2008年11月28日

Music Magazine12月号

Music Magazineの12月号に「中田ヤスタカ / capsuleの時代」で特集記事が載ってました。カプセルの中田ヤスタカはPerfumeをはじめとした、いまをときめく売れっ子プロデューサーですね。記事ではPerfumeのヒットによるJ-popへの影響というか変化といった感じの内容でした。

2008112801.jpg

TK、つんく、から中田氏までんのアイドルというか歌謡曲のプロデュースについて、CDセールスからネットダウンロードへと変化したマーケットとの関係をからめて考察していた部分は、そういうとらえかたもあるのねーって感じだったわ。

中田ヤスタカ氏へのインタビューもあり、Auto-Tuneを使ったボーカルエフェクトでロボットボイス(ケロ声)を使用することへの氏のとらえ方や、楽曲作成をするプライベートスタジオについての内容などを語っていました。また、中田ヤスタカ氏が以前はDJや音楽マニアの選曲をありがたがっていた時代からの変化といった趣旨のことを語っていて、興味深かったです。興味のある方は誌面をご覧ください。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

ニルヴァーナのメンバー、カートの頑固さを語る

もう無理だけど、あたしの一番みたいライヴはNirvanaよ。カート(Vo.)が故人となったいまではもう決して見ることができないわね。

さて、カート以外の残されたNirvanaのメンバーといえばドラムのデイブ・グロールと、ベースのクリス・ノボセリック。元ドラムだったデイブがギター&ボーカルのフロントマンとして率いるバンド、Foo Fightersは、USのみならずUKでも大成功を納め、先頃Foo Fightersとしての活動をしばらく休止するって発表したところ。

一方、ベースのクリスはというと…現在は「毎週『Daily Weekly』誌でコラムを執筆している」らしいの。Daily Weeklyってどんな誌面かしら?と思ったら、どうやらシアトルの地方新聞のコラム欄みたいね。毎週火曜にクリスのブログがネットでも読めるわ。

 音楽ニュース
 ニルヴァーナのメンバー、カートの頑固さを語る

1994年にカートの自殺によりNirvanaが事実上の解散、翌1995年にクリスはSweet 75ってバンドを結成して1997年にアルバムを出したわ。当時あたしも聞いたけど、パッとしない印象だったのよねぇ。それもこれも「元Nirvana」って看板を背負ってのこと、いまになって妙に聞き返したいわ。いまならNirvanaというバイアスがかからず素直にひとつの音楽アルバムとして聞けそうだから。あたし、このSweet 75までしか知らなくて、その後のクリスことをフォローしてみたの。



1999年にThe No WTO Comboってパンク・バンドを結成。ここではデッド・ケネディーズ(パンクバンドね)のJello Biafraと、サウンドガーデンのギタリストのKim Thayilが一緒にやってたらしいわ。1999年にシアトルで行われたWTO会議に際して結成されたバンド。WTO会議の前夜にライヴをやろうとしたけど、スタッフが警察の外出禁止令ゾーンをすり抜けられずにショウはキャンセルになったんですって。その後に行われたライブ音源がリリースリリースされ、それをmixしたのがジャック・エンディーノっていうNirvanaの1st(青いのじゃなくて黒いBleachの方ね)をmixしたエンジニアだったの。



そして、2002年にEyes Adriftというパンクとグランジとカントリーのミクスチャーなバンドを結成。ミート・パペッツ(NirvanaのUnpluged in NYでギターヘルプにきたバンド)のCurt Kirkwoodや、Bud Gaugh(SublimeとLong Beach Dub Allstarsにいてドラムらしんだけど、さっぱり知らないバンドだわ)と一緒にやってたらしいわ。ミート・パペッツの影響でカントリー色の強いロックに仕上がってたらしいわ。



このバンドでクリスは初めてリードボーカルとして、CUrtKirkwoodと一緒に歌ったらしいわ。そしてアルバムをリリースしているんだけど、セールスやライブの動員が振るわずバンドが赤字となったことから、2003年にクリスは音楽界引退を宣言。今後は政治活動に重点を置くと発表(このニュース)。なんとまぁ、びっくり発言よね。そうかと思ったら、2006年にFlipperというパンク・バンドに加入すると発表されたの。当時のBassのブルーノさんと入れ替わり、UKとアイルランドのツアーを回ったんですって。そして正式メンバーとして2008年にアルバムを作成したのち、クリスは同年9月に脱退したんですって。

そしていまは新聞でコラム書いてるの。SATCのキャリーと同じ職ってことね。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

何フォルニア?

「カリフォルニア、なんでもアリフォルニア」って観光推進のCMやってたわ。

米国の大統領選が報道されていた影で、カリフォルニア州では同日に同姓結婚禁止の是非を問う住民投票が実施されてて、賛成51%という僅差で同姓結婚が廃止されることになったわ。ゲイやレスビアンのすべての人が結婚という形を望んでいる訳ではないだろうけど、同じセクシャルマイノリティとして残念な結果。

もともと、カリフォルニア州では2000年に州民投票で結婚は男女に限定するって州法が61%の賛成をもって可決されてたらしいの。でも最高裁はこれを不当として、2008年5月に同性婚を認めるって判決を下したの。そして、カリフォルニアで同姓結婚できるってことで州内外から殺到してたってわけ。

「カリフォルニアはリベラルな人々が多く、同性愛に関してもオープンな土地柄」だそうで、ゲイタウンとしての名前も耳にするサンフランシスコもカリフォルニア州よね。その昔ヴィレッジ・ピープルが(そしてペット・ショップ・ボーイズがカバーで)「Go West」(西へ行こう!)って歌ったその"西"には、カリフォルニアがあったってわけよね。

最高裁が同姓結婚禁止の州法を違憲と判断したのに、そして実際に多くの同性結婚希望者が殺到したのに、こういう結果って残念よね。ブラッド・ピット、スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス監督など同姓結婚禁止法案の反対を表明したり、反対派への寄付をしていたんですって。そして、音楽界からもマドンナ、クリスティーナ・アギレラ、意外なところで元GN'R、現ベルベット・リボルバーのスラッシュも、妻のパーラ・ハドソンとともに反対のビデオメッセージを公開したんですって。

でも、確かにオカマが大挙をなして結婚しに押しかけてくる、って光景は怖いかもしれないわ。ただ、経済効果は抜群でしょうけど。そうねぇ、この世界的な不況を救うのはオカマしかいないんじゃないかしら!

しかし、「なんでもアルフォルニア」でも、「なんで"アリ"フォルニア」じゃなかったのねー。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

チンチンズ・ジャパンツアー決定

きゃー!き・き・き・決まりましたっ!アイ・ラブ・チンチンズ!って、チンチンじゃないわよー、The Ting Tingsの来日単独公演が決定ですって!

The Ting Tings Japan Tour 2009

2009/2/5(木) 大阪 なんばハッチ
Open 18:00 / Start 19:00
Ticket ¥5,800- (税込/All Standing/1Drink別) 
お問い合わせ:キョードーチケットセンター 06-7732-8888

2009/2/7(土) 東京 SHIBUYA-AX
Open 17:00 / Start 18:00
Ticket ¥5,800- (税込/1F:Standing 2F:指定) 
お問い合わせ:Creativeman 03-3462-6969

2009/2/8(日) 名古屋 CLUB DIAMOND HALL
Open 17:00 / Start 18:00
Ticket ¥5,800- (税込/All Standing/1Drink別) 
お問い合わせ:SMC PLAZA 052-265-2666

最近、日本の発泡酒のCMでチンチンズの曲が使われてたわね。来年2009年の1月にはデビューアルバム『We Started Nothing』のデラックス版も限定発売。

デラックス版に付くDVDの内容は:
 4枚のシングル曲全てのビデオ・クリップ
 4枚のシングル曲全てのアコースティック・パフォーマンス
 2本のビデオのメイキング映像
 ツアーのオフショット映像
 ロンドン公演最終日のLIVE映像【日本盤のみ】

日本盤のみCDにも2大ヒット曲のアコースティックverを追加収録ですって。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

カマソVol.7にて、お客様の声

カマソにきてくれたみなさんのお声、その一部を。

『店がオカマっぽくない』
確かに、そのとおりだったわ。壁は真っ黒でコンクリむき出しだったりして、豪華絢爛な感じではなかったのよね。ホント地下のライブハウスって感じで、ロック的には雰囲気でてたと思うの。失敗だったのは、どっちがメインフロアでどっちがラウンジか案内を出していなかったこと。

『アットホームな感じ』
見知った顔の人もいて、そういう意味でパーティ的な色が強いからかしら?名だたるゲイイベントのそうそうたる演出にくらべると、カマソはアットホームという形容もあてはまるわね。逆にいうとプレミアム感が薄いという反省材料にもなるわ。アットホームだけど特別な感じ、どんな感じ?

『実は、ロック好きなのよ』
こういう一言はホント励みになります。80'sのHR/HMの名だたるバンド名で話が盛り上がり、濡れたわぁ(←汗で)。こういう人はホントにまだまだたくさんいると思うの。ただ、聞くならライヴやフェスで、クラブイベントとしてのロックは軽視されているっていうか、おもしろくないだろうって思われてるのかしら?

かくいう私も、カマソに行くまではそう思ってたわ。CDを流して、聞いて、楽しいのかしら??それが楽しいのよ、ふだんどんなに大音量で聞いてても、フロアで鳴る音にはさすがにかなわないわ。ライヴが一番なのも知ってる、それでもロック・クラブ・イベントには独特のおもしろさがあると思うわ。

今回は"ステージ"があって、そこにDJブースを用意したので、なんとなく「ステージ上でなんかやるんだろう」的な雰囲気になってて、ちょっとプレッシャーだったわ。特になにかするって予定でもなかったけど、結果的にはPFMで踊ってもらったり、楽しいスペースになったわ。

『お酒、高いわ』
これは事前チェックミスでした、ごめんなさい。カップが小さかったわよねぇ。以前のハコなら、ビール飲むのにワンコインで350ml缶が出てきてたけど、今回はレジャーカップ(小)だったもの。こればかりはお店側の指針で販売しているから、なんともしがたいんだけど…

『つかれちゃった』
オールナイトだったからかしら?それとも踊り疲れたのかしら?はじめてのオールで実は開催者サイドもヘトヘトになってました。とにかく疲れるわねー、踊りっぱなし、立ちっぱなし、しゃべりっぱなしだったわ。そして、オールだから来やすい人もいれば、オールだと来られない人もいるのよね。

今回はじめてのオールをやってみて、ピークは4時頃にやってきてそれから朝は始発に向けてフェードアウトする感じだったわ。もちろん、グランド・フィナーレまで楽しんでくれたお客さんもたくさんいて、感謝感謝です。オールナイトの盛りだくさんな感じはいいけど、カマソはスペシャルタイムを含め、最後のクロージングまでをトータルで演出したいので、いまのスタイルままだとオールナイトにあってないかもしれないわね。

あたしがおしゃべりしたときに聞いた感想はこんな感じだったわ。次回のカマソに向けて、よりよく楽しい空間をプロデュースできるようにがんばります。ほかに感想やご意見ご希望があれば、お気軽にメールしてくださいね。

 

posted by ryow* at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

カマソ07 セットリスト(ラウンジ)

Cummer Sonic Vol.7
セットリスト(ラウンジ)



 『愛のグラムロック』 Presented by Yo-sk
(23:00-0:00)
(非公開になります)

Mikofu 1st (0:00-0:30)
1. Stayin'Alive / Bee Gees
2. I Don't Feel Like Dancin' / Scissor Sisters
3. Makes Me Wonder / Maroon5
4. Future Folder / Triceratops
5. I'll Be There / Doping Panda
6. Driving Nowhere / Hadouken!
7. Pogo / Digitalism
8. Game / Perfume
9. REALiTy / Capsule

Mikofu 2nd (1:30-2:00)
1. Across The Sky / Space Cowboy
2. Jump / Space Cowboy
3. Jump / Van Halen
4. Any Way You Want It / Journey
5. Place Your Hands / Reef
6. Great DJ / The Ting Tings
7. Do The Panic / Phantom Planet
8. Breathless / The Corrs
9. キラーチューン / 東京事変

『場末ロックバー』 Presented by Opa (2:00-3:00)
1. Hotel California / The Eagles 
2. Layla(Unplugged) / Eric Cranpton 
3. Heart of Gold / Neil Young 
4. Saturday In The Park / Chicago 
5. Brown Suger / The Rolling Stones 
6. Werewolves of London / Warren Zevon 
7. Move Over / Janis Joplin 
8. Proud Mary / Creedence Clearwater Revival 
9. Don't Ask Me No Questions / Lynyrd Skynyrd 
10. Mr.Tambourine Man / The Byrds 
11. You're All I've Got Tonight / The Cars 
12. The Kids Are Alright / The Who 
13. Hello Goodbye / The Beatles 
14. Black Dog / Led Zeppelin 
15. Stone Free / The Jimi Hendrix Experience 
16. Don't Stand So Close to Me / The Police 
17. Revel Revel / David Bowie 

『カマーディスコ』 Presented by Ryow* (3:00-4:00)
1. Can't Give You Anything (But My Love) / The Stylistics
2. Saturday Night / Bay City Rollers
3. Venus / Bananarama
4. You Spin Me Around / Dead or Alive
5. BAD / Michael Jackson
6. Gonna Make You Sweat (Everybody Dance Now) / C+C Music Factory
7. Candy Shop / Madonna
8. Can't Stop Moving / Sonny J
9. Crazy in Love / Beyonce
10. Womanizer / Britney Spears
11. Kylie Minogue / Wow
12. What a Feeling / 安室奈美恵
13. Polyrhythm / Perfume
14. Can't Take My Eyes Off You / The Boys Town Gang

Susan (4:00-5:00)
(非公開になります)

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Setlist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

カマソ07 セットリスト(メインフロア)

Cummer Sonic Vol.7
セットリスト(メインフロア)



OPA (23:00-0:00)
1. Sexy Girl / 安室奈美恵 
2. Keeps Getting Better / Christina Aguilera 
3. Ch-Check it Out / Beastie Boys 
4. There's No Other Way / Blur 
5. Just When You're Thinkin' Things Over / The Charlatans 
6. Jailbird / Primal Scream 
7. 24 Hour Party People / Happy Mondays 
8. Always On My Mind / Pet Shop Boys 
9. Everything It's Right Place / Radiohead 
10. Fuckin' In Bushes / Oasis 
11. Dead Disco / Metric 
12. Paris / Friendly Fires 
13. Kids (Soulwax Nite Version Remix) / MGMT 
14. ワンダーフォーゲル / くるり 
15. Blue Monday(Hardfloor mix) / New Order

Ryow* (0:00-0:30)
1. Showdown / Pendulam
2. That Boy That Girl / Hadouken!
3. We Are The Rock Star / Does It Offend You, Yeah?
4. Shut Up and Let Me Go / The Ting Tings
5. Gravity's Rainbow / Klaxons
6. Paris / Friendly Fires
7. One More Time / Daft Punk
8. Kids / MGMT

3 DJs Battle (1:00-1:30)
1. Perfume
2. Green Day
3. メリーアン / The Alfee
4. Chocolate Disco / Perfume
5. Minority / Green Day
6. 星空のディスタンス / The Alfee
7. Electro World / Perfume

Susan
(1:30-2:30)
(非公開になります)

Ryow* (2:30-3:00)
1. Coffee Milk Crazy / フリッパーズ・ギター
2. 20th Century Boy / T.Rex
3. Rocks / Primal Scream 
4. Crimewave / Crystal Castles
5. My Friend Dario / Vitalic
6. Pogo / Digitalism
7. Great DJ / The Ting Tings
8. Do You Want Do / Franz Ferdinand

Yo-sk (3:00-4:00)
(非公開になります)

Opa (4:00-5:00)
1. Love so sweet / 嵐 
2. Icky Thump (Hostage Remix) / The White Stripes 
3. Knights Of Cydonia (Ocelot Remix) / Muse 
4. Are You Gonna Go My Way (2007 laidback luke remix) / Lenny Kravitz 
5. Viva La Vida (Telemitry Remix) / Coldplay 
6. Hush(Hell-A-Remix) / Kula Shaker 
7. Song 2 / Blur 
8. Smells Like Teen Spirit / Nirvana 
9. Don't Let Go / Weezer 
10. The Anthem / Good Charlotte 
11. American Idiot / Green Day 
12. Country Girl / Primal Scream 
13. Rock'n Roll Star / Oasis 
14. My friend Dario / Vitalic 
15. Go West / Pet Shop Boys

グランドフィナーレ (5:00-5:30)
1. Runner
2. 負けないで
3. サライ
Ed. Anarchy in the U.K. / Sex Pistols
Ed. Rez / Underworld
Ed. Happy Christmas (War is Over) / John Lennon

 

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Setlist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

カマソVol.7 終了

土曜の夜、カマソにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

昼間は雨がぱらついて正直どうしましょって思ったけど、夕方には雨もあがってよかったわ。オールナイト開催、2フロア構成、ミニライブ、アナゲイ(Anarchy in the YOU GAY!)とのコラボと、初めてづくしのカマソでしたが、いかがだったでしょうか?

久々のDJバトルですがこれまで2人のDJで行っていたバトルを3人で、"3人組アーティスト"を特集してのバトル。気がついたらフロアはお客さんでいっぱいで、そして予想以上に盛り上がりました!事前のリーク情報から予想できたとおり、Perfume vs Green Day vs The Alfeeでの対決でした。

旬なPerfumeに定番なGreen Dayに対してThe Alfeeがどれぐらい対抗できるか少し心配していたけど、それは取り越し苦労だったみたい。みんなで「メリーアン!」って叫ぶ姿、よかったわー。Perfumeでは(一部の)DJだけでなくフロアにもフリを覚えている人がいて、結局最後はステージにあがってもらって一緒に踊ったわね、ありがと。

当日はハコ側の都合で入りが遅れ、準備がバタバタになり結局10分おしてのスタートだったんです。予定していたDJには都合のためギリギリでの到着(全盛期の和泉元彌みたいね)のDJもいて、その後も2フロア構成のせいかスタッフ&DJもあっち行ったりこっち行ったりで、終始落ち着かない感じでした。

そんななか深夜3時を過ぎたころ、メインではDeep Purpleから始まり音量全開のロックでラウドなセットがスタート、一方ラウンジでは「カマーディスコ」と称して70-80年代のディスコ・クラシックから(90年代はちょっととばして)2000年以降〜最近のカマーソングを特集。この時間帯、カマソでセレクトされる曲のジャンルで一番振り幅の大きいセットリストが同時進行、これも2フロアならでわの光景だったわ。そしてうれしいことに両フロアとも大盛況となり、まさにカマソの醍醐味だったと思います。

明け方から最後のグランドフィナーレまでおつきあいいただいたみなさま、おつかれさまでした。ラストはやってるほうもクタクタになってしまい、曲を間違えたりしていろいろとごめんなさい。反省することはもちろん多々ありましたが、新しい試みから得た発見や結果をフィードバックして、改善するとともに次回カマソがより発展して、パワーアップしてお届けできるようにがんばります。

最後に改めて、お越しいただいたみなさんホントにありがとうございました。

 




posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

カマソVol.7、本日開催!

いよいよだわー!

 Cummer Sonic Vol.7 × Anarchy in the YOU GAY! Vol.4
 〜アイは地球を救う〜

本日開催のカマーソニック、みなさまのお越しを心からお待ちしています。アイは地球を救うのか!?ゲイが地球を救うのか!?本日23時より救い始めます!

セットリストも決めたわ。ディスクも用意したわ。フロアの反応がよかろうが悪かろうが、勢いで流し続けるつもり。そうするつもりだけど、前回は酔った勢いでセットリストとは違う曲をセレクトしたのよね。今回はどうなるかしら。

スタッフの夜食用におにぎりを握ったわ。おにぎりは販売できずにホント残念。会場に貼るタイムテーブルもプリントしたし、エントランス用のカマソポスターもプリントした。これに「アイは地球を救う」ってフレーズ入れるの忘れたのよねぇ、失敗っ。それから現場で使う文房具も持ったし、それとCD!これがないとはじまらないわ。そしてPerfumeのPVを見るのと、あとお菓子。夜中に甘いものが欲しくなるはずだから。

ヘッドフォンは前回のカマソで壊れかけてるの。新しいのを買おうと思ってたんだけど、耳の部分の接着剤が弱くなってるだけでとりあえず使えるしね、エコよ。もしあたしのヘッドフォンにセロテープがついててもそっとしておいて。

荷物はカバンにつめたし、あとは靴をどれにするか決めなきゃ。靴が決まんなきゃ服が選べないっ!カマソは今回で7回目、ラッキー・セブンね。ていうか、ハッピー・セブンでいきたい気分。

カマソにお越しいただけるみなさま、時間の許す限り楽しんでください。想い出に残る一夜になりますように。僕にとっても、みんなにとっても。。。なんて、ちょと大袈裟かしら。さて、靴をどれにしようかしら。

 


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

いよいよ明日はカマソ

みなさん、ごきげんいかがでしょうか?

泣いても笑っても、カマソはいよいよ明日に迫ってまいりました。毎回、開催前にはあれをしたいとか、これをしたいってことがあるんですけど、そのすべては実現できていないのです。それでも、回を重ねる事に少しずつできることを増やしていってます。それはカマソというイベントとしても、自分自身としても。

たったいまイベントって書いたそばからなんだけど、実際のカマソは「イベント」って感じじゃないのよね。あたしは「パーティー」という感じの方がしっくりくるわ。ロックが好きなひとだけでなく、フツーのゲイイベントとはひと味違う雰囲気を楽しんで、みんな笑顔になって欲しいの。そのためのパーティーよ。みんな、準備はよろしくって?

なんだかんだいって、前日になって緊張してきたわ。たよりないDJね。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

カマソまで、あと2日

カマソ開催の日まで、あと2日。



画像のネタが古すぎという指摘はともかく、いよいよあと2日です。

おにぎり企画が頓挫してしまったので、借りておいた5合炊きの炊飯器が活躍することもないです。せこせことCDの準備をしています。ここまできて「何を流そうかしら?」と思案してるの。だいぶセットリストがまとまっても、また「これでいいかしら?どうかしら?」って悩んで組み直すの。エンドレスだわ。

あたくし、DJと名乗るのもはばかるくらい経験が少ないので、テクニックがあるわけでもなし、曲のセレクトで表現できるでもなし、上手にマッシュアップを作れるわけでもないの。となると、フロアが盛り上がるような曲を選ぶか、自分が好きなかけたい曲を流して悦にひたるか、ってことになるわ。でも、そのどっちに傾いてもおもしろくないと思うの、あたしの少ない経験からすると。

あたしのDJヒーローが言ってたわ、DJと曲とフロアの人がみんな一緒になって盛り上がるのがいいんだって。あたしもそう思う。DJヒーローって、カマソで回してるOpaだけどね。ヒーローは意外と身近にいるの。あら?ヒロインかしら?

Yo-sk
DJブースにいたってフロアのお客さんと一緒に楽しんでいいじゃない♪ということを、言葉ではなく態度で示して、DJブースとフロアのお客さんの距離をマッハで縮めるDJスタイル。ただ音楽を流すだけではない「何か」をカマソにもたらしてくれて、そういう意味でカマソのコンセプチュアルな部分を担ってるわ。今回ラウンジではグラムロックを特集。もちろん、メインフロアのプレイも見逃せないわよ。

Opa
自らをDJではなくミュージック・セレクターといって「役」に徹するDJ。しかし、テーマを持ったセレクトだったり、ネタを仕込んでいたり、とてもミュージック・セレクターなんて枠にはおさまらないわ。企画会議ではコンセプトをさらに加速して、楽しさを倍増させるようなネタを出してくるの。Yo-skがカマソの母なら、Opaはカマソの…やっぱり母ね。あたしも楽しみにしているOpaの時間に、遅れちゃ損よ。

Ryow*
あたしよー。

Susan
ここだけの話、スーザンはノンケよ。100%ピュアにノンケなのに、たまにオネェが出たり、歴代のカマソでは選曲がもっぱらハウス中心で、もっともオカマっぽい選曲になってたりするの。ちなみにDJプレイ外では70sロックとかスプリングスティーンとかが好きなんですって。ギャップね。ギャップのある男がもてるって、なにかに書いてあったわ。an-anだったかしら?

Mikofu
先日の「じゃぱんぐ」のPerfume特集で回していたDJの方ですわ。DJブースでディスク交換しながらきちんとPerfumeのフリを踊る姿が印象的だったわ、それも完璧にっ!ほかに『80's Hits Again』という80年代特集イベントで回してたりするの。特集枠ではないDJセットリストを見るのははじめてなので、あたしも楽しみにしてるわ。


どのDJもジャンルの幅が広く、聴く音楽と回す音楽は違ったりすることもあるので、音楽的にどうこうという紹介ではないけど、今回のDJは以上の5名でお送りします。そしてライブもあるわよー。

カマソは音楽を聞くだけじゃなくて、そこにいることを楽しむことを目指しているので、DJや友達や、当日にカマソの会場で知り合った人や、みんなで楽しく盛り上がりましょう!飲み過ぎOK、トラブル厳禁、でね。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

カマソまで、あと3日

カマソでございます。当日のタイムテーブルの発表です。

【Main Floor】
 23:00-0:00 Opa
 0:00-0:30 Ryow*
 0:30-1:00 Acoustic Live
 1:00-1:30 3 DJs Battle (P vs G vs A)
 1:30-2:30 Susan
 2:30-3:00 Ryow*
 3:00-4:00 Yo-sk
 4:00-5:00 Opa
 5:00-5:30 グランドフィナーレ

【Lounge】
 23:00-0:00  『愛のグラムロック』 Presented by Yo-sk
 0:00-0:30 Mikofu
 0:30-1:30 (Rest Time)〜LiveとDJ Battleでお楽しみください
 1:30-2:00 Mikofu
 2:00-3:00 『場末ロックバー』 Presented by Opa
 3:00-4:00 『カマーディスコ』 Presented by Ryow*
 4:00-5:00 Susan

寒い日が続いてますが週末に向けて少し平年並み程度の気温になりそうです。それ以上にカマソは熱いですわよ!お天気もいまのところ雨に降られることもなさそうだわ。願わくば晴れて欲しいの。とてつもないバカっ晴れ希望よ。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

カマソまで、あと4日

ミーティングでも盛り上がりを見せていたDJ手作りの「おにぎりセット」ですが、残念ながら販売を見合わさせていただくことになりました。

もうーっ、ごめんなさい。保健所への届け出が間に合わないの。こればかりはどうしようもないわ。当日の会場は再入場できるので、小腹がすいたらチャチャっと小腹を満たしに行ってください。そして、また戻ってくるのよー!そのための再入場なんですから。

それと、会場となるClub Hoop(別名Head Power)ですが、年内をもって現在の場所での営業を終えて、移転することが決定しています。なので、Head Powerのウェブサイトは新店舗のインフォメーションに挿し変わっています。場所はカマソのウェブサイトやフライヤーを参照のうえ、お越しください。

靖国通り沿い、厚生年金会館の通りを挟んでお向かいに建つビルの地下1階です。おもての看板は「Head Power/ヘッドパワー」となっていますので、そちらをズズズイっと入ってきてください。階段が急ですのでお気をつけあそばせ。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

カマソまで、あと5日

いよいよ今週末となったカマソ。

今回は初めてのオールナイト営業。というわけで、DJ陣の最終事前ミーティングやりました、こっちもオールナイトで。そういえば、カマソのDJチームでどっぷり飲んだのってはじめてだったんじゃないかしら?仲悪いわけじゃないのよ、みんな忙しくて全員が集まるって時間がなかなかなかったのよねー。

さて、オールナイト営業のカマソ、今回の目玉は2ヶ所あるフロア。あっち行ったり、こっち行ったり、楽しめるようになってるわ。そして今回のDJ陣も確定しました。カマソのレジデントDJとしてYo-sk、あたくしRyow*、おなじみのゲストとしてSusan、邦楽イベント「じゃぱんぐ」などでDJ活動を広めているMikofuさん、そしてカマソと。大阪の『アナーキー・イン・ザ・ユー・ゲイ』の両方でプレイしているOpa、この5名でお届けします。

オールナイトで困るのがお腹の具合。やっぱ夜中に小腹がすくわよねー。再入場できるとはいっても、カマソが楽しすぎて外になんて行ってられないわ!って貴女に、今回はDJたちが愛を込めてつくる「おにぎりセット」を深夜に販売します。フロアの間にミニ・フードコートを開設、数量限定なのでお早めに。

メインフロアのひとつめの企画はアコースティック・ミニ・ライブ。まるでMTVアンプラグド in N.Y.のようだわ。火照ったからだをチルアウトするひととき、ライブのあるメインステージはバーカウンターがあるのでグラスを傾けて楽しんでください。

メインフロアでは続けてDJバトルを企画してるの。これまでのカマソでも何度か行ってきたバトルが復活よ!今回は3人のDJが「3人組アーティスト」の曲でガチンコ・バトル。どのアーティストの曲がかかるかは当日のお楽しみに…っていいたいところだけど、2008年に一気に大ブレイクして、先日の武道館ライブの興奮もさめない"あの"3人組が流れるのは確実かしらっ!?

華やかなのはメインフロアだけじゃないわよ。2フロアの片方はラウンジスペースとして、ソファや椅子も並べられるわ。各DJが「愛のグラムロック」や、「場末ロックバー」、「カマーディスコ」といったテーマを用意してお待ちしてます。

そして、『アイは地球を救う』ということで、メインフロアで回すDJは各セットリストの最初に愛にまつわる1曲をフィーチャーします。それぞれのDJが考える「愛」や、過ぎ去りし日の「愛」の小ネタが出るかしら?出ないかしら?もちろん、最後に迎えるグランド・フィナーレまでアクセル全開でぶっ込むわよー!

カマソは事前に練った企画以上に、当日その場の勢いで雰囲気が盛りあがることが多いの。さらに今回は大阪のイベント『アナゲイ』とのダブル・ネームとなっているので、当日になにが起こるかはホントに想像がつかないわ。そして、その原動力となるのはフロアに遊びに来てくれるお客さんたちみなさんなのです。

それでは、みなさんのお越しを心からお待ちしてます。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

Club Hoopのこと

週末にClub Hoopの下見に行ってきました。

場所は新宿二丁目の近く、中通りから2ブロック目に位置して、ちょうど厚生年金会館の向かい側になるわ。Club Hoopは通常「Head Power」という名前でライブハウスとして営業しているの。なので、お店の入り口には「Head Power」としか書いていないから要注意よ。



ハコがライブハウスということで、クラブ営業時にはライブステージ側をメインフロアとして、楽屋として使っている部屋をラウンジとして、2フロア構成にできるの。今回のカマソはアナゲイとのダブルネームだけど、イベントタイトルでフロアをわけるわけじゃございませんの。生ライブあり、2フロアでいろんなDJが回し、フェス気分な感じでいきます。

さて、Club Hoopのわたしの印象としては、ライブステージというわりには小さめだからクラブフロアとしての方が向いてるんじゃないかしら?と思ったわ。いっぽう、ラウンジ側はわりと広い!楽屋として使っているって聞いてたから狭かったらどうしましょっ!って思ってたの。スピーカーはかなり締まった音で、タイトな感じだったわ。ラウンジ側も大きなボリュームで出せるスピーカーだったから安心ね。

メインフロアは高い天井に、振り返るとPAピット(ライブでいっぱいスイッチのついた機械がおいてあるところ)があり、ホントにライブハウスっ!って感じがあるわ。そこでライブをするのは、ほかでもないカマソに遊びに来てくれた皆様よ!

 カマソVol.7+アナゲイVol.4

 11月15日 23時スタート!

貴女のためのステージを用意してお待ちしてます。

 

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.07 (2008.11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。