2006年12月29日

よいお年を!

 
早いもので2006年も年の瀬を迎えました。

今年のカマーソニックは2月にVol.02、8月にVol.03を開催しました。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。毎回、準備が追いつかないまま当日を迎えていた気がします。

Vol.03が終わって、はじめてカマソに遊びに来てくれた方がmixiの日記で「はじめてロックイベントに行き、どんなところか全然わからなかったけど、音楽にあわせて体を揺らし、みんなで手を振り上げて、盛りあがって楽しかった」とカマソのことを書いていてくれました。

カマソをやってて良かったなぁと思えた瞬間でした。また来年もがんばってカマーソニックを盛り上げていこうと思いますので、よろしくお願いします。

それでは、よい年末年始をお過ごし下さい。

Have a happy holiday.


 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

「Rock-king on Japan Fes.」のVol.02

 
来年ですが、J-Rockのイベント「Rock-king on Japan Fes.」のVol.02が開催。

 日時:2007年1月14日(日) 17:00〜22:30
 場所:新宿 Club Acid
 料金:2,000円(1ドリンク付き)
 http://members3.jcom.home.ne.jp/rock_kingon/

J-Rockのイベントですが、ジャンル的には広く邦楽全般って雰囲気です。カマソでレジデントDJを務めているsugawoくんも回しま〜す。それと、同じくDJのShintaroくんはDJネタがおもしろいので、そちらもぜひっ!

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

最後の火曜日

 
ガンズ・アンド・ローゼズ(GN'R)というバンドをご存じだろうか?

GNR_appetite.jpg80年代のHR/HMブームにシーンに登場するやいなや、当時のキッズ達の心をわしづかみにしたバンド。全盛期には映画ターミネーター2 [T2]に主題歌『You Could Be Mine』を提供したバンド、という方がなじみ深いか。(画像はロボットが女をレイプしているジャケットで発禁となった1stアルバム、その後ジャケ差し替えで発売となる)

あまりにも大きな名声を得て、結局産業ロックとともに心中させられてしまった(その後にグランジブームが到来)ような感じで、3rdアルバム『Chineses Democracy』は制作から10余年をすぎて、いまだリリースされず。

しかし、今年は違った!GN'Rのボーカルであるアクセル・ローズが「今年は出す!」と言ったし、さらに10月ごろにUSでのリリース日に関して「年末までにあと火曜が13回ある」と意味深な発言。おかげで、それから世間では火曜が来るたびに「まだ出ねぇ、まだ出ねぇ」となってたのです。

で、結局リリースのニュースを聞くことがないまま、今年最後の火曜日が終わってしまいました。ま、12月の上旬から「クリスマスの時期のリリースは絶望的」とか「来年2月くらいまでは発売に踏み切れない」といった情報が漏れてましたケド。

新アルバムの曲が、ネットでデモ版が流出したり(真偽はさだかでない)、ライヴでも何曲かプレイしています。しかし、もはや新作の内容などどうでもいいのです。出るか!?出ないか!?ここまで引っぱったら是が非でも出していただきたいっ!ただ、それだけなんですっ!

次の予定日は、2007年3月6日リリース(予定)だそうです。

 

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

カマソVol.04へのリクエスト

 
カマーソニックVol.04へのリクエストをWebサイトからもできるようにしました。

アーティスト名だけのリクエストでも歓迎です。過去のプレイリストを見て、「なんで○○○の曲がかかってないんダァー!」って場合、リクエスト・プリーズ。

曲は覚えてるけどタイトルやアーティスト名がわからない場合、TVCMやドラマで使われてて、何年ごろの曲だったといった、その曲に関する情報を送ってもらえれば探してみます。

【良い例】
けっこう前だけど、N産のクルマのCMで使われていた曲。ほとんどギターの音で、CMの中で歌詞は男の人が「ウゥーイェイ!」しか言ってなかったアノ曲。。。。
 >レニー・クラヴィッツの"Rock'n Roll is Dead"だな!

【悪い例】
有名な監督の映画の曲で「ポー・パーラ・パッパパー」ってキーボードではじまるヤツ。
 >わからなすぎです。

初めてのデートの時に流れてた曲
 >みんなそれぞれに違います


リクエスト、お待ちしています。





※リクエストされた曲が必ずプレイされるとはお約束できませんので、ご了承下さい。
 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.04 (07 Winter) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

士爵ボノ

 

メリー・クリスマス。

U2のボノがKnight(ナイト、勲爵位)の称号をいただいたそうです。「ナイト」は文化・学術・芸能・スポーツ面で著しい功績があった者に対し女王が授与する栄典で、日本で言えば文化勲章みたいなものでしょうか。これまでの音楽キャリアに加え、アフリカの貧困をとめようとする活動などが認められたそうです。

「ナイト」の称号をもらうと、名前に「サー」をつけることになります。同じくナイトをもらっているポール・スミスさんを例にあげると:

 サー+フルネーム (サー・ポール・スミス)

 または

 サー+ファーストネーム (サー・ポール)

bonobono.gifとなります。[サー+ファミリーネーム]では使われないそうです。で、ボノは?ボノって名字なの?名前なの?と思ったら、彼の本名はポール・ヒューソン(Paul Hewson)という名前だそうです。なぜ「ボノ」と呼んでいる・呼ばれているかは、調べた範囲では不明でした。いがらしみきおファンなんでしょうか?

と、あれこれ心配したのをよそに、ナイトをもらって「サー」がつくのは英国民に限るそうです。ボノは、アイルランド人。




最後に。JBことジェームス・ブラウンが74歳で急逝したそうです。彼のR&BとFunkへの偉大な功績を称えるとともに、ご冥福をお祈りします。

 




posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

デビット・ボウイ 再発

 
2007年1月8日で60歳を迎える(!!)デヴィッド・ボウイ。
これまでのアルバム17作品が紙ジャケットで再発されます。

Nirvanaがアンプラグド in N.Y.でカバーした『The Man Who Sold the World』を収録した同名のアルバムは、1971年の発売当時に採用されたドレス・カヴァーを特殊仕様で再現していたり、『Aladdin Sane』では発表時に封入されたファンクラブ申込カードを復刻して封入するなど、こだわりの再発です。

<2007/1/10 リリース>
 『Space Oddity』(1969)
 『The Man Who Sold the World』(1971)
 『Hunky Dory』(1971)
 『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars』(1972)
 『Aladdin Sane』(1973)
 『Pin Ups』(1973)

<2007/2/7 リリース>
 『Diamond Dogs』(1974)
 『Young Americans』(1975)
 『Station to Station』(1976)
 『Low』(1977)
 『"Heroes"』(1977)
 『Lodger』(1979)

<2007/3/7 リリース>
 『Scary Monsters (and Super Creeps)』(1980)
 『Let's Dance』(1983)
 『Tonight』(1984)
 『Never Let Me Down』(1987)
 『Tin Machine』(1989)

再発される中で一番最後の『Tin Machine』は、デビット・ボウイの名義ではなく、彼のバンド「Tin Machine」の名義ですけど。

1967年の『David Bowie』と、90年代以降の『Black Tie White Noise』、『Outside』、『Earthling』、『'hours...'』、『Heathen』、『Reality』は発売されず。

シリーズ全17タイトルを全て買って、応募すると、全員に紙ジャケット17枚収納できるオリジナル・ボックスがプレゼントされるそうです(締め切りあり)。

くわしくは、東芝EMIの特設サイトへ:
http://www.toshiba-emi.co.jp/st/series/davidbowie2007/


そ…それなら最初からBOXでも売ればいいのに。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

iTunes BEST of 2006

 
Appleコンピュータは、iTunes Storeの累計ダウンロードランキング「iTunes BEST of 2006」を発表しました。今年1月1日から11月30日までのダウンロードを集計。

シングルでは宇多田ヒカルのau LISMOキャンペーンのCM曲が1位に。

 順位  アーティスト      曲名
1 宇多田ヒカル Keep Tryin'
2 mihimaru GT 気分上々↑↑
3 Monkey Majik Around the World
4 Def Tech My Way
5 AI Story
6 スピッツ 魔法のコトバ
7 大塚 愛 ユメクイ
8 Aqua Timez 等身大のラブソング
9 宇多田ヒカル This Is Love
10 BoA 七色の明日〜Brand New Beat〜



アルバムではモーツァルトの楽曲集が1位に。さすが、生誕250周年です。


 順位  アーティスト      曲名
1 Capella Istropolitana   ザ・ベスト・オブ・モーツァルト
2 スピッツ Cycle Hit 1991-1997
3 Yuka 宮崎 駿の世界 - ヴァイオリンとピアノの調べ
4 宇多田ヒカル Ultra Blue
5 Def Tech 1 × 2 (Limited Edition)
6 スピッツ Cycle Hit 1997-2005
7 松任谷由実 A Girl In Summer (iTMS Edition) - EP
8 Sergio Mendes Timeless
9 Celtic Woman Celtic Woman
10 徳永英明 Vocalist 2

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

Oasis ロードムービーの再上映会

ビートルズの新作『Love』に対して酷評を呈しているらしいノエル&リアム・ギャラガー兄弟ですが、彼らのバンドOasisのロードムービー『Lord Don't Slow Me Down』の試写会が再び日本で行われるそうです。

応募締め切りが12/21(木)の24:00までと、超ギリギリですが。
http://www.sonymusic.co.jp/oasis

このロードムービー、約1時間半にわたりツアーのステージ上から楽屋までメンバーを追っかけ、ありのままの素顔が収められているそうです。

11月16日にShibuya-AXでプレミアム試写が行われたのですがいまのところ公開や発売の予定がなく、ファンの声にこたえてた形になるのかな?

しかし、前回は400人に対して2万通の応募があり、今回は125組250人の招待。どうせならリリースしようよ。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

Beatles: only on iPod?


「Apple」という名称についてたび重なる訴訟で争っていた、ビートルズの版権を持つ英Apple Recordsと、iPodやiTunes Storeの米Apple Computer社。

もっとも新しい裁判ではApple Computerがオンラインでの音楽販売でAppleという社名を使用してもよいと判決が出た思います。その後、先月NNMoney.comにFortuneの「ビートルズの楽曲がiTunesで先行発売される」という記事が出ていました。

 Beatles: only on iPod?
 FORTUNE Magazine
 By Tim Arango, Fortune writer
 November 27 2006: 11:58 AM EST


そんなビートルズ『Love』のプロモーションがYouTubeMyMusicで行われています。同アルバム収録の曲「Within You Without You / Tomorrow Never Knows」のPVが見れます。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

マイケルのプレミアムパーティが延期

 
マイケルと過ごすプレミアムなXmas…が延期されたそうです。開催4日前に急遽発表となったわけですが、Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)の記事によると:

『主催者側は、マイケルがファン交流の日程追加を希望したため、スケジュールの都合で延期したと説明した。その一方、米誌にマイケルが鎮静剤とワインの常用中毒だと報じられた。』

事の真偽はわかりませんが、延期されて3月8日と9日の2日間となりチケットも:

『8日は40万円のプラチナ席を残しVIP向けに限定300人で公演。9日はスタンディングチケット1万5000円を2700人分用意した。』

両日ともデイヴ・スペクター氏がMCを務めることになったそうです。どんどん安っぽくなってきている感が…。さらに同記事によると:

『ファン感謝の意味を込め「サンキュー」から3月9日の公演日を決めたという。』

ダジャレですかぃ!!
はっ!それでデイヴ・スペクターがMCを!?

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

Vol.04 サイトのオープン

 
カマソのVol.04スペシャルサイトを正式にオープン。
その直後、Internet Explorerで正常に表示されないことを発見。

ページ中のJava Scriptに問題がありました。実は、Java Scriptはかなり勘で作成しているため、ちゃんと動作しなくても驚きはないのです。応急手当をした後、ちゃんと動いているJava Scriptをコピーして使うことにしたので、これできっと大丈夫。

Vol.04の開催にあたり、カマソが現時点で目指すイベントの方向を表現して、オーガナイザーやスタッフの想いもサイトのなかに反映していきたいと思います。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.04 (07 Winter) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

マドンナ姉さんのお祭り

 
年末のWowowはマドンナ姉さんのお祭りよ。

 12月30日(土) 午後8:00
 コンフェッションズ・ツアー ライヴ・フロム・ロンドン

で、その放送の前にあるのが、

 12月30日(土) 午後5:55
 アイム・ゴーイング・トゥ・テル・ユー・ア・シークレット

ライヴは9月に東京で締めくくったコンフェッションズ・ツアーの、ロンドンでの公演のもの。毎回同じ内容のショウだったみたいだから、東京ドームに行けなかった人は必見ですね。放送枠が2時間あるってことは…あのショウを全見せってこと!?

その前にある、アイム・ゴーイング・トゥ…の方は、マドンナのプライベート映像を交えたドキュメンタリー。2005年欧米でTV放送され、2006年6月に同名のタイトルでリリースされたライヴ・アルバムについてたDVDにも収録されていたものと同じだと思います。

さらにその前には映画「カンフー・ハッスル」をやってます。
息切れしちゃいそうっ!

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

カマソVol.04サイト構築中

 
カマソのVol.04向けサイトを構築中です。
フライヤーもデザインしはじめているはずです。

ちょっとだけニュース記事を紹介。

トム・ヨークが1stソロアルバムから「The Clocks」のリミックス曲を、期間限定でネット配信してます。12月11日から1週間のみ。http://theeraser.net/を開き、右から2つ目のビル(?)をクリックすると聴けます。PCのみです。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Vol.04 (07 Winter) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

Kabuki Rocks - Visual kei

 
グラミー賞の公式サイトを見ていると、Industry News(業界ニュース)に日本のRockに関する記事が。そのタイトルは「歌舞伎ロック」!

 Kabuki Rock
 November 30, 2006
 Visual kei artists from Japan invade Germany and set sights on America
 GRAMMY.com -
Bryan Reesman

15年もの間、ドイツでMetallicaやTool、Deftonesといったヘヴィ系のアーティストのプロモータをやってる人が、およそすべてのRockについて知ってるつもりだった…奴らを見るまでは!音楽業界とのつながりもなく、最少の宣伝のみで、ベルリンで3,800人の若者がひしめきあうライブハウスを揺らしていた、 派手な衣装を着飾った日本から来たそのバンドは。。。

 Dir En Grey(ディル・アン・グレイ)っ!

興味を持った彼は、急いでミュンヘンにある日本のマンガ/アニメショップの店長と話をして、J-Rockとvisual kei(ヴィジュアル系)について調べたそうです。ナイス相談先!

ちなみに、Dir En Greyの最新シングルを試聴したら、わりとハードコア〜スクリーモな感じ。ちなみに、言葉の壁はあっさりと飛び越えてます(スクリーモだから何いってるか聞き取れなという意味で)。

ドイツでは日本のゴシック・ロックにも人気があり、その辺からこういった新しいバンドが出てくる土壌ができていたんでしょうね。2007年には自らがヘッドライナーの北米ツアーを行うそうです。


しかし、もうそろそろ「元ヴィジュアル系」という肩書きは
はずしてあげてもいいんじゃないでしょうか?






なんかの間違いでたどりついたDir En Greyのファンの方がいらっしゃいましたら、
どうか叩かないでください。


 
posted by ryow* at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

グラミー賞ノミネート発表

第49回グラミー賞のノミネートが発表されました。【ココ

グラミー賞は「フィールド」とその配下の「カテゴリ」で分類され、例えば主要部門といわれるのは、「General Field」に分類されている、次の4つのカテゴリです。

 年間最優秀レコード部門(Record Of The Year)
 年間最優秀アルバム部門(Album Of The Year)
 年間最優秀楽曲部門(Song Of The Year)
 最優秀新人部門(Best New Artist)

その他、31のフィールド、108のカテゴリにわけられています。
「フィールド4 Rock」より、一部のカテゴリのノミネートリストを紹介。

Best Solo Rock Vocal Performance
 Nausea / Beck
 Someday Baby / Bob Dylan
 Route 66 / John Mayer
 Saving Grace / Tom Petty
 Lookin' For A Leader / Neil Young

Best Rock Performance By A Duo Or Group With Vocal
 Talk / Coldplay
 How To Save A Life / The Fray
 Steady, As She Goes / The Raconteurs
 Dani California / Red Hot Chili Peppers
 The Saints Are Coming / U2 & Green Day

Best Hard Rock Performance
 Crazy Bitch / Buckcherry
 Every Day Is Exactly The Same / Nine Inch Nails
 Lonely Day / System Of A Down
 Vicarious / Tool
 Woman / Wolfmother

Best Metal Performance
 Redneck / Lamb Of God
 Colony Of Birchmen / Mastodon
 Lies, Lies, Lies / Ministry
 Eyes Of The Insane / Slayer
 30/30-150 / Stone Sour

Best Rock Instrumental Performance
 Chun Li's Flying Bird Kick / Arctic Monkeys
 The Wizard Turns On... / The Flaming Lips
 Black Hole Sun / Peter Frampton
 Catsellorizon / David Gilmour
 Super Colossal / Joe Satriani


お気に入りのアーティストはノミネートされてたでしょうか?むしろ、好きなアーティストはグラミーなんて獲ってくれない方がいい!という場合もありますよね。

メタル部門でノミネートされているMinistryのアル・ジュールゲンセンは「グラミーにノミネートされるってのは、感謝祭やクリスマスの時に、おばさんから濃厚なキスを受けるようなものである。気持ちは分かるんだけど、セックスにすることにはならないみたいな。」だそうです。


発表は来年、2007年2月11日(日)です。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

ダブル命日

 
本日、12/8は元BeatlesのJohn Lennonの命日です。26年前の1980年にN.Y.の「ダコタハウス」という自宅アパート前で凶弾に倒れました。この、「ダコタハウス」っていまでもフツーにN.Y.に建ってるんですよね。

犯人のマーク・チャップマンは現在51歳で、ニューヨーク州バッファローの近くにある刑務所に収監されているそうです。仮釈放は2000年、2002年、2004年と3回にわたり拒絶または却下されています。

元PanteraのギタリストDimebag Darrellがライヴ中(当時のバンドはDamageplan)にステージ上で射殺されるという衝撃的なニュースが届いたのも、2年前の同じ日でした。メタル界の最重要人物を失った、悲しき日でもあります。

 

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

ジェイミー・カラム

 
私事ながら…なんて。毎回私事みたいなもんですが。

jc_live.jpgジェイミー・カラムのライヴ@渋谷AX(2006.12.06)を観に行ってきました。今年は2月にApple Store(これも渋谷)のイベントに出演、6月にクアトロ(これまた渋谷)で単独ライヴと、なんだかんだでよく来日してるようです。チケットが売れるからかな?今回は広島・大阪・東京(2days)でした。

初めて生きて動いているジェイミーを見た印象は「背が低いっ!声でかいっ!唄うまいっ!」。26歳ですが、見た目も若いです(身長のせいか?)。それに対し、バンド・メンバーは年いってる人が多く(そのぶん上手い、多芸)で、ドラムの人は「どこかの中学校の校長先生」のような感じでしたよ。

彼のライヴでは、

 ・破天荒なピアノ奏法や(足やおしりで「フンッ」って叩き弾く)
 ・ピアノの上に立ち上がったり(ベン・フォールズみたいね)
 ・ピアノをパーカッション代わりに叩いたり(「YAMAHAの人はいないよね?」と確認)
 ・観客をステージにあげたり(好みの娘を選んでる)
 ・客席の右と左でハモるようにシングアロングさせたり

という話題が多いですが、これって毎回同じネタなんですね(それでも楽しい)。そんなジェイミーのネタや、冗談ばかりのMCにクスリとも笑わないバンド・メンバーたちが印象的でした。ま、18ヶ月も続いたツアーのファイナルだったそうで。とにかく、エンターテイメント性をとても意識したライヴでした。

「Jazz界の貴公子」というキャッチコピー(日本だけだよなぁ?)らしいですが、まったくあてはまりません。むしろやんちゃ坊主で、はしゃぎ走り回る子供のような無邪気さですが、それも若くして豊かな才能と、素晴らしい声と、表情豊かな歌唱力があってのこと。

ステージに出てきたときはけっこう厚着だったジェイミーですが、ライヴが進むにつれて、ジャケット、カーディガン、ネクタイ、シャツと脱ぎ捨てていき、それを見ながら「やぁ〜!このまま全部脱いじゃってちょうだい〜」と、ドキドキしたとか、しなかったとか。

音の基本はJazzぃんですが、PopでRockで若干Hip-Hop要素ありで…くわしくは世に多くあるレコード・レビューなどを参考にしてください(オイ)。ピアノ好きからでもJazzからでも、Popからでも聴きこめます。きっと。

 


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

DRMなしのMP3

 
音楽業界は、無制限コピーを防ぐ手段のないmp3形式での音楽販売をかたくなに拒んできました。しかし、大手Blue Note Records(ジャズの超名門レーベル)は、ノラ・ジョーンズ(22歳でデビュー、その年のグラミー賞で8冠!)の最新シングルを米Yahoo!でmp3として販売するそうです。

90年代の終わりから台頭してきたファイル交換ソフトによるmp3ファイルの無料交換を防ぐために、音楽業界はオンラインストアでの販売にはデジタル権利管理(DRM)と呼ばれる特殊なコピー防止技術を組み込むことを条件としました。

それを逆手にとり、トップシェアを誇るiPodではiTunes Storeで購入した音楽(もしくは手持ちのCDから取り込んだ音楽)しか再生できないというDMRによる「縛り」をつくってしまいました。

例えば、iTunes Storeで購入した音楽はSonyのネット・ウォークマンや携帯電話では再生できないし、逆にNapstarやLISMOで購入した音楽をiPodで再生することはできないのです。

これでは市場が伸びる可能性がなくなってしまいます。ハードウェア会社はiPodから自社の製品への買い換えをさせたいし、音楽を売るほうは最も所有者数の多いiPodユーザにも音楽を買って欲しいという思惑もあります。

大手レーベルからmp3で販売することは、音楽業界における重大な変化だと思います。が、しかし、なぜ、音質の悪いmp3にするかなぁ。。。そのぶん安いんでしょうかね?デジタルコンテンツの流通の動向は、その行く末を見守りたいですが、音質が下がるのは歓迎できないです。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

「4」はイタリア語で「クワトロ」

 
quattro.gif「来年の話をすると鬼が笑う」などと言いますが。

 Cummer Sonic Vol.04
 2007/02/04(日) 新宿Club Acid

以下、予定(つまり未定)ですが。

 だいたいいつもと同じぐらいの時間(17:30〜22:30ぐらい)
 たぶんいつもと同じ料金(2,000円 程度)
 そしていつもと同じDJと過ごす、ステキなトキメキ・タイム

2月4日ですよ、2月4日。おわかり?

「ニーヨンの日」と覚えてちょーだいっ。これで忘れませんね!(ノンケの人にはわけのわからん語呂合わせでしょうがゲイ業界では覚えやすいはずなんです、ご了承下さい)

前回と同じスタッフでキックオフとなりましたので、みなさんどうぞ2月の予定表(ニーヨンの日)にはサラサラっと、「カマソニ」っと、お書き添えください。なにか企画のようなものを盛り込みたくもありますが、それもこれもたくさんの来場者があってのこと。

まずはたくさんの人に認知されるよう、フライヤーの作成と配布という地道なところから宣伝活動をしていかないとですね。

みなさん、よろしくお願いします。



※画像はクワトロ・バジーナさん

 

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.04 (07 Winter) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

紅白

 
先週、第57回紅白歌合戦の出演者が発表となりました!

今年は紅(昌子)と白(進一)の、森vs森対決が目玉ですっ!(目玉か?)。まぁ、タイムリーですしね。石川さゆりも和田アキ子も、小林幸子も美川憲一も、クーミンもWaTも出ます!それにしても、シカオさんって初出場なんだ。

nhk.gifここ最近は中立公正な番組作りのため(または若年層の視聴率をあげる目的か)、CDセールスやWebによる人気投票を出演者選考に加味していましたが、それだと演歌勢が不利となり高年層の人気を逃してしまうことに。結果的に、各事務所・プロダクションごとに出場枠がだいたい決まっている従来型が継承されていくようです。

例えば、ジャニーズ事務所は2枠で、ずっとSMAPとTOKIOです。あんなにCDの売れてるKinki Kidsも、人気の高いタキツバ(タッキー&翼)、V6も歌わせてもらえません。把握不能なまでにユニットが増加しやすいハロプロは「○○&モー娘。」とか、ソロ歌手を集めて紅白用のユニットにする、抱き合わせ出場で堀内孝雄(所属がハロプロを抱えるエージェント会社)の枠をキープするなどの努力がみられます。


気になる他局ですが、

 日テレ(4ch):「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」のスペシャル版
 TBS(6ch):「K-1 Dynamite!!」(魔裟斗、山本"KID" 徳郁、ボブ・サップ、曙など)
 フジ(8ch):「幸せって何だっけ」(細木数子)&フィギュアスケート(荒川静香など)
 テレ朝(10ch):「ドラえもん」生放送スペシャル&「TVタックル」

ん?ドラえもんが、「生」って??気になる。
さすが大晦日のプログラム。

 


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。