2006年06月30日

カマソ通信 #20060630

前回のカマ通で予告のとおり、カマソ Vol.03のフライヤーが完成しました!デザインはカマソブレインのnoriです。



これにあわせて、カマソのwebsiteのトップページもリニューアルし、Vol.03ページ にもフライヤーを画像で載せてます。そちらでは、フライヤー画像をクリックすると裏ビデオは見れませんがフライヤーの裏面が見れます。

これからプリントしてペーパーフライヤーが完成したら、都内各地のCD/レコードショップや2丁目界隈のバー、カフェ、またその他のゲイフレンドリーなお店にも設置予定です。過去に、勝手にレコード屋に放置してきたという話も聞いたことありますが、オカマを本気にさせるとそれぐらいやります!(冗談です、ちゃんと許可を頂きます)

「このお店でもカマソの応援してくれるそうです!」なんてFuckin' グレイトな情報をお持ちの方、ご連絡お待ちしています!


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

ROCK-KING ON JAPAN FES.

カマソのレジデントDJのsugawoくんも参加するイベントが開催されます。

 ROCK-KING ON JAPAN FES.
 日時:7月2日(日)17:00−22:30
 場所:新宿 Club Acid
 入場:2,000円(1ドリンク付)
 website:http://members3.jcom.home.ne.jp/rock_kingon/
 mixi community:http://mixi.jp/view_community.pl?id=814099

RKOJFウェブサイトより
「元々J-ROCKが大好きな人も、潜在的なリスナーも、ROCKをあまり聴いていなかった人も、みんな集まれ!邦楽限定なので、洋楽が苦手という人にとっても優しいイベントです」

DJ陣がカマソに遊びに来てくれたりと、親交のある人たちのイベントです。カマソの方にリンクしていただいてたので、Blogから張り返しさせてもらいます。


しかし、向こうのウェブサイトは爽やかだわぁ。。。梅雨の憂鬱をはらすにはちょうどいいイベントですよっ!



posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

"Thembi" / Pharoah Sanders


ファラオ・サンダース、1940年にアーカンソー州リトルロックに生まれる。テナー・サックス奏者。1970年リリースの作品で、『テンビ』とは当時の奥さんの名前でもある。(Amazon.comで試聴

2曲目「Red Black and Green」は冒頭からサックスが迷ったかのように「バボー、ブビー、パラヒャ、プハッ、ブォォォォ」と滅茶苦茶なことになってる。しばらくするとサックスが落ち着いて美しいメロディを奏でた。。。と思ったら、また曲の中間あたりで「バブゥゥー、ボゥッ、パララピゥララ」と悩みはじめる。(Amazonの試聴だと悩んでいるところしか聴けない)

これまで、Sonic Youthとかがステージでギターノイズを出して踏んだり燃やしたりたたき壊したりする行為は、わりとパフォーマンス性が高い思っていた。しかし、ファラオの上記の曲を聴いて、サックスで滅茶苦茶に聞こえるブロウで感情を表現するのと同じように、Sonic Youthもギターが出せる存界の音のためにやっているんだ、とその真意を知る。

個人的には、音楽においてよく理解できていなかったことに次々と答を示してくれたアルバム。そして、初めて聴いたJazzアルバムでもある。JazzからSonic Youthの真髄を知り得る…。

カマソにきて、ロックやラウド系の音楽でも踊れるし楽しめるってコトを知るのもいいんじゃないでしょうか!



† フツーに読むとファロア・サンダースだが、一時期ファラオ〜で活動していて日本ではその呼び方の方が定着しているらしい。ちなみにファロアもファラオもどっちも芸名。本名はファレル・サンダースで、芸名と大して変わらなかったりする。顔はヒゲに覆われて、仙人もしくはインドのサドゥー(修行僧)のよう。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

ネットショッピング

以前はアナログ盤やレアなCDを探しに街のレコードショップを彷徨ったものですが、今ではCDもレコードもネットで買えます。なかでも、Amazon だと価格が安い上に送料もたいてい無料になるし、特筆すべきは結構マニアックなタイトルもストックしていることです。

しかし、お店で買う場合と比べてネットで買うと、いまいち思い入れができないんです。レコード屋であれでもないこれでもないと悩んで厳選したつもりでも両手いっぱいにディスクを抱えてレジに並んでる、あの達成感というか充足感はクリックひとつのネットショッピングでは味わいづらいものなのかもしれません。新しい時代に慣れないといけないってことでしょうか。


カマソでは曲が新しかろうが古かろうが、楽しければ何でもスピーカーで鳴らしちゃいます。「新しい時代」に慣れるよりも鳴らせ!(そして踊れっ!騒げっ!)って具合です。Vol.03まであと2ヶ月をきっています!


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

カマソ通信 #20060626

Cummer Sonic Vol.03のフライヤー(イベント紹介のビラ)作成が進行中。完成直前のサンプルを見ましたが、これがとってもかっこいい!

レインボーカラーを使ったロゴと、モノクロームなグラフィックがとても目をひきます。今回は両面印刷の予定で、裏面にはマップやカマソの説明などの情報を掲載。これまでどおり、最初っから破格値設定のためフライヤーディスカウントは採用していませんが、このフライヤーは見かけたら絶対に持って帰りたくなるはずです。

フライヤーが完成したらサイトで公開するとともに、フライヤー設置店をご案内します。完成間近、こうご期待!

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

LOUD PARK 06

メタルブーム再到来の兆しがある(ない?)今日このごろ…。満を持してメタル系の国内フェスが誕生します。

 LOUD PARK 06 <http://www.loudpark.com/ >
10月14日(土) 15日(日) 千葉・幕張メッセ
1日券:¥12,000 / 2日通し券:¥20,000 (ともに税込)

こんな偉業を企画したのは「クリエイティブマン」。ヘッドライナーは SLAYERにMEGADETH。MINISTRYやNAPALM DEATHなども。ちょっと古すぎな感じもしますが、最近のラウド系バンドも出演予定。これから毎年恒例のイベントになるかどうかってところです。


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

カマソ通信 #20060622

カマソVol.01〜02までを開催させてもらった渋谷の「Club 宙(Chu)」が、2006年7月をもって閉店することとなりました。ウェブサイトの地図が見づらくて、お客が集まらなかったのでしょうか?(邪推)

残念です、店が閉店なら最後はどんだけ大暴れしても良かったんじゃ…って、そんなことないですね。


カマソVol.03の開催場所は、新宿のClub Acidです。こちらはフロアが広いので好きなだけ盛り上がれますのでっ!


posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

"I'm Going To Tell You A Secret" / Madonna

 マドンナ初のライブ盤『I'm Going To Tell You A Secret』(2006/06/20)は、2004年のツアーの[CD+DVD]リリース。CDにはジョン・レノンの「イマジン」のカバー、DVDにはツアーのオフショットでサイクリングをするマドンナなどを収録。

カマソのオーガナイザー一行はライブCDではなく、13年ぶりの来日公演(前回のプロモーション来日&シークレットライブは別)のチケットの方をゲット済みです。

9月16日(土) 大阪ドーム
9月20日(水) 東京ドーム
S席-14,000円 / A席-11,000円 / プレミア席-50,000円

チケットぴあ
プレリザーブ2次受付期間:6/27(火) 6pm 〜 7/4(火) 9am
一般発売日:7月9日(日) 10:00AM

※発売日時は事前に「チケットぴあ」へご確認下さい

まだチケットを購入するチャンスはあります。
さぁ、東京ドームで会いましょうっ!


カマソではいまだMadonnaは流れておらず、vol.03ではどうなるか!?
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

"My Way" / Akufen

ちょっと前の2002年リリースですが、クリックハウス(マウスのclick音のように短い音の断片をつなぎ合わせているから)や、カットアップハウス、マイクロハウスといわれるジャンルです。Akufen(アクフェン) from モントリオール、カナダ。

 [Fatboy Slim=ノーマン・クック]と同様に、[Akufen=マーク・ルクレール]という公式があります。これまた同じようにDJとしても著名なようです。アルバム"My Way"より、気に入ったのは 4. 5. 6. など。

Amazon.comで試聴 
<<rew [stop] play> ff>>

アナログラジオでチャンネルを合わせるためにダイヤルを回すと、ノイズと音が交互に混じりあう、アレをリズミカルにした感じ。しつこいぐらいカットバックが使われてる曲は聴いてて忙しいけど、めまぐるしく入れ替わる音が心地いい。

ハウスに大別されてますが、人によってはファンクネスを感じたり、ハウスのわりにグルーヴ感があります。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

カマソ通信 #20060619

春が訪れた頃から、カマソのオーガナイザーさんはノンケ・ゲイの区別なく、いろいろなイベントに顔を出させていただきました。以下、お邪魔させていただいた順番に:

MARVELOUS!!(マーベラス!!)
ノンケさんの開催している、ロックメインのオールジャンルイベント@三軒茶屋CHROME。”最近”の音から90'sのロックまで幅広く。DJレコメン曲をかける時間があったり、DJブース前にバナナが盛ってあったりします。[次回:6月24日(SAT) 場所:三軒茶屋CHROME OPEN:11:00PM, PRICE:¥2000w/2drinks, Banana:¥50]

Teenage Kicks!(ティーンネイジ・キックス!)
ロックメインのGay/Mixなオールジャンルイベント。カマソと方向性が同じイベントですが、こちらは定期的に開催されているイベントです。オールナイトなので夜遅くからの参加でもOK。3月のイベントにお邪魔したときはレッチリ特集の時間もあり、アゲられました。

80's Hits Again(エイティース・ヒッツ・アゲイン)
80年代にBillboardチャート100にランキングされていた曲を特集したイベント。第1回目だったのですがフロアは過熱気味で、2回目の開催が計画されているそうです。カマソのレジデントDJのSug@woくん、Opaくんも参加しています。

30代でナイト
Gayイベントのビッグネーム。ものすごい知名度と集客力をもっているイベントです。顔見知ったDJさんが回す時間には、オネハ(オネェHOUSE)ばかりではなくロックを含んだ80'sヒットからレイブ〜TRFという笑いとプレジャーな選曲でフロアを盛り上げてました。

デンジャ裸ス
比較的新しいGay/Mixなイベント。前半がイベント、後半がダンスタイムという構成で、DQショーあり、ニチョパラ(2丁目のパラパラ)HOUSEありの、正当派(?)のGayイベント。たくさんのお客さんがオールナイトで楽しんでいました。


どこかのイベントでカマソのメンバーにあったときは、気軽に声をかけて下さい!
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

"The Eraser" / Tom Yorke

無料の楽曲配信などを行っている音楽サイト「mF247 」(ミュージック・フォーキャスト247)で、カセットテープ風の操作でストリーミング再生が可能な「miXtapes」(ミックステープ)サービスがスタートしました。
[要]Windows XP / Mac OS X 10.3.9 以降 + Flash Player 7 以降

 この「mF247」で6月19日の午前0時より、レディオヘッドのトム・ヨーク(Vo.)のソロアルバム『The Eraser』からの新曲「Black Swan」が試聴可能となります。トム・ヨークの新曲がネットで試聴できるのはここだけだそうです。

トム・ヨーク・ファンのかたは、チェキラッ。


カマソ ではvol.01、vol.02ともRadioheadが流れています。さて、vol.03では?
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

カマソ通信 #20060615

5月から最近までの、カマソ情報。

・Vol.03のサブタイトルを検討中
・DJのPlay順が仮決定したみたいです
・フライヤーのデザイン作成がはじまりそう

フライヤーは今回初めてデザイナーさんの手で作成される予定です。フライヤー作成が本業ではないですが、ご厚意に多謝多謝です。
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vol.03 (06 Summer) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

"Stadium Arcadium" / Red Hot Chili Peppers

 Red Hot Chili Peppersの新盤『Stadium Arcadium』(2006/05/09)は2枚組みなのに約3,000円というお買得感。限定のDVD付Boxにはブックレットの他、コマ(?)、ビー玉(??)と、余計なものまで付いて約8,000円。こっちで元取ってるんだな。

ここんとこ、叙情的なメロディでめっきりフルシアンテ(G.)色の強いレッチリ。それはそれでいいんだけど。フリー(B.)っぽい曲、アルバム"Blood Sugar Sex Magik"(1993)収録の「Give It Away」のような曲が世に出なければ、それ以降のミクスチャー・ロック世代−−Rage Against The MachineからKornにいたるまで−−は生まれなかったと思う。

フルシアンテも凄いが、フリーも凄いのだ。


カマソ では、Vol.02でレッチリの"By The Way"が流れてます。

posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

Cummer Sonic Blogについて

年に2回開催されるゲイ/ミックスイベント『Cummer Sonic』のBlogです。カマーソニック、略して「カマソ」に関するインフォメーションは次のとおりです。

Cummer Sonic
カマーソニックはゲイのDJとスタッフによって企画・運営されている、 ロックを中心としたオールジャンルの音楽をDJが選曲して、フロアで踊ったり、 ラウンジで飲み物とおしゃべりを楽しむ、そんなピースフルなクラブイベントです。


私たちのスタンス

カマーソニックでは、性別やゲイ・レズビアンといった パーソナリティに基づく 入場規制を行っていません。 ゲイ・レズビアン・トランスセクシャル・ バイセクシャル ストレートといったセクシャリティを超えて、 音楽を通じて 仲間ができ、楽しめることを主たる目的としています。 したがって、ゲイやストレート(ゲイではない人)を問わず すべての人に向けて、イベントの告知活動を行っています。

ただし

・複数の異なるセクシャリティやジェンダーに理解を示せない人
・ホモフォビア(ホモ嫌悪派)
・ノンケにまで手を出す見境いのないホモ

そういった人々の入場は固くお断りしています。

ストレートの人たちがホモを怖がるのと同じくらい、 ゲイの人たちもストレートの人に接するのが怖いのです。 そういった まどろっこしい垣根をとっぱらうのが、 カマーソニックという場所だと思っています。


入場に関して
再入場はできませんので、ご注意下さい。18歳未満の方は入場できません。入場の際に年齢を証明する身分証の提示を求めることがあります。飲食物、動物、ペット、危険物、違法ドラッグの持ち込みはできません。

泥酔者のご来場はご遠慮下さい。会場内での危険行為、および他のお客様のご迷惑になるような行為は禁じられています。その他、主催者または店舗の判断により、入場のお断りまたは退場させていただく場合があります。


免責
イベントには万全を期して取り組んでいますが、本イベントにおける直接的および間接的な損害、障害、不利益について、 主催者および店舗は一切その責任を負いません。あらかじめご了承下さい。


もっとくわしく知りたい場合や、最新の情報については、わたしたちのウェブサイトもチェックしてみて下さい。


Cummer Sonicは某有名音楽フェスティバル名との類似性を否定しません。Cummer Sonicは同フェスティバルを尊重するとともに、権利の侵害を犯すことを目的としていませんことをご理解いただきたく思います。また、同フェスティバルとは一切関係ございません。

 
posted by ryow* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

書き込みテスト

記事内容の書き込みテスト中。
ロックの日(6月9日)にはじまったのは、偶然
posted by ryow* at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。