2007年08月31日

club This Charming Man vol.6

 
あら〜っという間に8月も終わりに。

あんなに暑かったのにここ数日は風が気持ちよくて…え!?もう秋なの?今年は忙しくて夏の想い出がなにもつくれてないです。夏フェスも、海も山も花火も、なーんにも行けなかったぁ。という人、ほかにもいるんじゃないでしょうか?そんな貴女も大丈夫。夏の思いではカマーソニックで!

そんなカマーソニックも開催までいよいよあと10日となりました。高まる気持ちを…おさえることはありません。今週末は2丁目のロックイベントとして精力的な活動をしている「club This Charming Man vol.6」が開催!今回はALTERNATIVE/MIXTURE特集だそうですっ♪


DATE:2007/9/2(SUN)
DJs:NOAH,MALADJUSTED A.K.A ACIDHEAD,G-SING150,TOMOAKIRA

DOOR:¥2000(1DRINK) ※FRIENDLY MEMBER 1 DRINK FREE
TIME:17:00~to the last train?
PLACE:ROLLING STONE SHINJUKU

ROLLING STONE SHINJUKU:東京都新宿区新宿5−4−1QフラットビルB1
※厚生年金会館手前、フレッシュネスバーガーの隣のビルの地下です。
http://www.rockin-rollingstone.com
TEL:03-3341-6741

"club THIS CHARMING MAN" HP
http://djparty.mywiki.biz/

"club THIS CHARMING MAN" mixi
http://mixi.jp/view_community.pl?id=642422 

"club THIS CHARMING MAN" My Space
http://www.myspace.com/club_this_charming_man

This Charming Manをディスチャ、チャーマン、TCMといろいろ略してきましたが、最近は「チャーミング」と略してます。カマソの面々も遊びに行きますわよ。それでは!

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

フライヤー設置

 
まだまだ暑い日々が続く中、フライヤーを置かせてもらいにニチョへ。

いつものことながら、快くフライヤーを置かせてくださるCD・レコード店、バー各店様には感謝しております。しっかし、いつになっても慣れないもので新宿2丁目ではウロウロして、オロオロして…って、ちょっとした不審者のようだったと思います。

今回はゲイバーを中心にフライヤーを置かせてもらいましたが、カマソスタッフがこれまでにCDショップや古着屋なんかにも置かせてもらってます。ウェブサイトも久々に更新した、といってもdiaryのところにフライヤー設置依頼したところをupしただけですが。

スタンプラリーのようにそれらのお店をめぐってカマソのフライヤーを集めると…なにもありません。が、週末にニチョや新宿・渋谷に出かけたときはカマソのフライヤーを探してみて下さい〜。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.05 (07 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

Best of You



Beckの単発シングル「Timebomb」がCDでも出るんだろう、なんて書きましたが、ズバリ出ないみたいです。iTunesで発売後もその他のデジタル販売のみで、CDプレスはしないみたい。とはいっても気まぐれな人なので、突然アナログで出したりして(とまた無責任なことを書いてぇ)。

とか考えながら、突然Foo Fightersの「Best of You」が脳内ループ。力強さと切なさが同居したヴォーカルから始まるアノ曲ね(YouTubeで見る?)。デイヴ・グロール(Foo Fightersのヴォーカル)はこういうエモーショナルな曲にはまるなぁ。こんぐらい伸びやかに唄が歌えたら気持ちいいだろうなと思う。

んで、「Best of You」ってタイトルだけど、なにがどうベストなのよ?と思い歌詞を見てみると…。

My head is giving me life or death(アタイの頭が生きるか死ぬかってつきつけるのよぉ)/But I can't choose(だけどそんなの選べないわ)/I swear I'll never give in(誓うわっ、アタイ決して負けるつもりなんてないって)/Were you born to resist or be abused?(アンタは虐待されるために生まれてきたの?それとも抵抗するため?)

ん?なんとも物騒な歌詞が並んでるなと思ったので、サビの歌詞"Is someone getting the best of you?"を翻訳機にかけてみると、「だれかがアンタを打ち負かしてるのかい?」と訳される。

辞書、辞書っと。

 best
 【名】 最も良いもの[こと]、最善{さいぜん}、最大{さいだい}、最上{さいじょう}
 【他動】 〔人を〕負かす[しのぐ]、〔人に〕勝る

うーん、そういうことだったのね。こっちのタイトルもそういう意味でつけたのかしらね?

2188DEAG8PL._AA192_.jpg
相澤仁美/Best of You

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

ゴンドリー新作映画

 
奇才という言葉がぴったりな映像作家&映画監督、ミシェル・ゴンドリー。

何度となくブログに書いてるゴンドリーの件ですが、新作『Be kind, Rewind』のトレイラーが公開されました。

 YouTube

頭から磁力を発している主人公のジャック・ブラック(スクール・オブ・ロックの先生役ね)が、その磁力のせいでレンタルビデオ店のビデオを全部ダメにしてしまい、友人と協力して自主制作で名作映画をリメイクすることにする…ってストーリーです。「頭から磁力を発っしてる…」という時点でおかしいのですが、ミッシェル・ゴンドリー&ジャック・ブラックというタッグも見物かと。



前作『恋愛睡眠のすすめ』ではゴンドリーのカラー全開で観客がおいてけぼりだったとか(まだ見てません…)ですが、今作は全体にポップでキッチュでLo-Fiな雰囲気が流れているようです。予告編を見る限りでも、『ゴースト・バスターズ』、『ロボ・コップ』、『2001年 宇宙の旅』などのネタが盛り込まれている模様。

予告編で最初に流れる曲が『ゴースト・バスターズ』という時点でキラー・ムービーなのは間違いないですね(誤解かしら?)。それにしてもど鋭いスピードで映画撮ってるのねぇ。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

Nirvana初のフル・ライヴDVD

 
性懲りもなくNirvanaの話題です。

ライヴDVD発売決定!1992年8月30日のレディング・フェスでのパフォーマンスを収録するみたいです。これまでビデオやDVDがリリースされてましたがドキュメントとライヴが一緒になったものばかりで、意外にもフルのライヴ映像は初リリースです(おそらく)。

「Smells Like Teen
Spirit」はもちろん、
「Drain You」や「Aneurysm」に「In
Bloom」さらに「Sliver」や「Been A Son」まで収録!
演奏後の恒例ドラムセットぶっ壊しもあり、全24曲92分のノンストップ。タイトルは『At Reading Festival』で、輸入限定盤として9月15日に日本発売されます。

タワレコ情報

あたしゃ、買いますとも!

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

Beckが新曲リリース

 
Beckがシングル"のみ"リリース。

今年の春の来日も記憶に新しいBeckが、そのときのライヴで未発表曲としてプレイしていた「Timebomb」という曲をシングルでリリース。8/21(US時間)にiTunesで一週間の先行発売、その翌週からたぶんCDとかで発売するようです(all other digital music retailって書いてあった)。それ以外、フルアルバムやその他のリリースの予定はしばらくないそうです。

もひとつ。今年の8月にSteve Hanftという人がYouTubeに彼の作った「Feel The Bunny」というタイトルの古いビデオを公開しました(ココ)。そのビデオの中で使われている曲はBeckとSteveによって作られたもので、短くてクレイジーなフォークソングスです。Beckのアルバム「One Foot in the Grave」や「Stereopathetic Soulmanure」的な、リアルBeck節が満載の曲。

曲はビデオの2:15あたりから入るので、待ちきれない人はスッ飛ばしましょう。ビデオの内容はスノーボードやスケートしているシーンが断片的につなげられたものです。ちなみにBeckの曲は初期のものでこれまで出てきたことがないもの…というか、出せないよなぁ、こんな曲。というマニア向けのものです。

しかし、僕はそんな手作りな曲の方が好きだったりします。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

驚きの向こう側

 
トレント・レズナー。いわずと知れた、NINのフロントマン。

みなさんの回りにもいるでしょう、突然なにを言い出すんだ?っていう友人が。身の回りの人でも友人でもないですが、アメリカにもいました。それが、トレント・レズナーさんです。

 最新アルバム『Year Zero』を元に
 テレビ番組を制作したいと考えている

え、えぇ〜!?あの自閉症気味で一時は酒とドラッグに溺れていた引きこもりの音楽オタクといっても過言ではないトレントが…テレビだぁ!?

 ニュースもと

90年代には破壊的表現力で粗暴なノイズを限りなくハイファイなインダストリアル・ミュージックとして作成していたのですが、酒とドラッグで一時は実質的な活動休止状態。そこからドラッグを絶って2005年にアルバム『With Teeth』で復活したとき、やたらポップになった音楽性といきなり「愛」について歌い始めたリードトラックに驚きました。

その一年後には前出のアルバム『Year Zero』をリリース、戦争や環境問題について心配してました(一昔前は自閉症だったのに)。人が殻を破るにしては驚きの変貌ぶりです。その驚きの向こう側へブッとばしてくれたニュースでした。

 

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

Coke+iTunes

 
毎日暑いですが、夏ばてなんぞしてないでしょうか?コーラでも飲んでリフレッシュ!

というわけで、[Coke+iTunes]という企画やってますね。コンビニでコーラ1本買って当たりが出るとiTunesのダウンロード1曲分がプレゼントされるというもの。毎日25,000曲(最大25,000名×77日=1,925,000名様)だそうです。



たしかアメリカでは以前ペプシが似たようなキャンペーンしてたな。1本買って当たりだと…というのは同じだけど、当たりはドーンと1億本。桁が違いました。3本に1本の割合で当たりがあったそうです。

日本では9割の曲が1曲150円、残りが200円なのに対し、アメリカではほぼすべての曲が1曲0.99ドル。いまのレートで115円ぐらい。価格差があるからしょうがないかなぁ。それでも当たりの数は50倍ぐらい違うけど。

そんな[Coke+iTunes]ですが「Music on the Coke side of life」(人生のコーラの側に音楽を!)ってキャッチコピー。これはモンティ・パイソンの「Alaways look on the bright side of life」(いつでも人生の明るい面を見よう!)を元にしたのでしょうか。

YouTubeで
NikeのCMでも使われたことあります。

カマソVol.5ではハズレなしの全員におみやげ贈呈!人生のブライト・サイド(明るい部分)、いや!ブリリアント・サイド(ひかり輝く部分)ならカマソにありまっせ!


 
posted by ryow* at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

再聴アルバム

みなさん、サマソニおつかれさまでした。熱中症になったり、飲み過ぎて記憶トバしたり、はしゃぎすぎて筋肉痛になどなってないでしょうか?わたくし、サマソニの2日間とも仕事してました。グヘッ。

ネットでサマソニのライブリポート書いてるBlogを読む暇もなく。。。それでも、サマソニでカマソのフライヤーをゲリラ配布したという話を聞いてニヤニヤしてましたわ。しかし、どうだったのかなぁ、グウェン・ステファニーのステージは?(←冗談です)

さて、日々黙々と仕事をしながらも定時を過ぎるとiPodで音楽聞きながら仕事できることもあります。そんな中、再聴していいなぁと思ったのがAbandoned Poolsでした。「Humanistic」という2001年リリースのアルバム。EELSというバンドのベースの人が始めたバンドです。USっぽい音なんですが楽曲はUKっぽいしっとり感があり、UK/USどちらの音好きにも受け入れらるか、またはどちらにもウケないか。そんな中途半端なところが隠れ名盤って感じです。

あと、深夜帰宅の途中にたまたま聴いて、疲れた体にムチ打たれたかのようにシャキーン!と目が覚めたのがKitsune MaisonのコンピレーションのVol.2。フランスのKitsune(キツネ)というレーベルのコンピで、エレクトロ寄りなダンス〜ロック系好きな人は一度聴いてみてはいかがでしょうか。Vol.2から最新のVol.4と一気に聞きましたが、やっぱVol.2がオススメです。MotherwolfやBloc PartyのRemixも入ってたり、リミキサーとして大沢伸一が参加していたりと、盛りだくさん。

というわけで、キツイ仕事もiPodで乗り切ります。

 
posted by ryow* at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

明日はサマソニ

 
かれこれ1ヶ月のお休みでした。

この間にフジロックがあり、Museのライブはとてつもなく良かったとかいう話を方々で聞いたり、サマソニはギリギリまで追加アーティストがあり、B'zが出るとか出ないとか。おかげでチケットがまた売れたとかどうとか。

いや、しかし、この場にきてB'zというチョイスとは、いったいどこへ向かっているのよサマソニ??発刊から約半年が過ぎようとしているRolling Stone誌の、今月号の目玉が

 1. 綾波レイ(エヴァンゲリオンのキャラ)
 2. ボブ・ディラン

という謎の並びになっていることと同じぐらい、意味わからん(←サマソニの話が続いてる)。

というわけで、個人的には忙しすぎてフジロックにも行ってなければ、明日のサマソニにも行けませんが予定だけは立ててみました。

東京:1日目
OK Go
Shitdisco
(メシ)
Digitalism
CSS
Dinasaur Jr.→LCD→Fall Out Boy
アヴリル(笑)
Maximo Park

東京:2日目
Enter Shikari
Cyndie Lauper(いちおう、ね)
Vitalic/Sean Lenon
Cornelius
Pet Shop Boys

初日は余裕のお昼到着。それ以降、メシ以外はひっきりなしに見たいモノだらけなんです。最後にMaximoではじけ飛んで終わりっての、楽しそう〜!えぇ、行けませんけど。

一方、初日の夜はどうせ盛り上がった勢いで飲んだくれてると思うので、2日目はちょっと抜き気味のプランにしました。えぇ、行けないんですけどね。

VitalicもSean Lenonもどっちも比べられないぐらい見たいのですが、Sean Lennonは秋にも来日するのでそのときでもイイかな?その次のCorneliusにもカブるし、どっちにしても迷う〜!何度もいいますが、行けないこと確定してますので。

カマソのDJ2人は行くそうです。いっそ、サマソニ会場でカマソのフライヤーを配っちゃいなYo!

って、ゲリラ的カマソ広報活動を見かけた場合、温かく見守って下さい。そして、フライヤーをもらいにキャーってかけよってください。

それではみなさん、楽しんできて下さい。。。

 
posted by ryow* at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。