某イベントに参加してきたそうです。ノンケさんのイベントってことですが、なかなか盛り上がったらしい!それからゲイロックイベントのClub This Charming Manにもお客としてお邪魔してきたって。カマソの告知をさせてもらったり、フライヤーを配らせてもらい、ありがとうございました。

カマソVol.9の開催まであと1ヶ月をきったわ。そろそろ新宿二丁目のクラブやショットバーなどにフライヤーを置かせてもらいに行きたいんだけど、台風が近づいているらしく月曜から雨、風、そして寒い!そんなわけで、本日のフライヤー設置お願いしに行くのは延期(天気だけが理由じゃないのよ)。今週中には二丁目に持って行く予定です。

先日、渋谷のタワレコに買い物に行ったので、そこでフライヤー設置していただけるようお願いしてきました。大手CDショップはいろいろ制約もありそうだけど、実際に置かれているかどうか…近くを通った際はフライヤー置き場をチェックね。


CSv9omote.250x250.jpg

CUMMER SONIC Vol.9 「カマソ学園の文化祭☆」
2009年11月23日(月・祝) / 17:00-22:30
@新宿Acid  / Adm. 2,000JPY
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

この週末にゲイロックイベントのClub This Charming Man Vol.17が開催!

カマソVol.9のフライヤーを印刷会社に入稿したんだけど、今回は画像データがひとつ届いてなかったらしく、プリント会社の担当の方から電話があったわ。電話をかけてきたプリント会社の彼に、電話口で「あぁ、この人オカマなんだねぇ」と思われていたんだろうなと後から気づいて、ちょっと恥ずかしくなりました。

さて、この週末はカマソと同じく東京・新宿で開催しているGay/Mixのロック&エレクトロなイベント「Club This Charming Man」のVol.17が開催されます!今回はJapanese Alternative & Fidget Houseの特集だそうです。

 CLUB THIS CHARMING MAN Vol.17
 2009.10.25(sun) PM5:00 Start!
 @ROLLING STONE

日本のオルタナティヴというと、人によってその範囲が変わるのではないでしょうか。ClubTCMのDJチームが届けてくれる日本のオルタナティヴがどのようなセレクトになるか楽しみですね。

もうひとつのFidget House(フィジェット・ハウス)は、この1, 2年でメインストリームに出てきたフレンチ・エレクトロやニュー・エレクトロと並行して、耳の早いDJやコアなリスナーには聞かれていたジャンルです。

ブイーン・ブイーンとうなるような低音に、揺らぐようなシンセの音と、いろんなカットバック(切り刻まれた音ネタ・サンプリング)が乗っかった感じのハウスです。なんだか音楽のお好み焼きみたいね。Fidget Houseの代表曲はSwitchさんの「A Bit Party」です。というか、Fidget HouseをやってるといわれるアーティストはSwitch(UKのデイヴ・テイラーのソロ・プロジェクト)周辺の人が多いのです。

「A Bit Party」はカマソではVol.5「な〜るほど・ザ・秋の祭典スペシャル!」(2007年9月開催)のときに、お祭りソング特集でセレクト。"お祭りマンボ〜A bit Patchy [カマ騒ぎMIX] by 美空ひばり vs Switch"として流したことがある曲です。

Fidgetとは[そわそわする、もじもじする]という意味で、"落ち着きのないハウス"ということで、踊るにはうってつけね。秋の夜長を音楽で埋め尽くしたい人は、この週末のClub This Charming Manに遊びに行ってみてはどうかしら。



CLUB THIS CHARMING MAN Vol.17

【Feature】
Japanese Alternative & Fidget House

【Date】
2009.10.25(sun)

【Music】
UK/US Rock、New Wave、Punk、Alternative、Indie、Techno、House、Death Disco、Electro、Hip Hop、Electronica、Experience、Acid、Underground ...and more!

【DJ's】
G-SIGN150THUNDERSUMMERS
B.H.Dracul
ELMO aka DUBSTEPPERS

【Place】
"ROCK BAR/Rock'in ROLLING STONE"
http://www.rockin-rollingstone.com

東京都新宿区新宿5−4−1QフラットビルB1
※厚生年金会館手前、フレッシュネスバーガーの地下です。
(Tel:03-3341-6741)

【Time】
PM5:00 Start! (Until The Time of The Last Train..)

【Door】
¥2000(1Drink)

【Information】
『Friendly』 Tel:03-3357-7373(6pm〜5am)

web: http://ctcm.tobiiro.jp/
mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=642422
myspace: http://www.myspace.com/club_this_charming_man

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

ミュートマスに惚れてまうやろーっ!ていうか惚れました。

2008年、2009年のサマソニ(カマソじゃないのよ)に異例の2年連続出演をしたバンド、MUTEMATH(ミュートマス)。CDショップの試聴機で聞いて、だんぜん惚れました!映画『トランスフォーマー』のサントラに参加してたのね。知らなかった…。

惚れた人のことは何でも知りたい、でしょ?MUTEMATHはアメリカのニューオーリンズ出身のロックバンド。といいつつ、自分はニューオーリンズがどこにあるのか知らない。アメリカの南部のルイジアナ州で、メキシコ湾に面するところ。

2009102201.jpg

ニューオーリンズといえばジャズ発祥の地といわれてるのが有名よね。そんなところからやってきたロックバンド。映像もおもしろくて"Typical"では全編逆再生の映像なのにちゃんと歌ってたり演奏している姿なの。"Spotlight"ではミニバンのなかに楽器を持ち込んで演奏するプロットが小気味良いわ。よかったらYouTubeのリンクから見てちょうだい。





"Typical" / MUTEMATH




"Spotlight" / MUTEMATH


そんなMUTEMATHはライブのレビューが高評価みたい。ドラム・ベース・ギター・キーボードの編成だけど、ギター弾きながら高々とジャンプしていたり、キーボードの上に立ち上がったりしている画像がよく出てくるの。曲によってはショルダーキーボード使ってるのね。ショルキー!小室哲哉(80年代)以来ね。大注目だわっ!

2009102202.jpg
Mute Math
"Typical"が入ってる1stアルバムです。2006年リリース。タイトルは"Mute Math"だけどバンド名は続けてMUTEMATHです。

2009102203.jpg
Armistice
"Spotlight"が入っている2ndアルバム、2009年8月リリース。タイトル「アーミスティス」は「休戦」という意味のようです。

試聴とマイスペでちょこっとしか聴いてないけど、あたしが惚れるぐらいだから無骨な中にもキャッチ-な要素があるのは間違いないわ。演奏力が高いながらもポストロックやマスロックに傾きすぎず聞きやすくリズムが心地いいと思いマッスル。

2009年11月に東・名・阪で来日ライブあるわよ。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

カマソVol.9フライヤー完成しました。

カマソVol.9のフライヤーが完成。明日には印刷所へ!明後日には手元へ!週末には街へ!その先は貴女へ!

というわけで、近々ブログやウェブ、mixiのコミュなどの画像を挿し換えていきます。今回のフライヤーは真っ赤よ。秋晴れの空に映える赤!ロブスターのように美味しそうな赤!かにのように道楽な赤!カマソ学園の文化祭の赤!

週末から来週にかけて、新宿2丁目の各店や大手レコード/CDショップに設置をお願いしに行きます。大手は置いてくれないこともありますが、いちおう毎回頼んでます。もしよかったら、街でフライヤーみかけたら持って帰ってください。

よろしくお願いしまーす。

CSv9omote.250x250.jpg

CUMMER SONIC Vol.9 「カマソ学園の文化祭☆」
2009年11月23日(月・祝) / 17:00-22:30
@新宿Acid  / Adm. 2,000JPY

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

クラブ?ライヴ?ユーチューブ?すべてのいいとこ捕りをしちゃえばいいじゃない!

ロック好きの人には、「クラブよりライヴ!」という思いの人がいるのを知っています。確かに、ライヴはいいです。ライヴ会場でしか味わえない生音(CDに録音された音やヘッドフォンから出る音は加工されてるという意味もこめて)、その場限りの張り詰めた緊張感の中で繰り広げられるプレイ、アーティストと会場の一体感、どれをとってもライヴの魅力は多いです。

そんななか、イギリスのロックバンドU2がYouTubeの公式チャンネルで無料でライブストリーミングを行ことを発表しました。10月25日に米カリフォルニア州パサデナのRose Bowlスタジアムで行われるコンサートを中継するそうです。今年2009年の最後から2番目のライブで、チケットはソールドアウトで9万6000人を超えるファンが来場する予定です。

U2のライヴになかなか行けない人がいることを考えると、テクノロジーをうまく使うこと、ライヴをまさにライヴ(リアルタイム)の中継で世界中のいろんな場所で楽しめるということは有意義だと思います。一方、ライヴの臨場感、熱気、興奮、汗、涙といったものはいまのテクノロジーでは伝えられないのも、また事実です。

ライヴのパワーには見劣りするかも知れませんが、クラブのフロアには熱気や興奮といったものがあります。少なくとも、同じロックや音楽を好きな仲間が集っています(部屋でひとりでPCの画面を眺めているのとは少し違います)。クラブに来ることで、ライヴへ一緒に行く仲間が見つかるかもしれません。なにより、大音量で音楽を聴くというのは、そう悪いもんじゃないです。

そうだ、クラブ行ってみよう!と思ったら。。。

Cummer Sonic Vol.9
〜カマソ学園の文化祭〜
2009.11.23(月・祝) 17:00 Open/Start
@新宿Club Acid, 2,000円(w/1ドリンク)


U2のライブストリーミングはこちらでーす。

U2 Live from The Rose Bowl
Global Live Webcast / Oct. 25, 2009
米国時間の10月25日午後8時30分から
米国、日本、英国フランス、韓国など16ヵ国で行われます
http://www.youtube.com/u2official#p/u/

今回のコンサート映像はライブストリーミングのあと、YouTubeとU2.comで配信される予定だそうです。ライヴで見逃しても安心ね。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

カマソVol.9で[音楽+α]を体験しにきて欲しい

今週末からのデリバリーに向けてフライヤーを作成してます。完パケ直前の画像があがってきたので、ただいま最終チェック中。今回は真っ赤なフライヤーなので、秋の空の下に映えると思います。

今回のカマソVol.9は「カマソ学園の文化祭」というサブタイトルなので、文化祭の雰囲気を出すようにしたいと考えてるの。過去に、サブタイ「秋の祭典」のときはハッピを着よう!ってことになり、東急ハンズに調達に行ってきたわ。サブタイが「世界で一番早い夏」のときは夏らしい服装ってことで、ショートパンツ&タンクトップにしたわね(3月に…)。

はっ!文化祭ってことは…今回はセーラー服を着るってことになるのかしら!?(まだ打ち合わせてません)

さて、文化祭っていうとバンドや出店(やきそばやたこ焼き、クレープなど)、ミスコン、女装コン、ウルトラクイズ、泥レス(またはローション)、ダンスパーティ、などなどを思いつきますが、カマソVol.9の会場でもそんなイベントを再現しようじゃないか!ということにしています。

もう、こうなってくるともうフツーのロックイベントじゃないわね。そんな[音楽+α]をカマソのフロアに体験しにきて欲しい。真面目にロックが流れるイベントで最新の曲をチェックするのも、それはそれで刺激的よね。わかるわ。一方、カマソでは一息抜いて「あぁ!音楽って楽しいことだったよな!」という体験をして欲しいと思い、新しい企画を考えてます。

まだまだ成長段階のイベントだけど、よろしくお願いします。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

Vol.9フライヤー作成・地図の下絵を描きました!

今日は地図の下絵を描きました。先にカマソの紹介文を書いて、文章のスペースを広げることにしたため、地図を省スペースなものに変更するのはもう絶対にやらなきゃいけないことでした。

新宿通りをデーンと真ん中に配置して、通り沿いのデパートを目印にしたシンプルな地図をお絵かきソフトで描きました。これをフライヤーの入稿データを作ってくれてる子にお願いして、カッコよく仕上げてもらいます。

これで入稿データを作ってもらうために必要なことはひととおり終わりました。良い週末を!
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

Vol.9フライヤー作成・内容告知文を書きあげましたー!

フライヤーの裏面に掲載するカマソとVol.9の紹介文を作成。限られた文字数でカマソのコンセプトと魅力と意気込みを書き上げなくてはならなくて、もちろん一人の力じゃ完成できません。下書きから始まり、あーでもない、こーでもないと、修正をくり返して完成します。

しかし、今回の紹介文は過去最速で完成!というのも、これまでよりも文字数を増やしたからです。さらに今回はゲストライブを予定しているので、バンドさんの自己紹介文も載ります。Vol.9のサブタイトル「カマソ学園の文化祭」の内容告知を書くにあたり、企画の方もどんどんすすめています。

カマソは年に2回のイベントですし、サブタイトルを冠しての開催なので、より楽しいイベントに、遊びに来てくれたすべての人たちと、みんな一緒に盛りあがれるフロアになることを目指します。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

Vol.9フライヤー作成・タイムテーブルが仮決定!

フライヤーの作成をしながら、タイムテーブルもだいたい決まりました。前回から試みている、特集枠を最後の時間帯にもってくるというタイムテーブルを今回も踏襲。

カマソでは「スペシャル・タイム」と呼んでいる2回の特集枠があります。そのうちのひとつがカマソの最後を盛り上げるわけです。なので、スタートからの大まかな流れは[DJ - 特集 - DJ - 特集]となります。前半に来ても後半に来ても楽しめるようになってます。

といっても料金は同じなので、ぜひ前半から遊びに来て欲しいところです。しかも、今回のカマソではこのふたつの特集枠だけで終わらないかも知れません。通常の2回の特集のほかに、ミニ・イベントについて企画検討中なのです!

企画が目白押して、もうフツーのロック・イベントとは明らかに一線を画している感じで、ほんとに文化祭の打ち合わせしているみたいです。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

オラにちょっとずつ力を…廃盤になったタイトルをみんなのリクエストで復刻

CDが売れない時代。プレス枚数が減ったり、ちょっと古いタイトルは気を抜いてるとすぐ廃盤になっていたりする(実感ベースで。どこかにデータないのかしら?)。

そんなおり、Sony Musicでは「オーダーメイドファクトリー」という、廃盤になったタイトルをリクエストを募って復刻販売するってことをやってるの。いつからやってるのか知らないけど、ひょんなことで先週知ったわ。復刻までには4つのステージをクリアしないといけない、まるでイーアルカンフーね。

1stステージ(復刻希望リクエスト)
リクエストのあったタイトルを公開して、再プレス希望者を募ります。ここで一票入れても購入義務はありません。予定数(いくつかは不明なの)の100%に達したら次の2ndステージに進みます。

2ndステージ(商品化リクエスト)
再プレスに向けて、実際に商品への予約が募集されます。なので規定期間内に一定数に到達しなかった場合、復刻予定はキャンセルされるのです。そうなったらひどい仕打ちだわっ!

3rdステージ(商品化)
商品の予約が一定数に達したら、ついに商品化が決定となります。

4thステージ(お届け)
商品化決定後、約1ヶ月でデリバリーとなるそうです。

なんで知ったかっていうと、REBECCA(80年代に活躍していた邦楽ロックバンド)のCD&DVD全16枚組コンプリートボックスセットが1stステージに出ていたの。早速ポチっとリクエストしたわよ。で、つい先日無事に1stステージをクリアしたの。限定発売だったものが今回復刻されるとBlu-spec CD(Blu-ray Discの技術でつくったCD、フツーのCDプレーヤーで再生できる)になるの。お得だわ。

新しく聴くのはいまだ洋楽に偏ってるけど、最近は子供の頃に聴いていた邦楽のCDを改めて収集したくなってるわ。「もう聴かないだろー」って思ってもCDは売るもんじゃないわね。そういうのに限って、また聴きたくなるから。

そんなREBECCAだけど、「あらー懐かしい!ドラマの主題歌だったよねー」って言われて、それってどうやらドラマ「リップスティック」(1999年・フジ系・野島伸司脚本)の主題歌『フレンズ』らしいの。そうなのねぇ…ドラマ「ハーフポテトな俺たち」の主題歌だった方じゃないのね。

ちょとなつかしいと思った貴女、ドーンと予約しましょう!(笑)


オーダーメイド・ファクトリー
http://www.sonymusicshop.jp/ordermf/index.html









※ドラマ「ハーフポテトな俺たち」は1985年の日テレ系で放送されてました。
ちなみにゲーム「イーアルカンフー」も1985年に登場しました。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

カマソVol.9の準備の進行状況、やや遅れ気味かしら?

フライヤーの準備が滞っています!表面のデザインチェックをして、裏面の紹介文をエディットするという、これをやらなきゃ入稿データが作れないってレベルです。週末に稼働させないと、せっかく早めに動き出した意味がなくなってしまうのだ。

Vol.9での企画内容について再考、再々考を繰り返していて、そっちにばかり頭をつかってしまった。とはいえ、企画の方向性がある程度見えてこないとVol.9のフライヤーで紹介したい文面もエディットできないから、しょうがないっ!(ていうことにした)

企画の方は当初の予定からするとガラリと変わりつつも、「カマソ学園の文化祭」というサブタイトルの雰囲気が出せるように考えています。カマソの場合、枠だけ作って置いてあとは現場のノリで多少は流動的にすすめられる方がうまくいくのよねー(結果的には)。

というわけで、来週中にフライヤーのデザインと入稿データの作成をすすめてしまおうという段取りです。あわせてタイムテーブルを決定して、企画のアイディアをまとめていきます。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.09 (2009.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

そんなことはないだろう…とわかっていても。

テレビでは秋のドラマがスタート。そのなかで、日テレ系の『サムライ・ハイスクール』ってドラマの番宣でBeckの"E-pro"って曲のイントロが使われてたのだ!ヴォーカル部分まで流れてなかったけど、長年Beckを聴いてきたアタシの耳が聞き違えるってことはないはず。

なによ?なによっ?Beck初(たぶん)の日本のドラマ主題歌決定なのかしら?と思っていたところ、放映開始を間近に控えてフタを開けてみれば…

 サムライ・ハイスクール主題歌
  「孤独の太陽」 monobright (DefSTAR RECORDS)

んーーー、Beckは?どこいった?

ていうか、Beckが主題歌になっても微妙なんですけどねー。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

つ、つ、遂に!Nirvanaのあのライブ映像がCD&DVDで発売かー!?

好きなアーティストはそのライヴも見たいと思うでしょ。僕がいまでも大好きなNirvanaはヴォーカル/ギターのカート・コバーンがすでに亡くなっているので、そのライヴはもう二度と見ることができません。

なかでも1992年の英国レディング・フェスティバルでのパフォーマンスは、車いすに乗って登場するオープニングから最後のノイズ・ジャムまで、Nirvanaのベスト・アクトと言われながらこれまで映像の公式リリース版がありませんでした。ていうか、出る出ると言われてキャンセルされてきてたの。

そんなレディング・フェスの映像を含めたNirvanaの音源と映像が、SHM-CD&DVDで3タイトルが発売(予定)!今度こそ実現してっ!

2009100701.jpg

『Live At Reading』 SHM-CD&DVD
生産限定盤。日本独自仕様 紙ジャケ。CDとDVDの収録曲はほぼ同じで、CDに"Love Buzz"がはいっていないだけ。

『MTV Unplugged in New York』 SHM-CD
DVD付き初回限定盤。紙ジャケ。これまでにリリースされてるCDとDVDでは収録曲数が違ったけど、それぞれをセットにしてリリースするだけだと思う。

『From The Muddy Banks Of The Wishkah / Live! Tonight! Sold Out 』
生産限定盤。1996年にリリースされたライヴ集のSHM-CDと、ライヴ/TV出演/インタビュー等が収録されたDVDのカップリング。

いずれも2009年11月04日発売(予定)!SHM-CDとは主に素材を見直した高音質CDのこと。ビクターが提唱していて、これまでのCDプレーヤーでも再生できます。各4,200円で、3つとも買うと12,600円なーりー。映像はBlu-rayだったらよかったのにー。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

半年以上先のラインナップ未定のフェスのチケットが完売って!

英国の有名音楽フェス「グラストンベリー・フェスティヴァル」の話よ。

2010年チケットが売り出されて、12時間足らずでソールド・アウトしたそうよ。フェスの開催は2010年6月でもちろんまだラインナップは未定。発売したチケット枚数は発表されてないけど、それにしても凄いわねぇ。次回のグラストは40周年記念だから期待が高まってるみたい。でも、来年の話をすると鬼が笑うわ。

そんなグラストをお手本にしたといわれている日本のフジロックも、ラインナップに関わらず毎年夏の恒例行事として「フジに参加する」という人が少なくないみたいね。第2回(1998、有明での開催)にしかいったことないから、苗場でのフジのことはよくわからないけど。

でも、あたしはラインナップが決まる前からチケットは買えないタチなの。だってお正月の福袋も買わないのよ。宝くじも(ほとんど)買わないし。ラインナップはわからないけどとりあえず苗場に出かけて音楽やフェスや自然に触れる機会がある、それが年中行事として慣例化している。なんだか素敵ね。

そんなの、ちょっとうらやましい(意地っ張りなアタシ)。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

貴女のテンポに合わせた音楽を

「音楽で走りを快適に 基本的な動きの習得に効果」というニュース記事を読みました。東京のある中学では陸上部の練習で音楽にあわせて動く「ビートランニング」というトレーニングをやってるんですって。曲はヒップホップやレゲエが中心らしいわ。

音というかリズムにメリハリがあるから基礎練習でタイミングを取りやすいんでしょうね。フツーに走るときは速度とBPMが合ってればどんなジャンルの曲でも心地よいと思うわ。ていうか、逆に音楽聴きながら走ってると、音楽のテンポに体がつられちゃうものね。

そんな貴女に、ヤマハの「BODiBEAT」はランニングのための音楽プレーヤー。モーションセンサーがペースを検出して、走っているテンポにあった曲をセレクト。しかしそれだと様々なペースにあった曲をたくさん入れておかないと、いっつも同じ曲ばかり聴かされる羽目になる。

そこで、本体に入っている数千種類の短い音素材をランダムに組み合わせて再生するってモードがあるの。その組み合わせは10万通り以上の曲をつくり出せるんですって。まさに、ミュージック・クリエート・マシン。しかし、残念なのはその音素材の音のチープさ…。

せっかくヤマハなんだから、そこはねぇ、CupselとかPerfumeとかで売れっ子の某Nカタ氏(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS所属)の音ネタをごっそり頂戴してくればよかったじゃない!そしたら、あーた、きっとバカ売れよ。

イヤフォンには脈拍センサーが入っていて、理想的な心拍数にあわせてテンポの違う曲に切り替えて、最も効果的な有酸素運動のペースになるんですって。 まさに、強制的な体脂肪燃焼のための最終兵器ね(大げさ)。

iPodやiPhoneにもモーションセンサーが入ってるから、じきに似たような機能やアプリが出てくるかもしれないわね(すくなくともいまあるNike+にはない機能ね)。走るときだけじゃなく、歩くときも自分のテンポにあってる曲だと心地いいしねー♪
 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

マドンナ姉さんについてのニュース記事

 「マドンナ、2度と結婚はしない宣言」
 http://www.barks.jp/news/?id=1000053639

アタシもよー!!(結婚はしないわ宣言)
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

生涯をかけて音楽を愛し続けるお値段?

欲しいモノを手に入れるために貯金をする。

子供の時にやりました。自転車が欲しくて。ファミコンが欲しくて。ドラムセットが欲しくて。学年があがるにつれて、高額商品へとシフトしていきました。きっと子供の頃から物欲にまみれていたのでしょう。大人になるとローンが組めたり、年に2回のボーナス払いがあったりで、毎月こつこつと貯金をするってこともなくなるかと思ったら。。。

アタシはローンがあまり好きじゃないし(独占欲を満たしてくれないから?笑)、ボーナスってのがないから、なにか高額なものを買うには地道に貯金をしていくしかないの、子供の頃となにも変わってないわね。ちなみにいまはPCDJの機材が欲しいの。PCの音源でDJプレイをするための装置?かしら??(←よくわかってない)

 ニュース記事
 「イギリス人が一生で音楽にかける金額は1万ポンド」
 http://www.barks.jp/news/?id=1000053594

内容をまとめると「18歳から60歳の3,000人が調査に参加、平均1万ポンド(約150万円)を消費、CDやレコード、ダウンロード購入、コンサートやフェスのチケット、Tシャツなどのグッズ、mp3プレイヤーなどが含まれる」そうです。そして、アルバムやシングルの平均所有枚数は男性が292枚、女性が221枚ですって。年齢に幅があるから平均値なんてアテにならないじゃない、というつっこみはナシとして。

日本人だとどれくらいなのかしらねー。音楽好きな人からすると、この平均枚数も金額もとうに超えてるでしょう。子供の頃はCD(当時3,200円でした)を買うのに貯金してたってのに。いまじゃ「ボックスセットでまとめ買い、楽で便利だわ−」なーんて。どうせ買うなら見栄っ張りな台詞吐いて買う方がいいじゃない。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。