2007年04月27日

フェスの幕開け

 
米カリフォルニアのコーチェラ・フェスが今日から開催です。

coachella.jpgといっても時差があるので、日本時間の土曜の早朝からスタートですが。ちょうどゴールデンウィークとなるので大型連休を利用して日本から行ってる人も多いかもしれませんね。今年のヘッドライナーはBjork、Red Hot Chili Peppers、そしてRage Against The Machineです。とくにレイジはコーチェラ・フェス(とほんの少しのライヴ)でのみ再結成するって噂なので、プレミア感のあるフェスのクロージングになりそうです。レッチリもコーチェラでテンションあげてから日本公演の延期日程をむかえることを願います。日本からはコーネリアスが2日目に参加してます。立派になったもんだ。マタドール(米レーベル)への移籍後、いろんなRemixワークにワールドツアーで知名度をあげてますね。

コーチェラを皮切りに世界中のフェスが次々と開催されます。日本では4〜6月のアルバムリリースラッシュを終えて、7月に聴きこんで、オーディエンス側も準備万端の状態でフェスを迎えられることでしょう。

それでは、みなさんよい休日を!

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

あのドキドキ感をもう一度

 
ちょっと気が早いですが、White Stripesのアルバムが出ます。

ホワイト・ストライプスはデトロイト出身、姉弟2人組みのガレージ・ロック・バンド。姉のメグ・ホワイトがドラムで、弟のジャック・ホワイトがギター&ボーカル、その他いろいろな楽器を担当。

wstripes_2.jpgこのバンドの何がよいかは、パンク、カントリー、ブルースなどのルートミュージックを取り込んだ最新のガレージ・ロックであることや、骨太で泥臭いロックなのに不思議と洗練された感じがすること、だけではありません。ずばり、姉弟愛です(キッパリ)。

wstripes_3.jpgファンの間でも疑問視(タブー?)されている「姉メグ・ホワイトのドラムは下手なんじゃないか問題」があります。作詞・作曲のほとんどを弟ジャック・ホワイトが行い、ギター以外にピアノ、オルガン、マリンバまで演奏してます。それもドラム役しかできない姉のためのがんばりかと思うと泣けてきます。

wstripes_4.jpg2人組みからメンバーを増やさないのも、姉のポジションを脅かさないための弟の配慮なのではないかと思うと、姉のドラムがその気持ちに応えようとして必死にバスドラをドカドカならしてるようで、涙が流れてきそうに。。。("Blue Orchid" / アルバム『ゲット・ビハインド・ミー・サタン』の1曲目を聴きながら…@YouTube

そんなストライプスですが、アルバム『エレファント』(2004)と『ゲット・ビハインド・ミー・サタン』(2006)で2度のグラミー賞(ベスト・オルタナティブ・ロック・アルバム賞)を受賞。英グラストンベリー・フェスで2005年のヘッドライナーをつとめ、フジロックにも2回出演しているのに、日本での評価はいまひとつな感じがします。

下手とはいうものの、メグのドラム大好きです。あのヒヤヒヤ感はたまらないものがありますし、というか逆にドラムの技能が高いと、このバンドの曲やサウンドに合わないでしょう。新しい姉弟愛の結晶は2007/6/19発売、アルバム『Icky Thump』です。



※主観で書いてます。本気ファンのみなさん、怒らないで下さい。
 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

魔除けになりそうなジャケット

 
ビョーク。アイスランド出身の女性ボーカリスト。海外でのゲイ受け高し。

サマソニ07からのオファーは折り合いがつかなかったようですが、今年は5月にアルバム発売をひかえ、その後はヴァージン・フェス(カナダ)やサスクワッチ!(米)、グラストンベリー(英)への出演も決定しており、精力的にメディアにとりだたされています。

ビョークのオフィシャルサイトからの画像ですが、ごらんのとおり、ものっ凄いフェイスペインティングや、頭全体がモサモサしたものに覆われた写真が出てます。日本の雑誌『CrossBeat』でもビョークの特集が組まれて、これ以上に気合いの入った顔の写真が掲載されてました。このペイント顔が次のアルバムのジャケになるようです。


5月発売のアルバム『Volta』は初回限定プレスが豪華な観音開きデジパック仕様になってます。観音開くとその不気味なフェイスペイントのジャケが出現するので、ぜひ初回限定版を買って扉を閉めておく方がいいですね。魔除けとして使うときだけ開くようにして。


アルバム収録曲の"Innocence"のPVを作成するコンテストを開催するそうです。優勝者はビョークと一緒にPVの仕上げをするそうです。詳細はビョークのオフィシャルサイトで(PCのみ)。
 

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

あの日の胸キュンをもう一度

 
ラジオから聞き覚えのある歌声が。Tahiti80のヴォーカルの声でした。

tahiti80.jpg2000年にレディオ・ヒットした胸キュン☆キラーチューンの"ハートビート"の衝撃はいまだもって忘れません。そのフレンチポップバンド、Tahiti80(タヒチ・エイティーン)は、新宿HMVの店員が書いた推薦文で「肺活量少なめのボーカル」と形容され、その当時コーネリアスから放置プレーを受け(97年からしばらくアルバムを出してなかった)行き場を失っていたリスナーに救いの手を差しのべたとか。

そのTahiti80のボーカルであり、フロントマンでもある、グザヴィエ・ボワイエがソロ・プロジェクトとして「アックス・リヴァーボーイ」名義で5/23に1stアルバム『チュチュ・トゥ・タンゴ』をリリース、その先行シングルがオンエアされてました。相変わらずのユルいヴォーカルっぷりは健在。MySpace(※いきなり音出ます)で試聴できます。

ここんとこ、Tahiti80の音楽性はアルバムごとに進化というか変化してきていたので、初期Tahiti80を懐かしんでいる人にはばっちりな感じの曲でした。ちなみに、プロジェクト名は本人の名前のスペルを並べ替えたものだそうです。Xavier Boyer → Axe Riverboy。6月には来日ライヴがあります。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

サマソニ07 第7弾発表!

 
サマソニ07の第7弾アーティスト発表がありました。

8/11 Tokyo & 8/12 Osaka
Dinosaur Jr.
Modest Mouse
LCD Soundsystem
The Pipettes

8/12 Tokyo & 8/11 Osaka
UNKLE
Ben Westbeech (Tokyo only)
Madina Lake

東京:1日券 ¥15,000 / 2日券¥27,500
大阪:1日券 ¥13,500 / 2日券¥24,500


e+(イー・プラス)でチケットを先行予約するとオリジナルTシャツがもらえます。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サマソニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

anarchy in the YOU GAY!

 
ブログのリンクにanarchy in the YOU GAY!を追加しました。

anarchy in the YOU GAY!(アナーキー・イン・ザ・ユー・ゲイ!)は、大阪で開催しているGay+Rockなイベントです。前回開催時のセットリストをみたら、ドキドキしてしまいました。

オーガナイザーさんはカマソVol.04にも遊びに来てくれて、わざわざ大阪から、それも「何かのついで」とかじゃなくて、ホントにわざわざ来てくれました。Rockな人ですっ。

カマソのDJ Opaがレギュラーで参加しています。次回は2007/7/15に開催。お好み焼き食べに行くついでにでも、遊びに行ってみてはいかがでしょうか!

aitugay.jpg
 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイ・ジェネレーション

 
死ぬまでRockを聞いてるつもりか?と問われたら。

こんなニュースがありました。『英国の老人40人からなるグループThe Zimmersが来月、ザ・フーのカヴァー・ソング「My Generation」でデビューを飾る。平均年齢は78歳で、リード・シンガー、アルフ・カレッタは90歳。100歳になるメンバーも在籍する。』

レコーディングはビートルズをはじめ数々のミュージシャンが使用した英国のアビー・ロード・スタジオでおこなわれたそうです。カバー曲が、若者が年配者からの抑圧に対して新しい世代の話をしたいと反発している歌詞の"My Generation"ってのもいいじゃないですか!

zimmers02.jpgPVでは、ベースソロのある間奏で「あたしゃ老人ホームで退屈してたの」とか「3年間アパートから出てなかったわ」と書かれたフリップを見せるメンバーたち。そして、ギターをたたき壊すおばあちゃんたちは圧巻です。

zimmers01.jpg"Yeah, I hope I die before I get old"(年をとる前に死にたいモンだ)って90歳のおじいちゃんが唄うなんて、シュールです。ドラムセットを押し倒してますが、実はこの人がリード・シンガー。

 MySpaceのページ
 (音が出ます)


年をとることと、老いることとは、別だと思いました。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

Live Earth

 
元米副大統領がフェスを企画!?

環境問題に取り組んでいる元米副大統領のアル・ゴア氏が発起人として、今年2007年の7月7日に世界規模のライヴ・コンサート<Live Earth>を開催。日本を含む世界7カ国で同時開催されます。アメリカとイギリスのラインナップは発表されてます。

アメリカはBon Jovi、Fall Out Boy、Smashing Pumpkinsなど。イギリスはBeastie Boys、Bloc Party、Duran Duran、Foo Fighters、Madonna、Red Hot Chili Peppers、などが出演。ほか、 ブラジル、南アフリカ、日本、中国、オーストラリアの出演は未定です。ちなみに、日本の会場は東京ドームに決まってます。

地球温暖化などの環境問題への関心を高めることが目的で、賛同したアーティストが参加しているそうです。フェスをやること自体、環境にダメージを与えることになるんじゃないか?という話はしない方がいいんでしょうね。とりあえず、みんなに関心を持ってもらわなきゃということか。

マンガ『ブラック・ジャック』でもタカシ(BJの顔の移植皮膚の提供者)も”地球を守る医者となった”と称して、政府と対立する活動中に事故で亡くなってしまいました。環境問題への取り組みってなかなか難しいですね。

Live 8のように日本だけ盛り上がってなかった(汗)なんてことにならないように…。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

Beckライヴ@武道館

 
性懲りもなくBeckの武道館公演(2007/4/16)へ。東京3公演を制覇。

ライヴの前に、ラフォーレ原宿で開催されている「Beck Art Show」なるものを覗いてみようかと思ってたけど、あいにく仕事で行く時間がとれなかったです。もう!ちなみに、4/19までやってるそうです。それまでに行けるかなぁ。。。

http://www.smash-jpn.com/band/2007/04_beck/index.php

この日の武道館は、今回のツアーの日本での最後になるステージ。アリーナは思ったより空いてて、客席の方もけっこう空席がありましたが、ライヴのできはよかったんじゃないかと思います。見にいったほかの日にはMCなんてなかったのに、武道館ではちょいちょい喋ってました。

個人的な好みの片寄りを抜きにしても、圧倒的にアコースティック曲の方が素晴らしい出来だったと思います。バンド曲での唄ではかなり高音部分を避けてた感じがします。Japan Timesのインタビューで、次のアルバムはアコースティックギターのストイックなものを出すつもりらしいのでそっちの方が力入ってるのかな?なんて思いました。

"Tropicalia"と"Cellphone's Dead"の流れではステージ上のミニドラムセットの回りにメンバーが集まり、さながらジャムセッションのような演奏でした。これは良かった!恐らく武道館でだけのステージングだったようです。

同じツアーを見るのは多くても3回以下にしておく方がいいかなっと思いました。毎回ちょっとずつ違うセットリストだったんですけど、さすがに飽きてきたので。しかし、ライヴを見にいくといろいろな発見や再認識があったり、やっぱ良いです!

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

ナマって…

 
ここんとこ、個人的にUK強化キャンペーンを実施してました。

といっても、雑誌に載るようなメジャーなバンドを聴いてたんですけど。そういうわけでThe ViewやFratellisのネタを書いてたというわけです。で、巡り会ったのがMaximo Park(マキシモ・パーク)という、ニュー・カッスル出身のバンド。

フジロック05で来日してるんですが、当時は全然知らなかった。エレクトロミュージックの名門といわれるWARPレコードと契約した初めてのギターロックバンドとして、同年に鳴り物入りで1stアルバムをリリースしてたみたいですね。この2007年4月に2ndアルバムが出ました。

基本ギターメインのRockなんだけど、耳心地のよいメロにいい具合にキーボードが入ってて、とても聴きやすい。オフィシャルサイトで聴ける2ndアルバ ムのリードトラック"Girls Who Play Guitars"や、You Tubeにオフィシャルでアップされてる1stの曲"Apply Some Pressure"なんかがノリよくて良いです。

 http://www.maximopark.com/index.php
 http://www.youtube.com/profile_videos?user=maximoparkofficial

しかしなにがいいって、訛ってる英語。ニュー・カッスル訛りっていうのかな?北部イングランド(映画『リトル・ダンサー』の英語)にしては聞きやすいけど、やっぱ訛ってるよねぇ。かわいす。とはいえ、どんな歌詞なのかはよくわかんないんですが。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

FRF07 第4弾発表

 
フジロックのオフィシャルサイトで発表されました。

THE CHEMICAL BROTHERS / DJ CHERNOBYL / DAMIEN RICE / FEIST / フジファブリック / Gov't Mule / HELLOGOODBYE / HOT CLUB OF COWTOWN / LARRIKIN LOVE / LILY ALLEN / MONORAL / MUMM-RA / OCEAN COLOUR SCENE / PETER BJORN AND JOHN / SANDI THOM / V∞REDOMS

pbj.jpg今回の目玉はケミカルブラザーズですね。あとオーシャン・カラー・シーン、ボアダムズなども。Peter Bjorn & Johnもフジロックかぁ。あの口笛が会場の後まで聞こえるのか心配。
http://www.youtube.com/watch?v=51V1VMkuyx0

ところで、今回を含めてこれまでの発表にも名前が出てなかったと思うのですが、オフィシャルサイトには今月アルバム出したFountains of Wayneの名前が載ってました。決定?決定してるのっ!?


話は変わりますが、2007/4/11に邦盤が先行発売されたNINの新アルバム「Year Zero」が、My Spaceで全曲全尺フルで試聴できます!おぉ、ふとっぱらですねぇ。4/17の輸入盤待ちの人はこれ聴いて待ちましょう。
http://www.myspace.com/nin

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フジロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

GN'Rライヴが延期

 
Guns N'Rosesのライヴが延期になりました。

ベーシストが階段でこけて手が腫れ上がったからだそうです。ことの真相はさておき、GN'Rの来日を楽しみにしていた人には申し訳ないですが、「案の定」というか「ある意味予定通り」っていうか…ははは。汗

GN'Rのライヴが決まった時点で「ホントに来るのかなぁ?」という疑問はあり、なんだか延期になったのもひとつのイベントみたいな感じがしないでもないです。もちろん、歓迎できないのですが。

バンド側から延期の日程は7月以降にという提言があるみたいです。果たして、延期ライヴも実現するのか??出す出すといって10余年も待たされているアルバムもあるし…。ちょっとやそっと待たされるぐらいじゃ驚きもしなくなりました。

しかし、延期でもライヴは実現して欲しいですね。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

サマソニ07 第6弾発表!

 
サマソニ07のアーティスト第6弾が発表されました。今回は2組が発表。

 PET SHOP BOYS
 MANIC STREET PREACHERS

今回追加のPSBが出る日(東京:日曜、大阪:土曜)は、すでにシンディ・ローパーの出演が決まっています………なにか考慮してのことでしょうか?いや、配慮と言うべきか。

改めて、ここまでの全出演アーティストを。

8.11[Sat] TOKYO & 12[Sun]OSAKA
BLACK EYED PEAS / AVRIL LAVIGNE / GWEN STEFANI / SUM 41 / TRAVIS / THE GOO GOO DOLLS / FALL OUT BOY / SUGAR RAY / 120 DAYS / THE ACADEMY IS‥/ BONDE DO ROLE / COBRA STARSHIP / CSS / DON JOHNSON BIG BAND / GYM CLASS HEROES/INTERPOL / KLAXONS / MAXIMO PARK / OK GO / THE HORRORS / THE LONG BLONDES / THE STRANGLERS THE YOUNG PUNKS... and more !!

8.12[Sun]TOKYO & 11[Sat]OSAKA
ARCTIC MONKEYS /THE OFFSPRING / KASABIAN /PET SHOP BOYS / AVENGED SEVENFOLD / BLOC PARTY / CYNDI LAUPER / DJ SHADOW vs CUT CHEMIST / MANIC STREET PREACHERS / MOTORHEAD / BRIGHT EYES / DOES IT OFFEND YOU, YEAH? / THE DRAYTONES / THE ENEMY / ENTER SHIKARI / GOOSE / HADOUKEN! / HOT CHIP / JOSE GONZALEZ / MSTRKRFT/ THEDARYTONES / THE ENEMY / THE FARTELLIS / SEAN LENNON / THE SUNSHINE UNDERGROUND / TILLY AND THE WALL... and more !!

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サマソニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

Beckライヴ@Zepp東京


Beckの来日ライヴを見にいってきました。

デジャヴじゃありません、2回目です。前回のリキッドはぶっちゃけ微妙な雰囲気だったけど、今回のZepp東京(2007/4/8)はとても良かったです。Zepp東京は音が悪いと聞いてたのですが個人的にはそんなに気にならず、とっても楽しめました!

前回のリキッドのこともあり、テンションはあまりあがらないまま時間ギリギリの到着、しかもロビーでビール買ったりウダウダしてたら往年の名曲"Loser"のイントロが聞こえてきた。やばいっ。はじまっちゃった。急いで会場に入るも、ん?Beckもバンドメンバーもステージ上にいません。

beck_nausea.jpgと思ったら、ステージでパペットショーをやっていました。これも今回のツアーの目玉で、Beckとバンドメンバーの人形が音楽に合わせて演奏しています。それをステージ後方のスクリーンにリアルタイムで映し出します。このパペットがめちゃかわいいんですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=Aog4UOQuCYA

パペットの演奏途中からBeckはじめメンバーがステージに登場、そのままLoserを生演奏ではじめました。かっこいい!リキッドにくらべてステージが広いせいか、前回とは比べものにならないくらいイキイキとしていて、未発表曲"Time Bomb"や、PixiesやHank Williamsのカバー曲も演りました。

ちなみに、パペットショーはライヴ中ずーっとやってます。パペットたちはステージの演奏に合わせて楽器を持ち換え、Beckがギターを弾き唄う動きに合わせて、パペットも手と口が動いてます。人形師さんたちもアメリカからできるだけツアーに同行してるそうです(オーストラリではスケジュールが合わず現地の人形師だった)。

beck_at_zepp.jpg
画像左がBeck、その後にパペットショーのステージ。スクリーン
にはパペットのカメラの映像がリアルタイムで映し出される。
画像右にはお気に入りのライアン君も。[画像はSmashMagより]

もちろんテーブルショーもありました。アンコールではパペットで作ったショートムービー『Beckzilla』(ゴジラのように東京を破壊する巨大なベックジラとそれと戦うバンドメンバー)の上映、その後まさかあんな格好して出てくるとは…アンコールに限っては、"ちゃんとした"学芸会って感じ。

いまだに盛り上がるのが2ndの曲ってのもちょっと悲しいですが、ヒット曲や古い曲と最新のアルバム2枚からの曲がうまく織り交ぜられ、見ていて楽しいライヴでした。パペットショーだけでも見物(みもの)ですっ!つか、ほとんどパペット見てました。

武道館のチケットはまだ余ってますよ〜。w
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

Beckライヴ@リキッドルーム

 
Beckの来日ライヴを見にいってきました。

日付は2007/4/6で、場所は小箱(キャパ=約1000人)のリキッドルーム@恵比寿。整理番号170番台だったので、かぶりつきの5列目で見ることができました。いつもお洒落だったり、かわいい服装のBeckですが、今回は変な恰好してた。ピッピーみたい。

beck_at_liquid.jpg
ティアドロップのサングラスが最高です。ステージではBeck
ではなく、むしろ画像中央にいる半袖ネクタイ姿のライアン君
の動きとダンスに釘付けでした。[画像はSmashMagより]

小箱だったのでアコースティックでゆる〜い感じのステージを予想(どっちかというと希望)していましたが、フツーのセットリストでした。手狭なステージにもかかわらず、がんばってテーブルショーをやってくれたのはうれしかった。

テーブルショーは昨年のフジロック06でもやっていた、Beckのライヴの目玉。ステージに用意されたテーブルでいきなり夕食を取り始めるバンドメンバー。なんじゃらほい?と思ったら、次第にテーブルの上のグラスやボウル、スプーン&ナイフなどを使ってリズムをとり、アコースティックギターのBeckに合わせて曲を演奏するってショー。

beck_0406_setlist.jpg全体的にリラックスした演奏で、ライヴというよりかリハーサルって感じが…いや!それは言いすぎた。"ちゃんとした"スタジオセッションって感じでした。そうすると、Beckの唄もなんだかハナ唄みたいに聞こえてきて…いや、そこまで言うとあれですね!ハナ唄にしてはちゃんとしてた。セットリストに載ってるのにやってない曲もあったり、載ってないのにやったり、なんのためのリストなんだろう。。。

終わってみると、ちゃんとしてたんだか、してなかったんだか、よくわからないライヴでした。個人的には楽しんだのでOKですが、Beckのマニア手前ぐらいのファンじゃなきゃ楽しめなかったかな?というステージングでした。


追記[2007/4/10]:

9.jpg Beckがステージから撮ってたデジカメに写りこんでました。汗
 本人じゃなきゃまず気づかないと思いますが。

 Beck Tour Photo Diary より


 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

サマソニ07 第5弾発表!

 
サマソニ07の出演アーティスト第5弾が発表されました!

 Bonde do Role (8/11 Tokyo, 8/12 Osaka)
 Hadouken! (8/11 Osaka, 8/12 Tokyo)
 Hot Chip (8/11 Osaka, 8/12 Tokyo)
 Sean Lennon (8/11 Osaka, 8/12 Tokyo)

来ます!来ますよ!アイツが来ますっ!ショーン・レノンです、待ってました

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サマソニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

The Viewの歌詞の件

 
The Viewの"Wasted Little DJs"の歌詞の件ですが。Rockin' Onのインタビューを読んだところ、ピッグ・ラテンだそうです。ピッグ・ラテンとは、辞書によると次のように説明されています。

ピッグ・ラテン語:ふざけてラテン語に似た響きになるよう言葉を言い換えるもので、語の最初の子音を最後に移し、さらに ei を付加する。例えば dictionary は ictionaryday になる。
wasted_little_djs.jpg
"Wasted Little DJs"の歌詞は
"Astedwae ittlae ejaysdae"になっています。

語尾は"ei"のほかに、発音的にはほぼ同じなので"ae"や"ay"となってもOKみたいです。これに習って、"Wasted"は先頭の"W"をうしろに持っていき"Astedwae"(アステッドウェー)となります。

"Little"は先頭の"L"を後にもっていくのですが"Ittle+lae"とはなっていません。元々の語尾にあった"L"の発音とかぶってしまうので省略して"Ittlae"としているのでしょう。しかし、唄っているのは"Ittlelay"(イルレェー)に聞こえますけど。

最後の"DJs"を発音にならって書くと"Deejays"となるので、"D"をうしろに持っていったあとの先頭のダブルEをひとつにまとめて、"Ejaysdae"(イージェスデェー)となります。

ちなみに"Cummer Sonic"の場合、"Ummercay Onicsay"(ユゥマーケィ・オニクセィ)となります。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

エレクトロマ

 
ダフトパンク(Daft Punk)をご存じだろうか?

いまやフレンチ・エレクトロニカ・シーンの大御所となったテクノ/ハウス/ニューウェーブな2人組のユニット。常にロボットヘッドをかぶり、絶対に素顔を見せない。たとえ、雑誌のインタビューであってもあのヘルメットをかぶってくるらしい。

「One More Time」はSony VaioのCM曲で日本でも大ヒット。「Digital Love」はGAPのCMに使われ、アンドロイド姿で本人たちも出演してた。DoCoMoの携帯PreminiのCMにも出演、もちろんアンドロイド姿。

サマソニ06ではマウンテンステージ(幕張メッセ)のヘッドライナー。あのライヴは圧巻だった!ステージにピラミッド型の宇宙船のようなブースを設置、その中でロボット姿のダフトパンクがプレイ。そのときのヒットシングルは、「ロボット・ロック」というタイトル。

そんなダフトパンクが監督として初めて長編映画を撮りました。「エレクトロマ」(PCサイト)というタイトルで、人間になりたいアンドロイドの話、ロードムービーだそうだ。主人公だけでなく、出演者が全員アンドロイド姿。そこまでロボットにこだわるとは!

ここまで読んでもらって、ダフトパンクのロボットへのこだわりは十分伝わっただろうか。しかし…これはないだろう!渋谷のカフェ「Dexee Diner」がこの映画の日本公開にタイアップしてつくったオリジナルメニューセット。

 ・ガトーショコラのアイス添え ロボット仕立て
 ・カシスのホットワイン ヒューマン風味

あわせて「人間になることを夢見てセット」だそうです。ごちそうさま、今度食べに行きます。Dexee Dinner(PCサイト)の渋谷店と松濤店で4/21〜5/20の期間限定。


早く人間になりたいのはあの人たちだけではなかったってことか。


 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

サマソニ07の日割り発表

 
サマソニ07の日割りが発表!はやいね。

一緒に第4弾のアーティストとしてFall Out Boy / The Academy is... / Cobra Starship / Gym Class Heroesが追加にな…り……ましたが、Fall Out Boy以外はどんなのかわかりません。スイマセン。

しかし、ヘッドライナーにアークティック・モンキーズを大抜擢したかと思うと、もう1日のヘッドライナーはブラック・アイド・ピーズというコマーシャル性の高さ。アヴリル・ラヴィーンにグウェン・ステファニーで、とどめがシンディ・ローパー。

ちょこちょこ気になるアーティストや旬なアーティストも入っていて、サマソニらしいツボは押さえていると思うのですが、こうして見てみると今年は例年にも増してクロスジャンルなアーティスト達が並んでますね。つか、このメンツって、サマソニはいったいどこへ向かっているのだろうか…ある意味、カオス。

いちおう、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンにもオファー出したらしいですが、フツーのバンドが5組は呼べるぐらいの出演料を提示されたとか。しかも譲らなかったとかで、破談だったそうです。世界的にフェス・バブル進行中で海外アーティストのオファーが高額になってきてるらしい。

やぁねぇ。海外じゃ夏のボーナスなんて慣習はないはずでしょ?

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | サマソニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

ビョーク姉さんったら

 
今月の「Rockin' On」誌では、フジロックとサマソニそれぞれのオーガナイザーさんへのインタビューが載ってました。ステージ構成の話やらアーティストへのオファーの話など。

そのインタビューの内容より、今年のフジロック07では、スマパンとNINからの出演以来を蹴ったそうです。理由は、ヘッドライナーより前でいいポジションがあいてなかったからだそうです。NINは2年前もお断りしてたはずですよね。2回もフラれたらもうアタックしてこないんじゃ…。

一方、サマソニは去年の06が終わった直後に次はビョークで!という流れがあったそうです。で、オファーの話は着々と進んでいたそうですが、ビョークサイドから「東京・大阪で2日間はできない、無理。移動に中1日あけて欲しい。いっそ、フェスを3日間にしちゃいなよ」的な申し入れがあり、これまた破談。

bjork_volta.jpgいやーっ、ビョーク姉さんったら、スゴイ申し入れをしてたもんです。フェス3日間にしなよって…どんだけっ!ビョークはヨーロッパの方ではゲイ受けがよいらしく、その人気はマドンナに並ぶほどらしいです。うん、この発言でなっとくしたワ。2007年5月に新譜「Volta」をリリース予定です。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。